« 夜須の事例は東洋町でも | トップページ | 前田康博さん講演会について 5月19日(金曜) »

2007年5月13日 (日)

地下資源を掘り出し燃やせば温暖化になるのは当然

Ikata_3  地球が命が誕生したのは海が出来、大気が出来てからのこと。核燃料なるものはもともと地中のなかに閉じ込めておいたものでしょう。
 地上の植物や木を燃やせば二酸化炭素はでますが、また植えつければ二酸化炭素を吸収します。

 つまり増えないし、温暖化にもなりません。しかし地中から化石燃料の石炭や石油を掘り出して地上で燃やせば吸収できないので温暖化にあんるのは当たり前。

 更にウランなどは全く後始末のできない燃料です。捨てることもできない。気休めで地層処分を言い立てている。きちんとしたことも情報公開しませんし。これでは始末ができません。

 「原子力が地球温暖化対策の切り札」にとは到底思えないからです。処分のできないものができる。それは高レベル放射性廃棄物です。原子力発電は運転が安定しないのでバックアップ用に火力発電所をこしらえないといけない。おかしいですね。

|

« 夜須の事例は東洋町でも | トップページ | 前田康博さん講演会について 5月19日(金曜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/6397987

この記事へのトラックバック一覧です: 地下資源を掘り出し燃やせば温暖化になるのは当然:

« 夜須の事例は東洋町でも | トップページ | 前田康博さん講演会について 5月19日(金曜) »