« 酷い相撲部屋のリンチ殺人 | トップページ | どうなる国政の展望 10月5日(金曜) »

2007年9月29日 (土)

誰がミャンマーの軍事政権を支えているのか?

 大勢の僧侶と市民が街頭に繰出し、物価値上反対と民主化を要求しても非暴力デモをしていました。ミャンマーの軍事政権は強硬策で武力鎮圧に動き出しました。

 ミャンマーで仏教僧100人拘束 デモから姿消す(CNN)

長井さん 正面至近距離から撃たれる(スポニチ)

 国連の安全保障理事会でもミャンマーの軍事政権を避難する決議が採択されましたが、決議文の内容に中国とロシアが反対し、非難のトーンが低くなったと報道されています。

 ということは中国やロシアが軍事政権を支えているのでしょうか?それも考えにくい。メディア規制や天安門事件などの強権政治を強行する中国もありえるのかなと思いきや、来年北京五輪を開催するのに人権弾圧政府に加担するメリットはなさそう。

 では誰が加担しているのか?わかりませんね。でもいろいろ考えますとやはり中国でしょう。アメリカは「人権弾圧」と声高に言っていますし。米中対立の産物でしょうか?

日本政府は外交ルートを活用してミャンマー政府に圧力をかけ、非暴力の市民に政府の暴力行為をやめさせるべきでしょう。

|

« 酷い相撲部屋のリンチ殺人 | トップページ | どうなる国政の展望 10月5日(金曜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/8149174

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がミャンマーの軍事政権を支えているのか?:

« 酷い相撲部屋のリンチ殺人 | トップページ | どうなる国政の展望 10月5日(金曜) »