« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

防衛省納入業者はうはうはですね

 守屋元防衛省事務次官の納入業者からの接待攻勢は凄まじい。ゴルフだけで200回!。ゴルフ旅行に、飲食の接待。物品の供与。金額も凄いものでしょう。

 自由競争の厳しい経済社会で防衛省だけは別世界。納入業者に入り込めばご安泰で、高値で物品を納入できるからでしょう。それも市価の何倍と言う値段で同じものが売れるとも聞いています。これは企業はやめられない。

 防衛省は企業にとっては甘い蜜に違いない。取引はうまみがありすぎるのでやめられない。それでその利権を拡大するためについては「憲法を改正」してどんどん戦争をして兵器や弾薬を消費してもらいお買い上げをいただなくてはならないのです。

 大企業や財界が声高に憲法改正を叫んでいるのは、国際貢献なんぞでなく利権なのではないのか。そのあたりを国会の証人喚問で追及すべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

大リーグの試合は迫力がある

 日本シリーズと同時に開催されているアメリカ大リーグのワールドシリーズ。雑なプレーもあるがホームランの迫力はある。下位打線でもどかんとスタンドへ打ち込むパワーがありますし。昨日の試合もリリーフに岡島投手が出ましたが、ヒットを打たれ、ホームランを打たれてしまいました。でもレッド・ソックスが勝ち優勝しましたね。

 監督の信頼の厚い岡島投手ですが、明らかに疲れています。解説者も心配しておりましたが打たれてしまいました。このところNHKBS-1は大リーグ中継をしています。今回はご丁寧に夕方録画で放送しますし。

 視聴者が大リーグを見るのは仕方がないでしょう。体格が違うし。またイチロー選手のように活躍している日本選手の存在も大きい。日本のプロ野球も頑張っていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

田舎の道路は生活道路

 構造改革を進めようとする格差社会推進論者は、「猪や狸しか通らない田舎道に税金を投入するのは無駄」であると効率主義を持ち出そうとしています。それはとんでもない間違い。田舎では道路は生活道なのです。

 行き違いの出来ない道。「落石注意」と書いてある道路。ガードールもない狭い道。田舎へ行きますとそんな道路が数多く高知県にはあります。

Rakuseki_r

 川べりの道路は対向車に30分以上会いませんでしたし。でもそれでも必要なんです。維持管理も必要です。日本社会には「公共財」のありかたをきちんと位置づける指導者が不在のようですね。

 そのあたりの再評価が必要ですあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

土佐高知の雑記帳から見えるもの

西村 今月の「けんちゃんのどこでもブログ」のゲストは、四万十市から来て頂きました土佐高知さんです。「土佐高知の雑記帳」というブログを3年ほど前から作成されておられます。
 ブログの内容は多岐にわたっています。私も毎日見ていてどのような心境でブログを作成されておられるのか興味がありましたので、ご無理を申しまして出演いただきました。

「土佐の高知の雑記」帳ブログですが、かなりアクセス数は多いと思います。3年前の開設時からの推移はいかがでしょうか?おかまいない範囲で教えてください。

O1_r (地元では体育活動や文化活動で大活躍の土佐高知さん)

土佐 最近は「元に戻ったかな」と思います。始めたことは200~300程度が1日のアクセス数でした。一時期は700近くまで伸びたこともありました。
 とくにブログにアクセスが多い場合は、例えば大河ドラマ「功名が辻で「種子島(種崎)の浜の虐殺」(指導者的な郷士を相撲大会と偽り集合させ、鉄砲で虐殺した事件)が放映されたときには、関連した記事のエントリーを出しました。そのときには1500くらいのアクセスがありました。

 その時々でブログのアクセス数は異なります。現在は「神風特攻隊」をブログに連載していますので、少し下がり気味ではないかと思います。

西村 「土佐の高知の雑記帳」ですが、コアな読者はどういう人たちであると考えられていますか?またブログを通じての交流などもあるのでしょうか?

土佐 コアな読者、正直どんな方なのかわかりません。いろんな方が見ていただいていることは凄く感じます。
 ブログを通じた交流と言うのは、けんちゃんがこういう形でラジオ番組に呼んでいただけるとか、そういうことがあります。直接連絡があってということはあまりありません。

西村 ブログ「土佐の高知の雑記帳」のサブタイトルに「四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^) 」と書かれています。そのあたりの説明をお願いします。

土佐 1つは田舎を大事にしたいということです。
 「靖国神社問題」では先の戦争(二次大戦)に大変興味がありまして、神風特別攻撃隊のことも調べています。やはり靖国神社が「英霊を祭る」なんてことを言っていますが、その裏には汚いものがある。と感じています。

 バンパイヤハンターと言うのは、私の好きなコナミのテレビゲームに同名のものがありまして、それから「軍事産業は吸血鬼」という意味からブログに書きました。

O6_r

西村 また「ブログの考え」としてこうも言われておられます。

「◎ブログの考え◎
 TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
 コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
 その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します。」とありますが、ブログへの変な書き込みはTBは多いのでしょうか?

土佐 最初の頃はいろいろありました。こういう書き込みをしまして実践をしましてバシバシしますと変な書き込みは減少しました。最近でもまだ多少そういう書き込みはあります。
 
西村 どんな変な書き込みがありましたか?

土佐 例えば「あなたの書き込みは正しくないのだから、こういうことを無謀に発言することが問題だ。削除しろ。」とか言うコメントがありました。話し合い(対話)を一切しない一方的な自己主張の書き込みであるとか。

 他のコメンターに対して一方的に攻撃する書き込みであるとか。いろいろありました。それについては「わたしのブログである。」ことを明確にして削除をどんどんしました。

西村 勝手な質問をしてきて、「何故答えないのか!」とか身勝手に吠えるような人もいるのではないでyそうか。

土佐 当然いましたね。思い込みが凄い人はいるもんですね。「曝し」にしたりとか、エントリーを取り上げることもしました。

西村 また「土佐の高知の雑記帳」は「サヨクブログ」なのででしょうか?またわざわざ左翼を名乗る理由はどういうところにあるのでしょうか?

土佐 はい。ネットランキングと言いまして、ブログの人気度をはかるところがあります。これを見ますと上位には右翼の方々が多いです。その人達が人気が高いようです。
 それに対して左翼のほうがやや劣勢なのかな。やはりここ左翼ブログということを明確にして、発言を大いにして人気をとりたいなと思いました。
 
 カタカナで「サヨク」というのは、こちらも「ネット・右翼」「ネット・ウヨ」とか言っていますので、蔑視されるのであれば、こちらも蔑視してやろう。これはお互い様かなと思っています。そういう意味からしています。

 私が思うのは左翼の論客がもっとネットの世界に入ってきて欲しいということですね。大いに発言していただきたい。

O5_r_2 (ブロ議論では熱い議論をしました。)
西村 考え方の違う、俗に言う「ネット右翼」系の人たちにも土佐高知さんは丁寧にコメントされておられます。彼らとの対話を通じて思われたことはありますか?

