« とうとう大不況が来ましたね | トップページ | わからない朝鮮問題を考えよう »

2007年5月24日 (木)

政治と選挙を真剣に考えよう

 やはり選挙は大事であるとつくづく思いますね。東洋町長選挙は反核候補が圧勝しました。従来の各種の反対運動ではまずありえません。奇蹟的なことですね。

 「国策」にはいろいろありますね。米軍基地であるとか、原子力施設であるとか。ダムであるとか、道路や埋め立て計画など公共工事、大きな影響力を地域社会に及ぼすものですね。

Henoko_thumb_8

 それだけに今回の東洋町長選挙はとても意味があります。

1)大差で勝った事が何よりも大きいですね。

2)結果町内が融和する方向に向かうようになりました。

3)町議会で核廃棄物拒否条例が全会一致で成立しました。

4)沢山町長は「住民参加」と「情報公開」を実践している。民主主義の実験場になっています。

 いままで私は正直選挙をバカにしていたところがあります。でも今回の東洋町長選挙を観察していていて、住民が本気になれば国策も追い返すことができる。1番効果的な方法であると思いました。選挙の結果は大事であり、民主主義国家を標榜する日本では政府も核のゴミ文献調査を白紙撤回せざるを得ませんでした。

 いくら大衆団交をしても、その場で当局側の譲歩を得たところで、休校になりロックアウトされて運動はしりすぼみになりました。それが学生運動の負けパターンでありましたし。これほど選挙で結果が出て鮮やかに決まりますとそれは重要ですね。

Sawayama422m_2

 本気で「政治のありかた」を再検討いたしましょう。昨年40年間信じていた社会思想が崩壊したばかりなので、頭がスッキリし、偏見もなく世の中を見ることができますので。

|

« とうとう大不況が来ましたね | トップページ | わからない朝鮮問題を考えよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/6531282

この記事へのトラックバック一覧です: 政治と選挙を真剣に考えよう:

« とうとう大不況が来ましたね | トップページ | わからない朝鮮問題を考えよう »