« ヒラリー大統領は実現するのか | トップページ | 幡多から見た世界について »

2007年11月10日 (土)

市民ブロガーは高知県知事選挙に関心を持て

Kouchitizisenmm

 とにかく今回の高知県知事選挙16年ぶりに県知事が交代、新人4人の選挙であるというにに今ひとつ盛り上がらないようですね。それは場合によっては12月にでも衆議院の解散があるかもしれないという政党筋の影響はあると思います。

 観点を変えますと候補者の情報が実に少なく、選挙になってしまいました。またこの4人の候補者はいずれもホームページがありません。政策やマニフェストをサイトで確認することがなにせ全然できません。

 橋本大二郎さんは早くから後援会のホームページをこしらえていましたし。2003年の知事選挙の時には「候補者比較サイト」も当時の高知大学生が作成したりしていましたし。また2004年3月30日からは個人ブログ「だいちゃんぜよ」を開始しました。メールマガジンも出していましたし、情報発信には橋本大二郎さんは熱心でありました。

 「高知県知事選挙」とキーワードを入れて検索しても殆ど市民ブロがーの記事はヒットしません。一方的に与えられる地元新聞やテレビの情報は僅かなものです。これでは嫌になり「棄権しようか」になるのも当然です。選挙の期間は投票日まで僅か17日間

 高知県のあり方、あるべき姿をブロガーはどんどん論評すべきです。

 私の場合はブログのカテゴリーは「07高知県知事選挙」で記事を羅列していますし。選挙のあとにまとめて、個人サイトに掲載する予定です。

 1市民であるけんちゃんが各候補者を巡回し、集会へも参加しレポートしています。私の視点(独断と偏見)ですが参考いただければ幸いですね。

 2003年と2004年はまとめて個人サイトに上げました。歴史を1市民として記録していくことは大事であると思います。

 2003年高知県知事選挙

 2004年高知県知事選挙

 これを見ると2007年の高知県知事選挙は橋本知事時代には「影の薄かった」政党や組織が目立った選挙になっているようですね。

 どの候補が県民に最適なのか?

 それは4人の県知事候補の政策やマニフェストを吟味して各人決めるべきです。見掛けや、陣立てや、雰囲気で決めるべきではありません。ここはじっくり何がしたいのか、実現可能性があるのかを点検して投票しましょう。

 私の選択肢は「核廃棄物拒否条例制定」への態度によって決めます。

 PDF ファイル参考

「tijikouhokaitou.pdf」をダウンロード

|

« ヒラリー大統領は実現するのか | トップページ | 幡多から見た世界について »

コメント

 takeyanさんのご指摘のとうりです。この情報化社会のなかで4人の候補者の「非常識」さにも呆れます。橋本知事が熱心であっただけに後継者としては失格ですね。

投稿: けんちゃん | 2007年11月12日 (月) 07時46分

知事を目指そうなんて人物が4人ともウェブサイトがないとは怖ろしいですね。
ネットで発信しない政治家は失格だと思います。
情報弱者の最後の砦がネットなのに・・・。
政治家に関する口コミは非常に危険ですので。
同じ会派の議員にもせめてブログは作るように言っていて、そろそろ実現しそうです。

投稿: takeyan | 2007年11月12日 (月) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/8839510

この記事へのトラックバック一覧です: 市民ブロガーは高知県知事選挙に関心を持て:

« ヒラリー大統領は実現するのか | トップページ | 幡多から見た世界について »