« まぐろを政治的な駆け引きにしないでほしい | トップページ | 頑張っているはりまや橋商店街 »

2007年2月 8日 (木)

南海地震コーナーが図書館に

 近くの下知図書館では「南海地震コーナー」が設置されています。地震関係の本が40冊近くあります。地震の知識の本。防災の本。いざというときに備える本。子供用の地震の本など種類も多いようです。

Tosyokan1_r  いくつか借り実際に読みました。高知市内の市民図書館には南海地震関係の書籍があるようです。やはり日頃から読んでおく必要がありますね。意外に学習する機会はあるようで、ないのですから。

いつくるかわからない地震のために準備するのはどうも。と思いがち。話を聞きますと神戸も新潟もだれも地震が来るなんておもわなかったそうです。諺で「備えよければ憂いなし」と言います。やはり準備に限界はありますが、知っていると知らないとではとっさの対応が違います。

Tosyokan2_r  日頃から身近な図書館を利用し災害に備えましょう。2年後には「防災図書館」として新築されるようですし。

Tosyokann3_r

|

« まぐろを政治的な駆け引きにしないでほしい | トップページ | 頑張っているはりまや橋商店街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/5257237

この記事へのトラックバック一覧です: 南海地震コーナーが図書館に:

« まぐろを政治的な駆け引きにしないでほしい | トップページ | 頑張っているはりまや橋商店街 »