« 美しい「米国の属国」日本づくり | トップページ | ワーキング・プアの社会はおかしい »

2007年1月 7日 (日)

歯医者は町内に1つはある過密業界なのですね

 東京で歯科医師の息子が妹を自宅で殺害し、ばらばらにしていた事件がありました。両親も兄も歯科医師で本人は歯学部を目指し3浪中であったとか。容疑者は来週あたりにセンター試験がはじまるので神経もいらだっていたのでしょうか?

 しかし現在日本に歯科医院は約7万軒あるといわれています。コンビニが4万軒程度ですから、それより多いとは驚きですね。

 歯科医師になるためには大学の歯学部に6年通学し、卒業後も実務の経験をつまないといけないでしょう。最低10年間は親が扶養しないといけないでしょう。莫大な投資であると思われます。

 そうまでして1人前になっても7万軒も同業者がおられるとは。大変ですね。でも廃業したお話はあまり聞きませんので、日本は「虫歯大国」なのでしょう。

 地方都市でも歩いてみますと本当に町内に1軒歯科医院があるようですね。 神経も使い大変な専門業界なのでしょう。最近は歯医者へ行きませんが、その歯医者さんは休憩するまもなく働きづめでしたし。

|

« 美しい「米国の属国」日本づくり | トップページ | ワーキング・プアの社会はおかしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/4829058

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者は町内に1つはある過密業界なのですね:

« 美しい「米国の属国」日本づくり | トップページ | ワーキング・プアの社会はおかしい »