土佐 いろいろありますが、「ネット右翼」と言いましてもいろんな人がおられます。ですのでひとくくりには出来ません。まじめな形で意見交換して、それができるブロガーにはまじめに私も回答しています。

 実はせと弘幸さんというひとが実名でブログを書かれています。かつては別の激しい名前のブログを書かれていました。
 この人のやりとりでいろいろありました。この人とは完全に政治的な主張は異なっています。対話をしようという真面目な感じはあります。だからこういう人たちとは政治的な主張が異なりましても話しや対話ができるのではと思います。

 お互い理解できるところはできるのだと思いました。
 自民党の代議士の加藤鉱一さんがテロ(自宅が放火されました。)にあわれたことがありました。せと氏は「テロを支援する」と発言されました。わたしは彼を批判しました。

 その私の批判に対して、彼が真摯に対応してくれました。そのことは嬉しかったです。そういう面では理解できあうのではないかと思います。ただ別の「ネット・右翼」本物がどうかわかりませんが、全然そうではなく、礼節も知らない人が多いので嫌だねと思いますね。

西村 「土佐の高知の雑記帳」の狙いはどういうところにありますか?

 
土佐 さきほども申し上げましたが、左翼の言論を伸ばしたいなと思います。ネット世界で伸ばしたいなと思います。自分自身も仕事上、物を書いたり、人にわかってもらう。コピーを作るという仕事なので、書くということで、自分の考えを整理する。できるだけ毎日書く。そういきたいなと思います。

 ブログは3年間続けて来ましたが、いろんな意味で力になっているなと思っています。だからこれは続けていきたいと思います・

西村 そうですね。アメリカでは今度の大統領選挙におきまして、民主党の予備選挙に市民ブロガーが大きな影響力を発揮しています。ブログのyou tubeの画像で有権者と候補者がやりとりをしていました。
 結構アメリカでは政治に関与する力があるようです。そのあたりはどう思われますか?

土佐 そうですね。アメリカや韓国では(ネチズン)など市民ブロガーが台頭し、政治に影響を与えていますね。しかし日本の場合はまだまだネット右翼が多数のようです。
 左翼でしゃべりたがりの、高知なんかでは出てきても良いとは思いますが、まだまだ数が少ないようです。もつともっとでてくればいいとは思っています。

西村 確かにけんちゃんのどこでもコミュニティ」に出演いただきました韓国出身の金英丸さんが言うには韓国では完全に市民ブロガーが主体。反戦運動もネットで盛んであると言われていました。ブログもBBSも圧倒的に多い。右翼的なものは少数派であるといわれていました。
 日本は逆であることを金英丸さんは危惧されていました。
 そういう面で土佐高知さんは「孤軍奮闘」されているのですね。

Irakuheiwa1 (平和運動をされている金英丸さん)

土佐 左翼の側がネット世界に弱いのが問題。とるに足らない議論であってもそれを見逃していますと、流れがつくられることがありますし。それが世論になることもありますし。
 ネット右翼の方々の発言に対しても1つ1つ丁寧に答えていく努力が筆必要です。そこが弱いですね。

西村 幡多地域のほうではなかり動きが出てきているのではないのでしょうか?

土佐 それが高知でもまだまだ不十分であると思います。これからも「頑張るしかないな」と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

亀田父子の栄枯盛衰

 亀田父は協栄ジムを解雇され、亀田兄弟は期限付きの対外試合禁止措置が言い渡されました。2度目の謝罪会見が行われ、ようやく事態は収拾の方向へ向うようです。

亀田興毅が謝罪会見 父史郎氏は辞任(sanspo.com)

 それにしても品性のない亀田父子をTBSを中心とするマスメデァは持ち上げました。反則試合で世論が亀田に批判的と見るや、今度は「水に落ちた犬を撃て」の態度。一転してヒーローから悪者扱い。スポンサーも下りたようですし。

 低迷していたボクシング人気を盛り上げた功労は亀田父子にはあるでしょう。しかし限度を超えていましたし、あの反則試合で実力のなさまで露呈すれば「商品価値」は暴落してしまいましたし。

 栄枯盛衰は世の常。天国と地獄を短期間で味わえたのですから良かったとも言えます。ボクシングで亀田兄弟は復活すれば良いと思います。1年後の亀田兄弟がどうなっているのか。興味はありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

文民統制は幻か?

 自衛隊の海上給油活動に関して、自衛隊幹部が誤まった数字を政府・閣僚に報告せず、自分達の判断でうやむやにしていた事実が発覚したようです。

 取り違え給油量を、海幕課長は報告せず

 これはとんでもない話。この自衛隊幹部を国会で証人喚問すべきでしょう。防衛省は接待漬けの前事務次官がいたり腐敗しているのではないでしょうか。こんなことで国を守れるのでしょうか?心配ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

防衛省のでたらめには驚き

 守屋前防衛省前事務次官の納入会社との親密ぶりや「高買い」「随意契約」の事実が次々に明かされていますね。商取引で接待ゴルフなどができるということは、それだけ儲けがあり、高い値段で購入してくれるからですね。

 問題はすべて国の税金で購入していると言う点。報道にあるように「着服」疑惑などが明白になれば、防衛省の信用も失墜ですね。

 もう1つは海上給油活動の正確な数字の報告を自衛隊が内閣への報告を怠っていた点もこれは大変なこと。文民統制がまやかしであったことを自ら証明したようなもの。

 「テロ特措法」自体がまやかしではないかとも言われていますから。

イラク復興支援特別措置法の意義・目的は?

Iraku02 中谷元(元防衛庁長官)はイラク特措法にもテロ対策特措法制定にも深く関与されています。写真はイラクバクダットにて。中谷元さん写真提供)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

モラルは破綻したのだろうか

 食品業界のモラルはどうなっているのでしょう。お菓子業界、精肉業界などが表面化しました。他にもあれこれ今後も出てくるのでしょう。金儲けの為表示を偽り、偽者を本物に見せかける。

 それも何10年も消費者を欺いてきた。本当に酷い話です。専門家の犯罪行為は本当に怖いものであると思いました。この国は立ち直れるのでしょうか。身近な食品関係でこれほど偽装が出回りますと健康不安にもなりますね。

 教育再生会議なるファシスト組織は解散すべきでしょう。国家への忠誠を教育現場へ持ち込む錯誤をするよりも、携帯電話でのいじめの防止策でも考えるべきでしょう。こうした「ベルサイユ型」委員は、生活の実態を知りませんので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

1人の良心の行動は大きな意味がありました

Sennba1_r 

現職の警察官で警察内部の不正を告発した勇気ある仙波敏郎さん。いろいろイベントは今日はたくさんありましたが、この講演会は必ずどんなことがあっても行かねばならないと思い家内と2人で出かけました。会場の自由民権会館記念館ホールは、満杯。定員の120人を超す人で溢れていました。。

 隣が高知南警察署。一般市民のふりをして警察の関係者も聴講に来られていると思いますね。組織の悪を暴いていくと言う勇気ある人ですから。今日の1番の注目のニュースです。

