« 文民統制は幻か? | トップページ | 土佐高知の雑記帳から見えるもの »

2007年10月27日 (土)

亀田父子の栄枯盛衰

 亀田父は協栄ジムを解雇され、亀田兄弟は期限付きの対外試合禁止措置が言い渡されました。2度目の謝罪会見が行われ、ようやく事態は収拾の方向へ向うようです。

亀田興毅が謝罪会見 父史郎氏は辞任(sanspo.com)

 それにしても品性のない亀田父子をTBSを中心とするマスメデァは持ち上げました。反則試合で世論が亀田に批判的と見るや、今度は「水に落ちた犬を撃て」の態度。一転してヒーローから悪者扱い。スポンサーも下りたようですし。

 低迷していたボクシング人気を盛り上げた功労は亀田父子にはあるでしょう。しかし限度を超えていましたし、あの反則試合で実力のなさまで露呈すれば「商品価値」は暴落してしまいましたし。

 栄枯盛衰は世の常。天国と地獄を短期間で味わえたのですから良かったとも言えます。ボクシングで亀田兄弟は復活すれば良いと思います。1年後の亀田兄弟がどうなっているのか。興味はありますね。

|

« 文民統制は幻か? | トップページ | 土佐高知の雑記帳から見えるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/8625306

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田父子の栄枯盛衰:

« 文民統制は幻か? | トップページ | 土佐高知の雑記帳から見えるもの »