« ヤスタロウの東洋町長日誌が開設2ヶ月目 絶好調 | トップページ | 日本は先進国なのか »

2007年7月25日 (水)

国境を越えた風評被害

 柏崎刈羽原子力発電所の中越沖地震による被害報道は、日本以上に欧州では大きく報道されているようです。
 先般のドイツの原発事故もあったばかりですし。

 そのせいでイタリアセリエAのサッカーチーム カターニア
の日本来日遠征試合が中止になりました。
 日本の若手FW森本選手が在籍している中堅チームで
、横浜FCや千葉などとの対戦はすべてキャンセルされました。

 スポニチ主催カターニアツアー中止

理由は「日本は原発事故で放射能漏れの危険があり、
行くのは危険である。」と選手の親たちが強硬に反対したようです。

 情報を小出しにし、十分な説明責任をしないうちに風評被害は国境を越え、無責任に拡大しています。
 ちなみにイタリアは1個の原子力発電もありません。

 日本同様火山国。イタリア人は地震に敏感なのでしょう。
 国内観光や水産業にすでに風評被害が出ています。

 国際ツアーにも影響は必至。政府もきちんと対応しませんと。

|

« ヤスタロウの東洋町長日誌が開設2ヶ月目 絶好調 | トップページ | 日本は先進国なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/7270757

この記事へのトラックバック一覧です: 国境を越えた風評被害:

» 地球温暖化の切り札は原子力である [瀬戸キリスト教会牧師 西風の会代表 堀 俊明  精神障害2級 ...]
 炭酸ガス排出量を京都議定書レベルに抑制するためには、省エネ技術の進んだ日本では産業用排出量を抑制するのには限界があります。オフィス、家庭での省エネを奨めるとともにエネルギーを原子力にシフトしなければなりません。 日本人には原子力アレルギーがありますが...... [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 20時40分

« ヤスタロウの東洋町長日誌が開設2ヶ月目 絶好調 | トップページ | 日本は先進国なのか »