« 白浜ビーチに交流拠点を | トップページ | 精神論で環境は守れない »

2007年5月29日 (火)

いまどき談合をやっているとは

 独立行政法人緑資源機構なるものの林道建設をめぐる談合問題は、農林水産省を揺るがしているようですね。公共工事が減少する中での堂々たる「談合」。よほど荒利があり高値受注できる仕事であったのでしょう。

Tousan (地元大手ゼネコンも倒産する厳しい時代)

 いまどき珍しい。会社の関係する市役所の入札では150円とこちらは出したのに、受注業者は110円!。こちらの仕入れ価格より安い価格を提示。これが自由競争の怖さ。利益なんて殆どないし、赤字。だから「談合」がまかりとうる役所も今時珍しい。

 結果的に国民は税金を無駄遣いされたもの。関係者の捜査と取調べをすべきでしょう。松岡農水相が議員宿舎で昨日のお昼どきに自殺されました。松岡氏が関連があるのか不明です。

 大臣まで巻き込んだ構造談合だったのでしょうか?それほど強大な構造的な談合だっあのでしょうか?時事の全貌を解明して欲しい。

|

« 白浜ビーチに交流拠点を | トップページ | 精神論で環境は守れない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/6589614

この記事へのトラックバック一覧です: いまどき談合をやっているとは:

« 白浜ビーチに交流拠点を | トップページ | 精神論で環境は守れない »