« 自民党に切り札はあるのか? | トップページ | がんばれ東洋町海の駅 »

2008年1月15日 (火)

相撲は朝青龍あってのもの

 「悪の横綱」である朝青龍が土俵に戻ったら大相撲も注目度が上がりました。このところマスコミは朝青龍を悪者にするキャンペーンばかりしてきましたし。彼は相撲に勝っても負けても主役です。

 内館牧子のオバサマは反朝青龍の先駆。細木数子のオバサマは朝青龍シンパ。おぞましい皆様の思惑も入り面白いこと。だいたい20歳代の若者の品格を要求するほうがおかしい。

 若貴兄弟も決して品格のある横綱ではありませんでした。朝青龍は大リーグでのイチローのような存在です。記録を塗り替えていますし。まして外国人ですのでたいしたもの。

 大相撲が盛り上がってなによりです。伝統は大事です。今日始まった新種格闘技とは歴史が違いますね。テレビがかりのスターは亀田で十分です。見たくもない。

|

« 自民党に切り札はあるのか? | トップページ | がんばれ東洋町海の駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/9883422

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲は朝青龍あってのもの:

» さすがヒールだね、朝青龍 [たなぼた]
大相撲初場所が盛り上がっている。 朝青龍が勝つのを期待する人も、負けるのを期待す [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 10時37分

« 自民党に切り札はあるのか? | トップページ | がんばれ東洋町海の駅 »