« 白バイースクールバス事故につき交通鑑定士の講演を聞こう! | トップページ | 消費者庁構想は良いと思う »

2008年1月11日 (金)

情けない「学研」中華覇権主義の圧力に屈す

 「学研」の地球儀の表記がおかしいそうです。中華民国であるのに「台湾島」と表記されているようです。学研側は中国で製品をこしらえているようで、中国政府の意向を無視できないと苦しい言い訳をしているようですが、事実上中国政府の覇権主義に屈服したようです。

                 
 学研地球儀、中国圧力に屈す…台湾を「台湾島」表記(ZANZAK)

“圧力地球儀”台湾が抗議へ…「台湾島」表記修正求め(ZANZAK)

 記事によれば、中国政府の意向であると説明文まで載せていますが、日本語表記のものであるのにいかがなものでしょうか。内政干渉であり、覇権主義に屈服したことにはかわりません。

 韓国も国際地理学会などに「日本海という表記をやめて、東海とすべきである。」と自国のエゴイズム丸出しの主張を繰り返す有様。

 学研は民間企業であるが「恥を知れ」と申し上げたい。屈辱的な地球儀を販売すべきではない。

|

« 白バイースクールバス事故につき交通鑑定士の講演を聞こう! | トップページ | 消費者庁構想は良いと思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/9809890

この記事へのトラックバック一覧です: 情けない「学研」中華覇権主義の圧力に屈す:

« 白バイースクールバス事故につき交通鑑定士の講演を聞こう! | トップページ | 消費者庁構想は良いと思う »