« 河野義行さんの講演を聞く | トップページ | 深刻な水不足です »

2006年12月 7日 (木)

半年振りの幡多路

Simanto_r   5月に訪問して以来の高知県幡多地方。中村へ行きました。四万十川の赤鉄橋(旧道)も改修工事を近日中にやるそうですね。

 暫く高速道路を利用していないので驚きました。ETCの利用者が格段に増えているのですね。
Nakamura_r_2
 どこも地方都市はそうですが、こちらの商店街も元気はありませんね。郊外型の量販店に集客されているのでしょう。なにか手立てがいると思いますね。

06c05003_r

|

« 河野義行さんの講演を聞く | トップページ | 深刻な水不足です »

コメント

私の方でも、写真を撮っていたのでこれに関連した記事をアップしました。
よろしくお願いします。

http://yassiblog.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_8dee.html

投稿: やっしー | 2006年12月20日 (水) 22時58分

やっしーさんコメントありがとうございます。
 わたしは仕事で四国四県を巡回していますが、年々地方都市は衰退して言っています。
 とくに本四連絡橋と高速道路が整備されてから、対岸の本州へ買い物に行く人が増え、高松や徳島の衰退が目立ちます。

 郊外型大型量販店の地方への進出は商店街の破壊につながり、「買い物難民」が」高齢者を中心に車社会とは無縁な人達を直撃しました。

 コンビには地元から仕入れません。その分田舎の万屋がなくなります。この国はどんどん自分勝手な国になっています。

投稿: けんちゃん | 2006年12月16日 (土) 09時39分

私のブログにトラックバックしていただきどうもありがとうございます。
私も、中村と宿毛には2005年の1月に鉄道で行きました。
その前は、まだ小さかった1990年に家族旅行で中村・清水方面に行ったきりでしたので、実に15年ぶり。

そのときに、驚いたのが商店街の惨状・・・。
アーケードは壊れ、シャッター街となり人通りもあまりない・・・。
15年前はもっとにぎやかだったはずなのに。

四万十川をまたいだ具同には、郊外型店舗が並んでいて、「やはりここもか・・・」という気持ちでした。

本当になんか手立ては必要ですね。郊外型店舗が存在する限りは、かつてのようにとはいかないでしょうが。

投稿: やっしー | 2006年12月15日 (金) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/4453990

この記事へのトラックバック一覧です: 半年振りの幡多路:

« 河野義行さんの講演を聞く | トップページ | 深刻な水不足です »