« 国策の捏造は許さない | トップページ | 高知県議会議員立候補者から「高レベル放射性廃棄物の地層処分についての公開質問状への回答記録」が公表されました。 »

2007年3月21日 (水)

錆びついた機械発言について

「子供を生む機械」と発言した厚生労働大臣発言が暫く国会審議を空転させました。今度は調子に乗った高知市の市議会議員が「錆びついた機械」発言をし、結局謝罪はしたようです。

Kinmonhasi5

 たとえ話を支持者の前でご披露して受け狙いをする。芸人のギャグのつもりでしょが、揶揄されたほうはたまらないと思います。人間は男と女しかいないし、どちらがどうのと公式の場で揶揄する発言は恥ずかしい限りですね。

 わたしは「防錆管理士」ですので、錆という言葉を人間に使用したことに気になりました。錆は酸素と水分があれば鉄の表面に発生し、時間が経過しますと鉄の強度をそこない、ボロボロにしてしまします。

 日本のGDPの何%とかが、錆で失われています。先日も国土交通省が「橋の寿命を100年にする」との見解を出しました。
 国が管理している橋は、きちんと今までも維持管理されてきました。しかし80%の日本の橋は自治体管理であり、維持管理が不十分な橋も数多くあります。

 「錆」を人間に例えて「錆」について広めてくれたついでに、足元の錆対策も見直すべきでしょう。発言した議員が謝罪すればおしまいという話ではありません。

 日本の公共財をきちんと維持管理することは国土の保全、防災対策、安全対策でも最優先事項であると思いますので。
Kinmonhasi1
(サンフランシスコの金門橋。70年の歴史は錆との戦いの歴史でした。)

|

« 国策の捏造は許さない | トップページ | 高知県議会議員立候補者から「高レベル放射性廃棄物の地層処分についての公開質問状への回答記録」が公表されました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/5760451

この記事へのトラックバック一覧です: 錆びついた機械発言について:

« 国策の捏造は許さない | トップページ | 高知県議会議員立候補者から「高レベル放射性廃棄物の地層処分についての公開質問状への回答記録」が公表されました。 »