« 原子力発電・核のゴミアンケート | トップページ | 23日は「六ヶ所村ラブソディ」上映会 »

2007年2月20日 (火)

強権内閣に未来はない

 求心力のない安倍内閣。中川幹事長は「安倍首相に忠誠心のない閣僚は内閣から去れ!」とわめいているように報道は伝えています。「末期症状」といえるでしょう。

 既に「本来の自民党」に復帰している安倍内閣。「おおらかで、アバウトな自民党」であるので、組織政党(共産党・公明党)の真似をしようとしてもそれは無理なお話。強権は国民に対してばかりでなく、お仲間の議員にまで向かって騒いでいるようでは内閣は長くは持たないでしょう。

Abe22_7  浅はかな思想で憲法改正だの、海外派兵で国際貢献だのを唱える安倍内閣。国民生活に関心はなく、ひたすらアメリカのネオコンに忠誠を誓っているだけの内閣。昔の言葉で言えば「売国奴」ではないかと思いますね。

 国民の権利を侵害し、国権を拡張していく強権内閣は人権思想や平和主義とは無縁な新しいファシズムに分類されると思われます。さっさと退陣すべきです。

 「学級崩壊」ならぬ「内閣崩壊」になっている安倍内閣。指導力も含め政権担当能力に赤信号が点滅し始めたと言えるでしょう。

|

« 原子力発電・核のゴミアンケート | トップページ | 23日は「六ヶ所村ラブソディ」上映会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/5415029

この記事へのトラックバック一覧です: 強権内閣に未来はない:

« 原子力発電・核のゴミアンケート | トップページ | 23日は「六ヶ所村ラブソディ」上映会 »