« 政治家はブログをすべきである 5月19日(金)放送 | トップページ | イラン攻撃で原油が100ドル! »

2006年5月15日 (月)

34年目の沖縄返還記念日

 1972年5月15日に沖縄は日本に復帰しました。もう34年になります。その後沖縄海洋博覧会や国体、サミット(先進国首脳会議)なども開催されました。琉球政府は沖縄県になりました。

 しかし産業基盤が高知同様に弱く、高い失業率です。米軍基地は殆ど減らず、特に沖縄本島中部地域は「基地の中で生活」しているような状態が戦後から続いています。
 先日も宜野湾の普天間基地の移転問題が名護市辺野古に移設することでほぼ決まったようです。

Okinawahenkan

 日本本土の国民からすれば沖縄は南西部の「僻地の県」。しかしアメリカは「アジアの要」として高い戦略的な価値ある地域として見ています。それゆえ嘉手納基地など巨大な米軍基地は返還されないまま我が物顔で継続使用しています。

 特定国を相手にしない「テロとの戦争」は際限もなく終戦はありません。テロをなくさには「貧困をなくすこと」以外には方法はありません。
 日本は軍隊を派兵しない方法でも国際貢献は出来る筈です。沖縄も日本政府に頼らなくても経済的に自立発展できるはずだと思います。基地の見返りに経済支援とは嘆かわしい限りです。

|

« 政治家はブログをすべきである 5月19日(金)放送 | トップページ | イラン攻撃で原油が100ドル! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/1802627

この記事へのトラックバック一覧です: 34年目の沖縄返還記念日:

» 浦添軍港の危険性 [ニライカナイ/大琉球への道/isao-pw/ブログ]
米軍再編問題で普天間基地の辺野古移設を沖縄県知事が実質的に受け入れた事に批判が集 [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 15時19分

» イラン包囲網に呼応する日本の指導者 [私もひとこと言ってみる]
何でもかんでもアメリカのブッシュ政権を助けようとしている小泉売国政治だ! すでに本国での支持率が就任以来最低となり、さまざまなウソで世界を混乱に引きずり込んだブッシュを少しでも助けようとしているのは何故か? 答をわざわざ言うまでもないことだが、小泉が盲目的に追随してきたブッシュの世界戦略をここで否定しては自らの立つ場が失われてしまうからだ。 すでに昨年ブッシュは「イラクには大量破壊兵器が無かったにもかかわらず戦争をしてしまった。責任は全て自分にある」と認めている。いまは言いわけとして「でも... [続きを読む]

受信: 2006年5月16日 (火) 12時56分

« 政治家はブログをすべきである 5月19日(金)放送 | トップページ | イラン攻撃で原油が100ドル! »