« 東洋町長の独断をどう観るのか? | トップページ | 交付金で地方は再生できない »

2007年2月14日 (水)

外務省は仕事をしているのか?

 「六カ国協議」がひとまず合意に至り、破局はまぬがれたようです。目立つのは北朝鮮の外交巧者ぶりと、日本の存在感のなさですね。外務省の無能さをまた曝け出しました。
 懸案の「拉致問題」も協議の話題にものぼりませんでした。

Kaku
 拉致家族会が「核だけの合意はしないでほしい」と主張していました。中山審議官が「日本は拉致問題では妥協はありえない」と言いましたが、どうやら日本国内向けの発言にすぎないようです。

 外務省も同じで相手国ではなく国内向けで仕事をしているとしか思えません。

 燃料と電力を要求している北朝鮮が強気で交渉していますね。全国の地方の自治体もその「心意気」だけは真似しても良いとは思いますね。自国の悲惨さを露にもださず自己主張するあつかましさは外務省も見習うべきです。

|

« 東洋町長の独断をどう観るのか? | トップページ | 交付金で地方は再生できない »

コメント

下司孝之さんコメントありがとうございました。
 本当に北朝鮮は外交巧者。大国に挟まれた小国のありかたについては「歴史に残る国」でしょう。しかし実に危ういバランス外交ー瀬戸際外交ですね。

 リーダーである独裁者の人の能力もさることながら、気休めできる時間はないでしょう。それほどシビアですね。

 それにひきかえ日本の外交の貧弱さ。天木直人さんが言われたように内向きの外交と、アメリカ追随外交のつけでしょう。外務省は解体すべきでしょうね。

投稿: けんちゃん | 2007年2月14日 (水) 13時09分

「自国の悲惨さを露にもださず自己主張するあつかましさは外務省も見習うべきです。」
それを言うと日本政府はわが意を得たりでしょう。60年経っても日本は戦後賠償も済まさないで道義的といっていますよ。
残留孤児の同胞が中国から帰ってきてどんな思いをしていますか。
拉致問題は政治問題化するのはいいが政治利用に過ぎない、拉致家族の悲惨が二重に重なり合っています。

投稿: 下司孝之 | 2007年2月14日 (水) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/5333622

この記事へのトラックバック一覧です: 外務省は仕事をしているのか?:

» 北朝鮮への支援不参加を支持する [瀬戸キリスト教会牧師 西風の会代表 堀 俊明  精神障害2級 ...]
 6カ国協議が妥結しましたが、北朝鮮の強請りに国際社会が屈した感が否めません。クリントン政権時代の対話路線は原爆を製造するための時間とお金を与えたに過ぎませんでした。今回もウラン型原爆製造に協力するようなものです。 北朝鮮は核弾道を製造し、日本を強請ろ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 11時33分

» ガソリン代金を節約する [ガソリン代節約!]
ガソリン消費を効率よく行う最新機登場! [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 20時44分

« 東洋町長の独断をどう観るのか? | トップページ | 交付金で地方は再生できない »