« 奉仕活動が通用しない国 | トップページ | 規制できるのか迷惑メール »

2007年8月 3日 (金)

政治には哲学が必要

 単なる政治を「利害調整」であると言い放つ人も多い。それはかつての自民党のように単独でいつも国会の過半数の議席を占有していた頃では現実味がありました。しかし今は連立です。最近では公明党の力がなければ当選できない自民党議員は3分の1を越えているはずです。

 連立政権である場合、きちんと政策の整合性はあるのでしょうか?極めて疑問です。「改革だ」とかある政党は耳障りの言い言葉を羅列しますが、それは誰の為の「改革」なおかを明確にしませんとまやかしになりますね。

 問われたことにはきちんと応える誠実さは政治家には必要です。「法律違反でないから答えない。」と言うばかりでは、国民はその政治家を金輪際信用しないと思います。

 与野党の政治家、国政、地方を問わず政治家には哲学が必要です。私が尊敬すル政治家の1人は石橋湛山です。彼のようなスケールの大きな政治家の出現が日本にはのぞまれます。

|

« 奉仕活動が通用しない国 | トップページ | 規制できるのか迷惑メール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/7391466

この記事へのトラックバック一覧です: 政治には哲学が必要:

« 奉仕活動が通用しない国 | トップページ | 規制できるのか迷惑メール »