 全国に25万人いる警察官。うち500人がキャリアという上級職。仙波さんが告発した裏金づくりは、下部の職員は駐在所の警官から、会計係、事務職員にいたるまでウソの領収書を書かされ、裏金造りを行います。それで使うのはキャリアと署長等管理職の人たちであるとか。「捜査費」の名目でこしらえた裏金の存在は警察機構を蝕んでいて、犯罪検挙率が低下する原因になっていると言われています。

 仙波さんを支える会の東氏は「民間人の不正は個人に原因が帰趨する。官の不正は組織ぐるみだから余計に始末が悪い。」とも言われました。「直接仙波さんの話を聞けば、何が真実であるかがわかります」

 仙波敏郎さんは淡々と語られました。警察に入って以来、ただの1度も裏金つくりに協力はしませんでした。100人規模の警察署であれば、裏金は年間約1200万程度とか。内400万円は飲食費で、のこちの800万円は上級幹部に渡されるようであるとのこと。

 30年間裏金づくりには拒否してきました。「偽領収書を書けば出世する」とも言われました。これでは通常の勤務で犯罪を行うのは警察と暴力団になってしまいます。
 不正を拒否するだけでなく、告発することは更に勇気がいったことであると思いました。

 「82歳の母が告発の翌日から携帯電話を持っています。今日は無事だったかと電話をくれます。」

 わたしは警察が好きで、本来のありかたに警察組織を戻したい。そう思っています。若い警察官が裁判で1審で勝訴したときに喜んでくれたようでした。

 淡々と事実を仙波さんは事実を語ってくれました。真実の重みに会場は静まりかえりました。支援者の会の東さんは「仙波さんのは話しのリアリティを感じていただきたい。今日も警察の人が2人ほど来ています。仙波さんが真実に反することをいえば、いつでも懲戒処分しようと観察に来るのです。でもそんなことはありえません。仙波さんは真実しか話さないからです。」

 また「良心と真実との連鎖」が見られました。高知県春野町のレストランから出ようとしたスクールバスに猛スピードで白バイが衝突し、白バイ警官が死亡した事故がありました。現場検証した後に、運転手は逮捕され、同情していた中学の生徒達や、先生たちはバスが止まっていたのに、白バイが衝突したとのことですが、その証言や証拠は取り上げられずに、裁判でも運転手に不利な判決がでました。

 詳しくはある政党メディア関係者の個人ブログ記事を参照 白バイ隊員事故

 今回の講演会にも当時中学3年生だった生徒(今は高校2年生)が15人ほど会場に来られていました。運転手さんを支援する会の人が演壇に立ち「子供達の真実の声が無視され、警察や裁判所に不信をもっています。今日は仙波さんの話を聞いて心強く思いました。」

 仙波さんも「真実は1つです。それを信じてください。」と述べられました。
 仙波さんは58歳ですが、体脂肪は18・5%ということでお元気そのもの。仙波さんから元気をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月22日 (月)

亀田問題と朝青龍問題

 先日世界タイトル戦で反則を繰り返していた亀田弟が、内藤氏に自宅を訪問し、謝罪したとか。亀田父もメディアと内藤氏に謝罪したので、ボクシング協会の処分が決まったこともありますので、この問題はこれで終わりでしょう。

 一方モンゴルへ帰国治療中の朝青龍。帰国時は逆風でしたが、その後、この亀田問題や、大相撲自体の深刻な問題(時津風部屋での新弟子がリンチ殺人事件)が起こり、吹っ飛んでしまいましたね。悪運が強い。だいぶ批判もトーンダウンしましたし。

 その矢先にトレーニングで負傷したとか。来年から復帰すればいいのだし、謝罪記者会見をどうすればいいのかを「勉強」する機会も与えられたことですし。ビジネスをするのであれば日本人を敵に回さないほうがいいので、そこは頭の回転が速い朝青龍さんですので大丈夫でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月21日 (日)

みなでマニフェストを出そう! 10月26日(金)

西村 しばらくけんちゃんのどこでもブログはゲスト出演が続きました。6月は東洋町長の沢山保太郎さん。7月は高知暮らしの楽校の松田高政さん。8月はテーマパーク四国を提唱されている好浦こう一さん。9月は地方公共交通と自転車を都市づくりに最大活用を提唱されている野本靖さんでした。

 今月は久しぶりに、高知シティFMの戸田健史さんとの対談です。今月のテーマは今回のテーマは「みなでマニフェストを出そう!」です。
 全ての核廃棄物を高知県に持ち込ませない「核廃棄物拒否条例」はこしらえるべきです。高知県議会と市町村議会で採択すべきです。6月ゲストの東洋町長の沢山保太郎さんは既に実行しています。

戸田 核廃棄物拒否条例は高知県内では採択したのは東洋町議会だけなのでしょうか?

西村 東洋町が核廃棄物の文献調査に踏み切ろうとしたおりに周辺市町村議会は反対しました。それより進んで核廃棄物拒否条例を採択するところまでは行ってはいません。
そこまで制定したのは東洋町議会だけです。

戸田 実際に東洋町の選挙でははっきりと「民意」が示されたわけですね。今後絶対に核廃棄物を高知県内に持ちこまさせてはいけないいと言う人たちはたくさんいました。県や市町村でも核廃棄物拒否条例は必要になるでしょう。

Sawayama422m (4月22日に東洋町の「民意」は全国発信されました。

 一方で「持ち込むべきだ」という意見の人もおられるでしょう。そういう人たちはそういうマニフェストを出されたら良いと思います。

西村 そういう討論は必要です。高知の未来は一次産業をベースにし、自然を活用し観光産業でとか言う人は多いようですね。そういう人たちこそ核廃棄物の問題が高知へ持ち込まれれば「風評被害」で1発でおしまいになる事実をしらないといけないと思いますね。
 廃棄物から放射能が漏れました。想定外でした。高知の農業も観光も一切おしまいですね。

戸田 持ち込んで良いという人たちは、そういう「風評被害」に対して納得できる回答をしたいただきたいと思いますね。

Doitugenpatuizikomm(ドイツの原発でも深刻な事故がありました。) 西村 南海地震条例を実践的にする。倒壊予想家屋に対し耐震補強費用の助成や、低利での貸し出しを行う。民間や行政がで出資をして「南海地震ファンド」をこしらえ資金を集め、住宅改造の為の事業を推進すべき。本腰を入れるべきできですね。

戸田  今月のこの番組でも言いました。県民皆南海地震の心配はしています。しかし具体的耐震対策はなにもしていません。そういう財力は今の市民にはありません。
 大地震が来れば家は倒壊することは目に見えていますが、お金がないから手をこまねいていることは事実ですし。打開しないといけませんね。

Hoeityo1l (1946)

