« ネット参拝神社について | トップページ | やはり軍事力で平和は構築できない »

2006年12月21日 (木)

昭和南海地震から今日は60年

 1946年12月21日に昭和南海地震が発生しました。家屋の倒壊、津波による被害で、敗戦直後の市民生活を直撃しました。特に高知市でも下知(しもじ)地区の被害は甚大であったと言われています。

 父母も震災体験者ですが、いづれも地盤の固い土地の高い地域に居住しており、家屋は大きく揺れたものの、倒壊の被害は体験していません。
 それがいろんな事情があり下知地区に家屋をかまえ生活しています。

Zisin1 (阪神大震災。南海地震は家屋の倒壊、火災に加え津波による浸水も想定されています。)

 先月その地区に短期間で自主防災会が誕生しました。私も結成に関与しました。所帯調査をしていまして、地域住民の防災意識の高さ、関心の高さに感服しました。ただそれが具体的な行動につながってはいません。

 地震は完全な予知は出来ないし、また必ず襲来すると言われています。1人の死者も怪我人もこの地域から出さない為の対策、予防策をみんなで知恵を出さなければならないと思います。

|

« ネット参拝神社について | トップページ | やはり軍事力で平和は構築できない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/4622930

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和南海地震から今日は60年:

« ネット参拝神社について | トップページ | やはり軍事力で平和は構築できない »