« 内閣支持率低下は当然 | トップページ | わけのわからない年金特別便 »

2007年12月20日 (木)

イラク戦争は結局失敗に

 英国がイラクに派遣した部隊を撤収することになりました。施政権をイラク政府に移管し段階的にイラクから撤退するようですね。国民世論に現政権が考慮した結果です。

 イラク駐留軍の撤退本格化「陸軍は見事に負けた」(毎日新聞)

 政策の一方で「格差社会」をこしらえ、ヘッジ・ファンドの石油や穀物への投機を何ら規制しない米英政府。「経済テロ行為」を放置して「テロとの戦い」とは笑止千万ではあります。

 アメリカは孤立を深め、次期大統領の決断はイラクからの撤退でしかありませんし。「9・11テロ」への報復をイラク戦争に求めたブッシュ大統領。イラクから撤退すべきです。

Irakumap

|

« 内閣支持率低下は当然 | トップページ | わけのわからない年金特別便 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/9477660

この記事へのトラックバック一覧です: イラク戦争は結局失敗に:

« 内閣支持率低下は当然 | トップページ | わけのわからない年金特別便 »