« 新堀川ー泥地こそ生命の営み | トップページ | 賞味期限切れのぷらっとこうち »

2006年5月24日 (水)

セルビア・モンテネグロが解体

 国民投票が行われ、モンテネグロはセルビアから分離独立するそうです。かつてチトーが率いていましたユーゴ共和国は完全に分離独立してしましました。

 1990年代には深刻な内戦がありましたが、今は治まりそれぞれの国づくりを行っています。今回のW杯は統一チームで出場するそうですが、来年の欧州選手権予選はそれぞれ別になるそうです。

 旧ユーゴの枠組みから言えば、日本と対戦するクロアチアもそうですし、2国も出場し、サッカーの強豪国。ストイコビッチ選手の華麗なプレーが印象的です。

 イラクなどは「統一」する必要性があるのでしょうか?もっと言うなら中国もあれだけの広さと民族が一つの「帝国」になるのは無理がありますね。中国も民主化したら解体していくのではないかと思います。そのほうがアジアの平和に役立つとは思います。

|

« 新堀川ー泥地こそ生命の営み | トップページ | 賞味期限切れのぷらっとこうち »

コメント

 イラクは、イラク国民自身が決めることですが、連合国家になった方がよいように思えます。民族、宗教の差が日本人の常識を越え、日本人には理解不能です。イラク人相互の凄惨な殺し合いを見ていると、統一国家を打ち立てるのが不可能なように思えます。
 イラクに対して、日本が先ず取り込まなくてはならないのは経済援助です。インフラを整備し、イラク国民の生活を整えることが先決ですが、政治状況が安定しないと何から手を付けて良いのか分かりません。
 イラクには日本旧来の外交手法は通じず、日本外交の真価が問われています。

投稿: dochinn | 2006年5月24日 (水) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/1917944

この記事へのトラックバック一覧です: セルビア・モンテネグロが解体:

» モンテネグロの100年戦争 [Gotz Island]
先日、独立宣言をしたばかりのモンテネグロ。 実は日本との間に驚愕の事実が!? しかも鈴木宗男関連(ぇw いや、これは知りませんでした。ちょっとびっくり。 勉強 [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 20時59分

« 新堀川ー泥地こそ生命の営み | トップページ | 賞味期限切れのぷらっとこうち »