« クールビズよりエアコンを使わないこと | トップページ | 原爆投下で戦争終結が早まったわけではない »

2007年8月10日 (金)

テロ対策特別措置法は廃案を

 もはやインド洋での給油活動は使命を終えたと思います。またイラクでの自衛隊の米軍輸送もやめるべきでしょう。日本はただひたすらにアメリカに従属する外交から脱却すべきでしょう。

民主党の小沢代表も米国大使に対し反対の意志を表明しました。

 小沢民主代表、テロ特措法延長に反対 駐日米大使と会談(朝日新聞)

 度を越した米軍への協力は今後はしないことです。小泉内閣時代の対米従属外交のお陰で、日本は中東地域でのクリーンな印象が損なわれました。宗教的にも軍事的にも日本はフリーでいるべきです。それが日本の国益です。

 アメリカは世界の嫌われ者です。謙虚さがありません。友好関係を保ちながらも言うべきことは言い、日本の立場、、日本が得意とする国際貢献のありかたを議論すべきでしょう。
Irakumap (中東・アラブ世界では日本はアメリカの手先では著しく国益を損ないます。)

|

« クールビズよりエアコンを使わないこと | トップページ | 原爆投下で戦争終結が早まったわけではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/7473111

この記事へのトラックバック一覧です: テロ対策特別措置法は廃案を:

« クールビズよりエアコンを使わないこと | トップページ | 原爆投下で戦争終結が早まったわけではない »