« 宇佐木ぴょっ吉の世界について 8月17日(金) | トップページ | 何故今南北会談? »

2007年8月13日 (月)

沖縄の民意を無視し、対米従属ばかりの最近の日本政府

Tuiraku2_thumb (米軍機の墜落事故から丸3年は経過しました。)

 歴代内閣で小泉ー安倍内閣ほど沖縄に冷たい内閣はないのではないでしょうか。橋本ー小渕内閣が沖縄に配慮した政策をしていただけに余計に思いますね。

 沖縄県知事が保守系にかわりましたが、高い失業率が背景。なんとかしてほしいとの県民の願望ですね。しかし政府はあいかわらず現地の意向を無視し、高飛車に出ているようです。

 沖縄県、方法書送付に反発 普天間移設の環境アセスで(中日新聞)

 いくら県知事が保守系とはいえ、政府の傀儡ではありません。あの教科書での手段自決問題でも沖縄県議会は全会一致で記述の見直しを決議しましたし。

 そろそろ対米従属政府を取り替える必要があります。全く国益にはならないからです。

Henoko_thumb_1

|

« 宇佐木ぴょっ吉の世界について 8月17日(金) | トップページ | 何故今南北会談? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/7510147

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の民意を無視し、対米従属ばかりの最近の日本政府:

« 宇佐木ぴょっ吉の世界について 8月17日(金) | トップページ | 何故今南北会談? »