« 今時古典的な偽装があるのか | トップページ | 会社の論理、社会の論理 »

2007年6月26日 (火)

景気減速の気配

 田舎にいるとずっと景気が悪いので、感じないが、最近はますます悪くなったように思えますね。さりとて打開策も思いつかず辛い部分があります。
 東京や愛知の一部、中国経済や造船関係などは景気の恩恵があるでしょうが。いずれも関係のない高知などはどん底で、底が見えません。

 そのうえじりじりと石油価格が上がり、金利も上がりました。また国民負担も上がり増税になっています。どうすればいいのか。必死で毎日考え行動しています。

Nihama02_thumb_3

それでもなかなか打開策は見えません。知人達の老舗の会社が廃業したり、倒産したりしています。かなり大きな会社でした。この不景気は他人事とは思えません。
 更にこのところの石油価格の暴騰と、円安が景気動向に冷や水を浴びせているようです。アメリカの景気の減速も聞こえてきますし。

 またまた本格的な不況が到来という感じです。

|

« 今時古典的な偽装があるのか | トップページ | 会社の論理、社会の論理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/6932541

この記事へのトラックバック一覧です: 景気減速の気配:

» 景気動向最前線 日本の景気を知る [景気動向最前線 日本の景気を知る]
日本の景気動向最前線。いざなぎ景気やバブル景気など、様々な景気を繰り返してきた日本。景気動向指数などで現在の景気状況が分かります。インフレーション、デフレーションの基礎知識 [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 22時50分

« 今時古典的な偽装があるのか | トップページ | 会社の論理、社会の論理 »