西村 「全県観光宣言」を行う。県民1人1人が「観光大使」になることが必要。県民のマニェストにいれるべきでしょう。

戸田 観光の振興は大事です。宮崎県を見習うべきでしょう。あれくらいに高知もなりたいものですね。

西村 情報化の問題もあります。県民全所帯ブロードバンド対応。情報通信のバリヤフリーは行わないといけない。高知県庁の情報化施策は成功したとは言えないでしょう。「格差」が酷すぎます。ブロードバンドは高知市周辺に今でも限られています。
 山間部では条件は悪すぎます。ダイヤルアップやISKNでは全国に情報は発信しづらいと思います。

戸田 今や大きなメデイァです。民間と行政が力を合わせてブロードバンドを設置する必要があると思います。高知県の山間部はインターネット事情に限りま線。テレビも映らない。ラジオも聞こえない地域がありますし。
 情報化の根本問題ですね。

西村 9月のゲストでありました野本靖さんは「奈半利から後免町駅から土佐電鉄へ入り、宿毛までの直通運転」という構想は地方都市を元気にする方策ではないかと思いました。
 車に依存しておれば、イオンのような郊外型商業施設に地方都市中心街は絶対に勝てません。中心街から車を締め出したトランジット・モールなどが実施され、元気の出てきた地方都市があります。公共交通機関や路面電車しか中心街へ入れないことにすることで特色のある都市づくりができるのです。車を締め出して街歩きができる。これで成功した事例が多くあります。

戸田 それはわかりますが、地方公共交通機関は深刻な赤字を抱えていまして、単独でそれを行う力はありませんね。確かに理想であると思いますが、民間ベースでは無理であると思います。高知だけの問題ではないでしょう。公共との連携が必要でしょう。

625aki_r

西村 個人レベルでも車を維持し、乗ることは大変な費用負担です。ガソリン代もどんどんあがるばかりですし。地方公共交通で移動交通が代弁できればこれほど良いことはありませんし。コストは安い。
 幸い高知県は海岸線沿いに都市や集落が集中しています。それは鉄道で結ばれています。そこを直通運転で結べばあながち不可能な話ではないでしょう。
 道路をつくるよりは安いでしょう。エコの発想からすれば自動車交通一辺倒の発想からすれば遥かに環境に配慮した政策です。公共と民間が力をあわせれば不可能ではない。
 野本さんの番組でもアメリカのポートランド市は実際に実現していますし。

戸田 奈半利、御免といった規模の問題ではなく、集落へ行っているバスが廃線になり困っている話も耳にします。そういうところにも目を向ける必要がありますね。

西村 7月ゲストの松田高政さんや、8月ゲストの好浦こう一さんのように高知の自然、文化、食べ物を大事にするしくみづくりは大事でしょう。そのことこそが高知の特性になりマニフェストになるのではと思います。
 松田さんは高知暮らしの楽校をオープンさせましたし。

戸田 そういですね9月には正式オープンしましたし。

西村 そういうことこそが高知の特性であり、マニフェストにすべきでしょう。

戸田 宮崎県があれだけやって入るいのですから、高知県だってできないはずはありません。

西村 ないものねだりではなく、あるもので勝負したらいいでしょう。それを県民マニフェストにすれば良いのです。

Kurashi

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

日本人旅行者の無事を祈る

 日本人旅行者中村聡志さん(23)がイラン南部で誘拐されて随分時間が経過しました。イラン政府は無事との安否情報を出しました。しかし未だに無事帰還していません。

 犯行グループは政治的な意図を持つ集団ではなく、ギャングだということ。麻薬取引をしている組織であるとか。イラン政府との交渉中であるとか。なんとか無事に解放されることを祈りたいですね。

 イランと日本は外交関係(アメリカは断交中)があり、友好国ですのでイラン政府もきちんと対応しています。くれぐれも日本はアメリカや欧米諸国の圧力で対イラン政策を変更しないようにしていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

中国は民主化しないのか?

 先日中国で共産党大会が開催され、胡錦濤国家主席(共産党総書記)の主導権が確立したらしい。「調和ある社会」をめざしているとのこと。

 調和社会、高いハードル 胡主席、問われる政治手腕(中日新聞)

 共産党1党独裁を大前提として「調和社会」だとのこと。中国の民主化は程遠い。経済優先で格差社会が社会主義体制で拡大しても、政治的自由がないから社会は歪む。

 排外主義で反日運動を扇動して「ガス抜き」を必ずすることでしょう。民主化しないと危険であると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

もう石油の値上は勘弁してほしい

 またもやNY取引所に関する報道では原油価格が高騰したとのこと。イラク情勢が影響しているようです。CNNの報道でした。

 NY原油が急騰、初の1バレル=85ドルを突破(CNN)

Gasorin

 4年連続で石油製品の値上。この秋には大衆の日用雑貨や食料品まで値上がりしました。大好きなインスタントラーメンや菓子パンまで値上しましたし。ガソリンは150円を超える勢い。どうにもなりません。

 その矢先に国会論議では福祉に目的を絞って消費税をあげるという議論もされていますし。そうなると個人消費は壊滅状態に。
 国民経済に個人消費の占める割合は60%を超えているとは思います。

 国民の多数を貧困にする構造改革=格差社会を1日も早くやめさせないと日本は亡びますね。石油の投機もやめさせる必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

給油活動に反対するのはテロリスト?

 Nakatani003m 中谷元(元防衛庁長官)が、テレビ番組で「自衛隊のインド洋の給油活動に反対する人たちはテロリストだ」と発言され話題になっています。
 国際的に評価の高いインド洋の海上自衛隊の海上給油活動に反対している民主党を批判したものだとのことです。

 「給油活動反対はテロリスト」 自民・中谷氏、民主を批判

 テロリストと名指しされた民主党関係者は怒っているようです。当然でしょう。世論調査をしましても、海上給与活動でも賛成・反対が常に拮抗しているようですし。反対する人がすべてテロリストである決め付け方はどうだろうか?

 給油活動が与党の言うように効果があるのか?給油された石油はそう活用されているのか?その検証は多額の税金を費やしてしていることなので必要です。情報公開は当然です。必要ならすればいいでしょうし。
 オープンな場での議論でけりをつけていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

相撲もボクシングもおしまいなのでは・・

 大相撲は横綱朝青龍が2場所出場停止処分。時津風部屋でのリンチ殺害事件。連合赤軍事件でのリンチ殺害事件の後新左翼運動が壊滅したように、大相撲をやろうという若者はいなくなるでしょうね。今の無責任相撲協会体制では。
 
 国民放送のNHKも大相撲中継を1年間中止すべきでしょう。その上で相撲業界の体質が変わったかどうか。リンチが二度と行われない体制かどうかを査定して、中継をするかしないかを決めるべき。

 ボクシングの「内藤VS亀田弟」中継を見ましたが、ボクシングではない試合。亀田一族はボクシング界から永久追放すべきでしょう。また中継したTBSを皆が見ないようにすべきでしょう。あんな試合が成立するならボクシングもおしまい。

 ボクシング界のえらいさんも当日来ていたなら、ただちに亀田の反則負けを宣告し、追放すべきだった。それをしないボクシング協会も、大相撲協会同様の「ユルフン」状態。幹部がこれでは有力な格闘技協会2つが消滅するでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月15日 (月)

