« 浦和は疲れ果てていましたね | トップページ | 防衛省の資材調達方法の全面見直しを »

2007年12月 4日 (火)

日本代表監督はストイコビッチ氏がいいのでは

 オシム監督が脳梗塞で重体の状態が続いています,未だに意識が回復せず集中と治療室を出ることが出来ません。
 世界のサッカー関係者が心配し、お見舞いに来たいと申し入れが多数あるそうです。日本サッカー協会は今更ながらにオシム氏の影響力の大きさに驚いていることでしょう。

 仮に意識が回復されても代表監督激務はむりでしょう。同じ脳梗塞でも長島茂雄さんもリハビリが1年近くかかり、監督業は退きましたし。そうなると後任監督はどうなるのでしょうか?

 外国人監督は無理だから、岡田元代表監督が代表監督になるようです。これですとサプライズはありません。守備力重視の手堅いサッカーでしょうか。面白みはないでしょう。でもアジア予選の必勝が大前提ですので、ある意味しかたがないのかもしれませんね。

 オシム監督の愛弟子であるストイコビッチ氏はどうなのでしょう。講習を受けJリーグの監督ができるようになりましたし。「カリスマ」という点では問題ありませんし。

 「切れる」ようですし、監督になってあの熱い姿を見てみたいと思いますね。

|

« 浦和は疲れ果てていましたね | トップページ | 防衛省の資材調達方法の全面見直しを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/9234226

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表監督はストイコビッチ氏がいいのでは:

« 浦和は疲れ果てていましたね | トップページ | 防衛省の資材調達方法の全面見直しを »