« 趣味のブログの多様性について 11月17日(金) | トップページ | 大使解任は不当解雇ですね »

2006年11月13日 (月)

紳士的な北朝鮮選手 アジア・ユース

 北朝鮮に決勝で延長戦。しかも韓国戦に続くPK戦でユースの日本代表が敗れアジアのチャンピオンにはなれませんでした。しかし来年カナダのワールド・ユースが楽しみです。どんどん才能を伸ばし梅崎選手のようにA代表にも入っていただきたいですので。

 この試合最初から積極的にゴールを狙う意欲をしめしていたのが北朝鮮。前半8分に遠目のシュートが先制点。その後も日本ゴールに攻め続けます。日本は柏木の芸術的なゴールで同点に追いつきました。その後、双方とも決定機をを逃しながら、延長ーPK戦に。

 やはり北朝鮮選手は常にゴールを狙う意識がありました。緊張で準決勝の韓国が3本続けて外したのとは対照的。皆落ち着いていました。日本が最初に技量のある梅崎が外したのとは対照的でした。

 この試合イエローカードは日本の1枚だけ。激しい試合でしたが、荒れた試合にはなりませんでした。とかく日本相手だと韓国などの選手は必要以上のラフプレーが見られますが、北朝鮮の選手はフェアにプレーをしていました。

 この世代は2010年のW杯のアジア予選で対決しますね。アジア枠はオーストラリアの加盟もあり、今回の北朝鮮の台頭は、日本もうかうか出来ませんね。

 拉致問題や核問題で政治的にはぎすぎすしていますが、サッカーではフェアプレーの北朝鮮。国の指導者も若者達のように「ファアプレー」で行動してもらいたいものですね。

|

« 趣味のブログの多様性について 11月17日(金) | トップページ | 大使解任は不当解雇ですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/4167217

この記事へのトラックバック一覧です: 紳士的な北朝鮮選手 アジア・ユース:

» 日本VSサウジアラビア [デザイナーズマンション 東京 厳選物件]
日本の勝利☆また遊びに来ます★ [続きを読む]

受信: 2006年11月16日 (木) 20時21分

« 趣味のブログの多様性について 11月17日(金) | トップページ | 大使解任は不当解雇ですね »