携帯サイトでの陰湿ないじめに思う

 最近携帯サイトでのいじめが話題になりました。中高生の殆どが持っているという携帯電話。多様な機能があり、そのなかでも問題なのは匿名掲示板。つまり投稿主は匿名で、実名や写真入で特定人物が攻撃できる。実に陰湿な世界。

 パソコンでも匿名掲示板があり以前から問題になっていました。ネット先進国の韓国でも早くから問題になり、最近では人気掲示板は実名か、住民登録番号を入力し、照合しないと書き込みができないようになったとか。そうなると誹謗中傷は激減したようです。

 参加者の自覚に任せたら良いとの意見もあるでしょう。その結果が無残な犠牲者をだしたのですから。実名でないと投稿できないようにするのも一案であると思います。また管理者は明らかな誹謗中傷が現れたら、そのスレッドを直ちに削除するなり、掲示板を閉鎖するぐらいのことはすべきでしょう。

「教育再生会議」なるものが、しきりに国への忠誠心や徳育を言っていましたが、この携帯電話のサイトの問題こそ「大問題であり」即解決すべきであると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

高知市長はしっかりしてほしい  10月19日(金)

Shiyakusho1 (高知市役所本庁舎)

西村 しばらくけんちゃんのどこでもブログはゲスト出演が続きました。6月は東洋町長の沢山保太郎さん。7月は高知暮らしの楽校の松田高政さん。8月はテーマパーク四国を提唱されている好浦こう一さん。9月は地方公共交通と自転車を都市づくりに最大活用を提唱されている野本靖さんでした。

 今月は久しぶりに、高知シティFMの戸田健史さんとの対談です。今月のテーマは今回のテーマは「高知市長はしっかりしてほしい」です。

 現在高知市議会は共産党をのぞくと「オール与党」体制になっています。執行部と市議会の緊張関係がありません。そのため一部「声の大きな市民」の跋扈を許した弊害もあるようです。

戸田 結局今でもそのような話を聞きますね。「声の大きな市民」の話が通るようですね。その話は伝わってきますね。そこのところはなんとかしないといけないですね。

Tosabashikouzi (無意味な土佐橋付近工事)

西村 何より最優先すべきは「南海地震対策」です。土佐橋歩道橋などなんの効果も上がらないと思われる公共工事はやめるべきです。
 耐震地盤や低地には「津波避難マンション」を民間活力で建てるべきでしょう。やりかたはあるはずです。高知市の下知地区や潮江地区などです。
 液状化し家が潰れるだけではなく、津波まで襲ってくる地区ですし。耐震マンションはあらかじめ土地をまとめて地域を守る方法ですね。空中権と土地の権利を等価交換するとか。
 大地震で壊れてしまってからの災害復旧工事は、無意味です。
 被害を受ける前の建て替えがなにより必要です。

戸田 わたしの住んでいる瀬戸、長浜地区もそうです。この地区は住宅も築30年以上のものも多くありますし。地震が来たところはどうなのか。実際には耐震基準を満たしていないようですし。
 では建て替えるとか、耐震補強をする。となると多少公共の補助金があるかもしれませんがおいそれとはできません。そこまでのお金はありません。
 耐震診断はありますが、診断を受けましても耐震建築するお金がない人も多い。そこらをなんとか手立てをしないと話が前へは進みませんね。
 貧乏な市民は見殺しかというのがこんところ思います。

Nankaizishin (昭和南海地震)
西村 耐震補強や診断の問題は、高知シティFMで「防災番組」をしている西やんも常に指摘していますね。
 実際の話しですが60万円の補助金を受けるためには、300万円程度の工事をしないといけないようです。そうなると所得の余裕のある人しか耐震補強ができないということになります。
 築50年とか古い木造民家がたくさんある下知地区などは、高齢者の人たちも多く、なかなか踏み切ることができません。そこをなんとかしませんと。

 補助額を増加するとか、「地震ファンド」をこしらえるとか具体的な手を打つしかないと思います。

戸田 瀬戸、長浜地区にしても今宅地のところは湿地帯であったとも聞きます。地盤が弱いところです。道路をトラックが通過すれば揺れるようなところにあります。こうなると南海地震では倒壊するのではないかとも思います。
 どうすれば良いのか。正直打つ手はありませんね。

Yosakoi1_r
西村 観光都市を目指すのであれば、中心部に「よさこい踊り館」でもこしらえ年中踊りが見れる指導できるプロチームをこしらえるべきでしょう。スーパーよさこいの東京原宿にも高知市物産館ぐらいは出すべきでしょう。それには高知市のあるべき歴史的資源は大事にする姿勢は必要ですね。それには新堀川をつぶして道路にする県の計画には高知市は反対すべきでしょう。

戸田 例えばよさこいを「プロ化」して年中見られるようにする。いろんなひとがやろうとしていましたね。やれば潰れ、その繰り返しでした。
 よさこいは全国ブランドですね。全国でも通用しますし。それをなんとかしてもらいたいですね。観光資源になるでyしょう。

西村 プロ化の話しですが、サッカーJリーグでは徳島や愛媛が先行しましたね。あれもお金を集め、市民も動き、行政も支援しました。
 高知であればよさこいのプロ化でしょう。これをプロ化して指導者を全国に派遣する。全国大会にはみんな来てもらう。そういう発想で観光の底上げをするのも1つの方法ではないかとも思いますね。高知市も1枚かむべきでしょうね。
 最初は民間ベースでするには荷が重いので。公共の力も必要です。

Ion1 (商業はイオンの1人勝ち)

西村 岡崎誠也高知市長は続投の意思があるようです。どうやら有力な対抗馬は見当たらないようですので、再選の可能性はあるでしょう。
 高知市は明確な都市計画や都市ビジョンがありません。ただ惰性で街路整備をしているだけです。中心商店街はさびれ、イオンの「1人勝ち」をより促進する為に公共工事で街路整備をしている有様としか思えません。
 たとえば追手前小学校をつぶして商業施設や高知大学をもってくるにという発想は、まちこわしになります。
 考えてみてください。小学生が1人で学校へ来るのではありません。半径500メートル以内に家族がいるはずです。家族がおれば商店街の顧客になり商店街を利用するはずですね。それだけ子供がいなくなり「過疎化」してしまえば、そこには人がいないのですから商業がなりたつわけはありません。そんなところへ商業施設をもってきたところで、商売が繁盛するはずがありません。そんな当たり前の事がどうして高知市長がわからないのか不思議です。

Heitenm (中心街では閉店が目立つ)

市内中心部に耐震住宅でもこしらえて人を増やす政策がないとおかしいです。それを市長としてすべきでしょう。賑わいは狭い地域に人が住んでいるところから生まれますね。
 人口が集積されることから賑わいがでますね。でも今の高知市の都市政策は結果的に郊外に分散して住む政策を推進しています。よけい公共投資が必要となり、市の財政も破綻するでしょう。世界の都市のいろんな例で明白ですので、コンパクトな都市づくりをする必要性が高知市長にはあります。
 中心市街地の再開発も単なる商業施設ではなく、追手前小学校の児童を増やす=住民を増やす都市政策が必要です。校区として考えるべきでしょう。

