« ドーハの悲劇以来の衝撃の敗戦 | トップページ | 緑が少ない高知市の市街地 »

2006年6月14日 (水)

ベルンの奇蹟のように

早朝の「ブラジルVSクロアチア」戦を見ました。1対0でブラジルが勝ちましたが、想像以上に両チームは強い。クロアチアに負けなければ可能性があるなどと日本は言われていますが、あの守備力ではしのげないでしょうね。

 韓国は前回大会の教訓で実力が上がりましたね。パク・チソンのような若手と、アン・ぞジョンファンのようなベテランがかみ合い良い試合をし、海外開催のW杯で初勝利しました。「決定力」の差でしたね。フランスVSスイスの試合は引き分け。これもレベルが高い。

Eiga1_thumb

 1954年のW杯で西ドイツが奇蹟の優勝したことを描いた映画「ベルンの奇蹟」を以前鑑賞したことがありました。http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_1.html

 確かリーグ戦で優勝候補のハンガリー(当時は無敗の最強国)に3対8で敗れ、監督も選手もメディアに批判されていました。しかしここからが「不屈のゲルマン魂」を発揮し、後はすべて試合に勝ち決勝戦まで進みました。そして遂にハンガリーを破り優勝したのです。

 そういうこともありますので、余計なことを考えず後は全部勝てば良いのですから。クロアチア、ブラジルに勝ち、決勝トーナメントの相手はチェコかイタリア。勝てば良いのです。

 1999年のワールドユーズでも初戦はガーナに敗戦、しかしイングランド、アメリカ、メキシコ、ウルグアイに勝利し、決勝までコマを進めました。
 プロなんだからへこたらずに頑張ってほしい。「大和魂」を見せ付けてもらいたいものだ。

|

« ドーハの悲劇以来の衝撃の敗戦 | トップページ | 緑が少ない高知市の市街地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/2211184

この記事へのトラックバック一覧です: ベルンの奇蹟のように:

» 国民年金に加入しよう、障害者になってから後悔しても遅い! [瀬戸キリスト教会牧師 堀 俊明, 西風の会代表 (躁鬱病とアル...]
 私は躁鬱病とアルコール依存症で精神障害2級です。障害年金を受給しています。私が公務員を辞めた時には、精神障害は公務災害、障害年金の対象と認められていませんでしたが、準公務災害扱いを受け、退職金は割り増しにされ、廃疾年金の申請書類が送られてきました。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 14時08分

« ドーハの悲劇以来の衝撃の敗戦 | トップページ | 緑が少ない高知市の市街地 »