« ブログが政治を動かすアメリカ市民社会 12月14日(金) | トップページ | 防衛問題を矮小化するな! »

2007年12月10日 (月)

岡田監督には頑張って欲しい

 オシム監督の急病で急遽岡田武史氏が日本代表監督に正式に就任しました。日本サッカー協会のオシム監督に対する「危機管理」の怠慢を棚に上げ、急遽監督に就任させられた岡田氏は大変であると思います。

 前回は日韓大会前のフランス大会への切羽詰ったなかの監督就任。今回も来年2月から始まるアジア第3次予選の直前での監督交代劇。なにか因果を感じますね。

 ここは岡田さんしかいなかったことも事実。なにはともあれ日本代表を応援し、2010年の南アフリカ大会の本大会のピッチに日本代表は立ってもらいたい。そしてベスト8以上になってもらいたい。

 1993年の「ドーハの悲劇」をテレビ解説していた岡田さん。それから17年を経過して南アフリカで飛躍した日本代表を是非見てみたいものです。

|

« ブログが政治を動かすアメリカ市民社会 12月14日(金) | トップページ | 防衛問題を矮小化するな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/9323003

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田監督には頑張って欲しい:

« ブログが政治を動かすアメリカ市民社会 12月14日(金) | トップページ | 防衛問題を矮小化するな! »