« 問題があるような新風舎の出版事業 | トップページ | 年金問題のおかしさは随分前から »

2007年7月11日 (水)

日本の長者は147万人であるとか

 100万ドル(1億2300万円)以上の金融資産を持つ富裕層は147万人もいるそうです。わたしには無縁の世界ですがだいたい100人に1人がお金持ちであるということでしょう。

 地域のデータがないのですが、おそらくそのうちの半分近くが東京近辺にいるのでしょう。「富の一極集中」にもなっているのでしょう。

 日本の「富裕層」、147万人に…金融資産100万ドル超(読売新聞)

 日本も格差社会が進展しているのでしょう。「お金はお金を呼ぶ」といいます。お金持ちはますます金持ちになり、貧乏人はますます貧しくなる日本。

 各種税負担も重くなる一方。年金で生活できないこともほぼ確立。高齢者社会は完全な格差社会であることがわかりました。

 保護しないといけないのは庶民階層。お金持ち階級ではありません。保護しなくてもお金持ちはお金持ちです。お金持ち優先の政府など不要です。とにかく政権を交代させないと貧乏人のうっぷんは晴れませんし。

Roxtupongih_1 (バブルの塔はそびえたっています)

|

« 問題があるような新風舎の出版事業 | トップページ | 年金問題のおかしさは随分前から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/7095171

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の長者は147万人であるとか:

« 問題があるような新風舎の出版事業 | トップページ | 年金問題のおかしさは随分前から »