Ootemae2_r (廃校になる追手前小学校)

戸田 だから郊外が発展しているかといえばそうでもないですね。特定の大型商業施設の「1人勝ち」状態ですし。そこをちゃんと見ないといけないですね。

西村 ロードサイト店舗は特色がありません。やはり街の顔である中心市街地の商店街がしっかりしていただきませんといけないと思いますね。再開発も必要ですが、受託や人口増加も考えた都市政策が必要です。そこを高知市長もしっかりしてほしいところです。

戸田 たとえば都会の人が「移り住みたい町」に高知市がなるとか。そこも考えていただきたいですね。

西村 それは歩いて買い物が出来、仕事へ行き、学校も病院も娯楽施設もあり、自然も豊かである。

戸田 おのずとそういう都市になるべきですね。

戸田 商店街でもその地域に住んでいる人が少ない。地域の小学校である追手前小学校の児童が少なくなる。あそこへ大学をこしらえたところで、見た目は人は増えますが、そのときだけでしょう。なんかうまいやりかたがほかにあるように思いますが・・。

西村 来年3月には春野町とも高知市は合併します。ますます高知県のなかでの存在が大きくなります。具体的でわかりやすい都市づくりのテーマが高知市政の課題でしょう。

Kouzigo2sin_3_1 (新堀川を暗渠にし道路にする計画が県により推し進められている。高知市は反対すべきである。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

黒川紀章氏の逝去を悼む

 世界的な建築家黒川紀章氏が昨日都内の病院で逝去されました。まだ73歳でした。最近でこそ、東京都知事選挙、参議院選挙に立候補し落選。テレビに露出して、悪びれない発言する強烈なキャラクターの人でした。

 なにかいつも疲れているなとは思いましたが、まさか逝去されるとは。70歳代でも福田康雄首相や石原晋太郎都知事、タレント加山雄三氏などはお元気そのもの。それから言いますと黒川さんは弱弱しい感じではありました。

 身近な建築物と言えば、沖縄県庁本庁舎でしょうか。あの威圧感のある要塞のような県庁舎の建物の印象は強烈でしたが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月12日 (金)

松下翁にみる大金持ちのたしなみ

 随分昔でしたか、松下幸之助氏の本を読んだことがあります。お金持ちのたしなみのようなことを書いてありました。

 好景気の時期は節約に勤め無駄遣いはしないと言われています。不況になると家を建て、車を購入し、装飾品を買うべしと主張しています。金持ちまでは節約に走ると世の中がよけいに不景気になると松下翁は言われているのです。

 不況の中で消費することで雇用を維持し、景気をよくする役目を担うべきである。実際に松下氏は実践したうようですね。

 自分は全然お金持ちでないからわかりませんが、経済原理としてただしいですね。今まで不況になると公共事業に頼ってきた日本。はたして「構造改革」とやらでお金持ちになった人たちは不況時にお金を使ってくれるのでしょうか?

 その品位が問われるでしょう。それが概ね出来ないから日本は公共投資で担ってきたような気がしますが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

南北首相会談の成果は?

 報道を見聞してもそれはよく理解できない。7年前ほどの熱気が韓国側に見られないし、公然と批判している市民もおられるし。年末の大統領選挙の影響もあるでしょう。

 今の政権と与党候補者は北側との融和政策。一方今回有力とされる野党側は北との対立政策が基調。その動向は朝鮮半島問題に大きな影響を与えるでしょう。

 日本人拉致問題にも言及しなかったようですし。なんか釈然としないイベントの様でもありました。あまり成果のなかった首脳会談のように思えました。

Touitukorea (統一朝鮮は悲願。アジア大会にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

深刻な教育格差

Sensei2  日本は教育費の個人負担がどんどん重くなっています。「教育再生会議」という教育破壊機関によりその傾向が加速されました。義務教育制度を破壊し、教育を受けたくない子供は学校から追放しても良いという教育格差を認める政策を公然と提唱しているようです。

 学力テストの成果で、教育予算配分をするとかいう馬鹿げた教育政策は、インチキをすることが正しいという「教育」を教育関係者に植え付け、社会を荒廃させました。公教育が信頼できないと、私立の中高1貫校への受験で小学生段階からの塾通いの教育負担が高まり、塾にいける子供と、いけない子供は現れ、小学段階でまともな教育が出来なくなりつつあります。

 一方で学校医教育費が支払えない親も多数表れ、その延長に何があるかと言いますと、子供を高等教育が受けさせられない。低賃金のアルバイトをしなければならないということで学校を中退せざるを得ない。すると正規雇用の就職はほぼ不可能。

 教育の格差が社会の格差をより広げる形になり、社会不安はますます深刻化するでしょう。教育は公の担当分野であり、国民に等しく義務教育を受けさせることは責任を政府はもたないといけませんね。

 最近の民間の原理の導入は良いことばかりではありません。むしろ格差を拡大し、社会を破壊する要因をこしらえているとしか考えられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

沖縄の声を無視するな

 沖縄教科書の抗議集会の参加者は11万人と言われているが、実際は4万人規模ではないかと言われれ論議されているらしい。

 沖縄教科書抗議集会 参加者は「4万人強」 「11万人」独り歩き(産経新聞)

 実際の人数の論争はある意味どうでもいいのではないかとも思う。むしろ沖縄では保守系も参加し、「超党派」で抗議集会に参加した意義が大きいのです。保守系の知事が文部科学省に抗議に行ったこともあります。

 住民の手段自決の軍の命令書が公式文書で残っていなかったから軍の命令はなかったという意見で教科書から「軍の命令」が削除されたようです。しかしそれは誰でも少し考えればナンセンスであることは明白。

 日本軍は沖縄各地で追いつめられ、物資も困窮し、武器弾薬も不足していました。指揮命令系統は敗走により崩壊していたのでしょう。しかし軍隊経験者に寄れば戦陣訓があり、捕虜になるぐらいなら自決せよと言い聞かされていたとか。

 貴重な手榴弾と毒薬を住民に軍が配布したということは、命令書の有無に関わらず住民に手段自決を強要したことになります。沖縄には集団自決で家族を失った人達が大勢います。

 その声が政党の枠を超えた大集会になったのです。そしてその声が大きくなると今度は「政治の力で教科書の記述を変えるのはおかしい」との態度。当時の伊吹文部科学大臣(現自民党幹事長)が言われていました。

 国民の声を無視して、歴史を捻じ曲げようとしていたのは政府です。誤りは正背場良いのですから。

Henoko1

 (米軍基地の辺野古への移設反対の集会の様子です)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月 8日 (月)

日本独自の国際貢献を

 なにやら「テロ特措法」問題で、自衛隊が海上給油活動をしないと国際社会から孤立するキャンペーンを政府・与党はしています。本当なのでしょうか?
 アフガニスタンのテロリストを撲滅するのが、そもそもの目的ですが、目的は達成されているのでしょうか?テロは下火になっているbのでしょうか?

