« 教育改革の是非は国民投票で | トップページ | 国民投票沖縄版 沖縄から反戦平和の意志表明を! »

2006年11月17日 (金)

緊急避難警報で何が出来るのか?

 11月15日日はサッカーアジアカップ最終予選「日本VSサウジアラビア」を見ていました。3対1で日本がリードしていた後半35分頃、テレビが「緊急避難放送」(NHKが全チャンネルそうなりました)に切り替わりましたね。

 震源地は千島列島の東沖、択捉島の東北390キロ付近。マグニチュードは8・1とされています。テレビで繰り返し、北海道と東北地方の太平洋沿岸部の人は高台に避難するように避難勧告が出ています。

Horikawas01_thumb_2  これが南海地震が発生し津波警報が出て、近くの防災無線から「避難勧告」が出たことをとっさに考えました。
 何が出来るのかと。避難用のリックとヘルメット、懐中電気を確認しました。昨日も津波の1波到達にまで30分も余裕がありません。

「テレビは高台へ避難してください」と繰り返し言っていましたが、うちの町内は自然地形で高台はありません。海も近いです。

 ますます「津波避難ビル」の協定を地権者と取り交わさないといけないと思いました。

(セピア色の写真は昭和南海地震。父が所有)
Nankaizishin_thumb   

|

« 教育改革の是非は国民投票で | トップページ | 国民投票沖縄版 沖縄から反戦平和の意志表明を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/4218022

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急避難警報で何が出来るのか?:

» テレビの歴史 [テレビの歴史:豆知識 雑学うんちく館 -豆知識を得たい方は必見]
テレビに関する記事を更新しました。ご興味がありましたら是非ご訪問くださいm(__)m。尚、トラックバックは大歓迎です。 [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 16時25分

« 教育改革の是非は国民投票で | トップページ | 国民投票沖縄版 沖縄から反戦平和の意志表明を! »