« 第2回目「ブログはだれでも出来る」2006年4月14日(金) | トップページ | 1市民でも政治評論は出来ますね »

2006年4月 8日 (土)

なんとかならぬか政治の古い体質

 昨日は午後民主党の代表選挙がありました。衆参両院の民主党国会議員191人による選挙でした。紙に書き、手で数えて、行う選挙。結果は119人を獲得した小沢一郎氏の当選。

 119人ぐらいなら議員皆にパソコンを配布し、投票すれば一瞬に当選者が判明します。何故しないのだろうか?せっかくテレビが中継したようですが、「遅れている」としか思えませんね。

Minsyutou1

 電子投票とか、ネット選挙とか言われても盛り上がりには欠けます。野党からでも代表選挙でこうした新しい方法をデモ的にやるべきでした。

 政治が「時代遅れの象徴」のようで残念でありました。政治家のブログも国政、地方の議員もどしどし開設いただきたいと思いますね。

|

« 第2回目「ブログはだれでも出来る」2006年4月14日(金) | トップページ | 1市民でも政治評論は出来ますね »

コメント

 nakajiさんごもっともなご意見です。しかしその議員を選んだのは誰なのか?(棄権は白紙委任ですし)
 やはり地元民でしょうね。市民のレベル以上の代表者は出ないのです。

投稿: けんちゃん | 2006年4月10日 (月) 20時42分

先日地元の地方議員と飲む機会がありました。のんきな一期目の議員の態度等に妙に腹が立ち、かなり意見をしてしまいました。すると翌日から変なやつがいるとあちこちで言い回っているようです。里山や森に入っていることが多いとしゃば世界の出来事に妙にストレスを感じてしまいます。それにしても地方議員も何とかならないもんでしょうか。

投稿: nakaji | 2006年4月 9日 (日) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/1328983

この記事へのトラックバック一覧です: なんとかならぬか政治の古い体質:

« 第2回目「ブログはだれでも出来る」2006年4月14日(金) | トップページ | 1市民でも政治評論は出来ますね »