 少し前にアフガニスタンに奉仕活動に出かけた韓国のキリスト教団体がテロリストと言われるタリバン勢力に長期拘留されていました。それも立ち寄って買い物していた市場から住民の通報でタリバン勢力が現れたとも言われています。現地ではテロリストと言われる人たちは意外にも孤立していないようですね。

 となるとアフガン空爆から介入したアフガニスタンでのテロ対策は成功していないのではないのでしょうか。その検証を中断期間に行うべきでしょう。

 日本独自の国際貢献をすべきでしょう。自衛隊は災害救助のノウハウは恐らく世界1だと思います。人殺しの軍隊ではなく、人助けの自衛隊。似て非なるものです。軍事作戦ではなく救援支援活動で国際貢献をすべきでしょう。

Zieitaikoube  阪神大震災で復興支援をする自衛隊。災害出動能力は世界1だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

高知県知事の必要十分条件とは? 10月12日(金)

西村 しばらくけんちゃんのどこでもブログはゲスト出演が続きました。6月は東洋町長の沢山保太郎さん。7月は高知暮らしの楽校の松田高政さん。8月はテーマパーク四国を提唱されている好浦こう一さん。9月は地方公共交通と自転車を都市づくりに最大活用を提唱されている野本靖さんでした。

 今月は久しぶりに、高知シティFMの戸田健史さんとの対談です。今月のテーマは今回のテーマは「高知県知事の必要十分条件とは?」で話を進めます。

Hasimoto1mmsenkyo2004 (2004年の出直し知事選挙。橋本大二郎氏は選挙には強かったです。)

 11月25日投票の高知県知事選挙。だれが高知県知事になられても実行していただきたいことがあります。それは県事業の「情報公開」の推進です。義務化することです。情報公開が義務付けられておれば「やみ融資事件」「別件闇融資」事件は起こりえなかったです。努力目標ではなく義務化すべきでしょう。

戸田 そうですね。ここ10年ぐらいで「情報公開」と言う言葉はかなり定着しました。行政でも公開しなければいけないようにはなりました。しかしまだまだふじゅうぶんですよね。
 昔では政治家任せ出よかったのでしょうが。細かいところまで市民が見なくてもよいという意識でした。そういう人達がどういう政治をしているのか。政治家が信用できない時代になりましたから。

 今は公開するすべは多様化しています。メディアもたくさんありますし。やましとことがなければどんどん公開すれば良いと思います。

西村 問題なのか「情報を公開するか。しないのか」の「裁量権」が事業当事者の行政側にあります。都合の悪い情報は未だに出しませんし、出しても黒塗りで出したりしますね。行政側に「裁量権」があることがおかしいのです。
 県庁内にもきちんとした部署をこしらえて情報を開示することを「義務化」しませんと「やみ融資事件」などは再発防止できないでしょう。

戸田 第3者機関が必要でしょう。今でも「黒塗り」公開の定義は明確ではないですね。

Pk01mm

西村 わたしも県の情報開示請求で「ぷらっとこうち」に関してしました。やはりぷらっとこうち運営委員会議事録なども、私を「処分した」問題箇所も「だれが発言したのか」「どういう根拠で処分したのか」。またその打ち合わせに高知県庁内の県庁所有のパソコンとイントラネットでのメーリングリストで協議していることが明白であるのに「個人情報」としてメールアドレスなどが開示されません。黒塗りで開示されました。

 恐らく県庁内のパソコンでやりとりした。業務時間内に業務としてやりとりしていたはずで「公務」だろうから公開すべきであると主張し、情報開示への異議申立もしました。しかしそれ以上は追及できない仕組みです。おかしな部分がありますね。
 県庁各部署の裁量を優先し、県民の情報開示に応えないようにしています。

 それと高知県のマニフェストに「核廃棄物拒否」を明記すべきでしょう。当然県議会で全会一致で東洋町議会が採択した「核廃棄物拒否条例」を採択するように新知事は動くべきです。

最近得体の知れないグループが「高レベル放射性廃棄物最終処分場を高知へ誘致する」ことを目的にNPO法人の設立をしようとしています。これなども予断ができません。

戸田 東洋町で核廃棄物拒否という結果がでているにもかかわらず、どういう人達がやっているのかわかりませんが。NPO法人と言うのは実に微妙な存在ですね。
 NPOなどといえば良いイメージがありますが。わかりませんね。

西村 「公の役目」と「民の役目の」の区分と、共存を行うこと。
  なんでもかんでも民営化が良いかと言えばそうではない。所得の低い高知県においては、医療と福祉分野は公の役目は大事です。これ以上医療費の県民負担を増やさない政策が県は必要です。病気になっても医療を受けられない。高齢者になって必要になっても介護が受けられない。そういう人達が高知県では増えます。

戸田 医療を受けたくてもお金がないから受けられない話は耳にします。「民営化」が何でもかんでも良いことのように言われていますが、「つぶれたらどうなるの」と言うことに対する答えがありません。

西村 新しい知事は口先だけでなく「高知の活性化」「一次産業をベースとした県民所得向上」のためには官民一体で大都市部の消費者への広報と販売拠点が必要です。
 宮崎県の東国原知事は自らのキャラクターで宮崎県商品を販売しまくっています。大都市圏でどんどん販売しています。地元のスーパーでラッキョウを買いましたが、東国原知事のキャラクターのシールが製品に貼り付けられていました。ブランド化しています。
 高知県商品計画機構と同時期に発足した沖縄県物産公社わしたショップは、1000の取引先を県内で確立しています。東京銀座に大きな店舗を出し大発展し沖縄にはなくてはならない地位を獲得しています。

Ginzawashita (わしたショップ銀座店)

戸田 宮崎県は大手コンビにチェーンでも「宮崎フェア」を仕掛けていますし。あらゆるところで宮崎産品を見かけます。また宮崎産品は高知と似通っていますね。高知県民としては悔しいですね。それを取り戻すことを次の知事にはしていただきたいですね。

西村 ピーマンやししとうなど施設園芸野菜はすべて宮崎県と高知県は競合しています。園芸も観光関係もそうです。プロ野球のキャンプも高知から宮崎に奪われましたし。
 高知としてはきちんとして巻き返しをはからないと全部宮崎にやられてしまいますね。
 ないものねだりをするのではないですね。
 「今あるものを最大限に活かす」ことを県政の課題にすべきです。新堀川を県道の工事で埋め立て潰すなんて愚かなことをすべきではありません。現在の交通容量では計画の4車線道路は全く必要ありません。県知事はただちに新堀川の道路工事を大幅に見直し、ビオトープの保全と歴史的資源の見直しをすべきです。
 観光資源にする気迫がないと高知の売り物はなくなってしまいますね。

戸田 あんな中心街に自然豊かな川がある。というのが驚きです。それをみすみす公共事業で(税金を使って)自動車道路をこすらえるのはどうかと思いますね。
 車を持っていない家は動きにくい。そういうまちづくりのような気がしますし。今の地方公共交通は大変な状態になっていますし。車優先の道路作りばかりすることはいかがなものでしょうか。

西村 情報公開は大事です県職員の意識改革がなにより必要です。そのためには情報公開が必要です。県職員と県民との対話のチャンネルであった公共電子掲示板である「ぷらっとこうち」も不明瞭な契約要件や運営体制の不備から廃止になりました。県民との真の対話を恐れる県職員の体質が現れとても残念です。
 特定の企業や声の大きな県民のほうばかりして仕事をしている高知県庁と言う思いは、県民はぬぐえないと思いますね。

戸田 ぷらっとこうち問題なにかと話題になりました。インターネットで知事と県民が対話できればそれは良いことでしょう。理論は納得できますが。
 しかしネット上は治安が悪く、無法地帯ですね。このところ「迷惑メール」も物凄い数で押し寄せてきていますし。この状況では難しかったと思わざるをえません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

どうして騙される人が続出するのか?

 またしてもL&Gグループの詐欺事件らしい。1000億円を5万人から集め自転車操業していて破綻したらしいですね。しょせん詐欺なのでしょうが、どうしていつも思いますが分別のある筈の大人、高齢者が騙されるのでしょうか?

L&G本社などを捜索、出資法違反容疑(日本経済新聞)

L&G大物芸能人ズラリ…広告塔“貢献度”と責任 (zanzak)

 「100万円出資すれば3ヶ月で9万円配当」「円天通貨で高級品が安く買い物」と電子マネーモドキもこしらえ活動していたとか。

 いつも驚くのは数千万円も騙し取られた人が出てきますね。500万円出資した高齢者の人も年金から退職金をつぎ込んでおられましたし。

 騙すほうは「プロ」。騙されるほうはしろうと。その差でしょうか。資産を運用するには知識がいるようですね。日本でもファンド・マネージャー、ファイナンシャル・マネージャーが必要になったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 5日 (金)

子供達は地域の宝

Shinmachi3_r (徳島市は中心街を流れる新町川にこだわった都市再開発を推進しています)

「いくら児童数が減少しても徳島市は新町小学校を廃校にしません。市の中心街に貴重な公共空地だからです。手放せば2度と手にいれることはできません。市民の避難場所でもありますし。」15年前に都市河川である新町川を活用している徳島市役所を訪ねたおりの担当者の言葉です。

 高知市は安易に追手前小学校を廃校にすることを決めました。
 子供達はエネルギーの塊。その存在で地域に元気を与えてくれます。どんな商業施設ができるのか知りませんが、子供以上に元気を与えてくれる存在を私は知りません。

Ootemaes_r (追手前小学校)

 高知女子大を中心市街地から郊外へ移転させる。高知大学を朝倉から中心街に一部移転させる。追手前小学校を廃校し、新堀小学校と統合させる。新堀小学校は新堀川を暗渠に4車線自動車道路が隣接し、教育環境は全然よろしくない。

 高知市の中心市街地再開発事業はちぐはぐでおかしい。今一度「子供達は地域の宝」という観点ですべて見直しをすべきでしょう。

Kouzigo2sin (新堀小学校に隣接してして新堀川を暗渠にした自動車道路が建設されます。県の計画どうりでありましたら騒音で大変でしょうね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

ブログで市民革命を

 アメリカでは実際にブログがメディアになり市民運動に大きな影響を与えているようですね。日本ではまだまだブログを馬鹿にし、卑下する傾向もあります。また匿名掲示板から「罵倒の泥の海」に自己満足する人たちも多い。

 なによりアメリカの市民ブログは行動的であり、実践的であることが大きい。今回東京新聞がとりあげている人もそうですね。

 第一部 <1>政治ブロガー  政界揺るがす行動力(東京新聞)

 民主党の7人の大統領候補者たちが彼ら主催のネット討論会に参加したことからもその実力がわかる。確かに現実を動かしているようですね。

 日本では麻生太郎氏が漫画好きだとか。いわば「代償行為」で自己満足しているだけ。あるいはイラクで人質になった人たちへの誹謗中傷キャンペーンという体制側の手先としてのネット。日本ではネガティブな意味での活用がまだまだ目立ちますね。

 前向きなブログの活用には元気付けられますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 3日 (水)

真実の声は消せない

 安倍前内閣が沖縄での旧日本軍による集団自決強要の事実を隠蔽し、押し隠そうとした教科書の記述に反対し、きちんと事実どうりに記述することを求める県民集会が沖縄県宜野湾市で開催されました。11万人が参加されたそうです。

 11万人結集 抗議/検定撤回 9・29県民大会(沖縄タイムス)

 超党派の人達が結集し、予想をうわまわる人達が参加しました。高知県香南市議会をはじめ、沖縄県以外の市町村でも「教科書検定意見撤回を求める決議」を次々に採択しています。

 「安心・安定」で成立した福田内閣ですが、安倍前内閣時代のファシスト集団「教育再生会議」なるものは温存されています。なんら体質は変化していません。やはり民意がわからない「ベルサイユ政治屋」集団内閣です。

 きちんと事実を伝え、2度と集団自決を迫るような事態をなくす努力を現在の私たちはしないといけないと思いますね。
 Henoko_thumb (沖縄の基地反対運動の様子です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

追手前小学校の廃校には反対

 徳島市の担当者は「街中の新町小学校も生徒減少で大変ですが、廃校や用地の売却などは考えていません。なぜなら貴重な公共空地を失うからです。手放せば徳島市は2度と手に入れることはできないからです。」

 新町川の整備事業やまちおこしに関心があったので、1991年頃に徳島市役所を訪問したことがありました。担当者はきっぱりとこう言われました。
 高知市はあっさりと追手前小学校を廃校にし、商業施設にするのだと言います。この違いはなんでしょうか?

 住民が減少した市街地は魅力がありません。商業地をこしらえてもおそらく繁栄はしないでしょう。それこそ税金の無駄遣いでしょう。

 小学生は1人で住んでいるわけではありません。家族がいます。児童の親は30代から40代です。その人たちは学校の行事のついでに、隣接する商店街での買い物などをされると思います。

 その顧客をもみすみす小学校の廃校により失うことになります。どちらにしても良いことは1つもないでしょう。

Ootemaes_r (追手前小学校は街の資源)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

ベルサイユ政治屋に幻想を持つな

「ベルサイユ宮殿で自分達だけで贅沢三昧をし、大多数の国民の困窮を知らなかったし無関心」な政治屋を評論家堺屋太一氏は「ベルサイユ政治家」と名づけました。

 2世3世の政治屋の殆どはそうですね。国民生活の困窮をしらない。年収200万円以下の労働者が1000万人を超え,全勤労者の4分の1近いと言います。大変な貧困状態です。

 麻生太郎氏に幻想を抱く一部の若者がいるようです。よく周りを見てコミュニケーション能力を磨きましょう。イメージだけで判断せずもっと社会との交流を進めてください。

 ベルサイユ政治屋は解決能力がありません。ひ弱です。安倍晋三氏を見ればわかります。とても指導者の器ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »