« アメリカは景気後退局面へ | トップページ | 24日は交通事故鑑定士の講演へ行こう »

2008年1月23日 (水)

全容がわからないサブプライム問題

 なんだかアメリカ経済全体が「偽装」の塊のような感じ。消費者と銀行の1対1の貸借関係なら、消費者が支払いが出来なければ差し押さえ担保権行使すれば良い問題。なんだかややこしい。

 その債務を債権化し、まぜくって販売し、健全債権化して世界に売りさばく。ミーとホープのまぜくり高級国内産和牛捏造とどこが違うのか。なんだかわからない。

 結局個人私産が借金も連れで、住宅を投資の対象にし、価格の上昇を前提に個人消費をしていたのにすぎない。その旺盛な借金漬けのアメリカ市民に車や雑貨を売りつけていた日本や中国の経済がおかしくなるのも道理。

 深刻な不況の前兆がきていますね。アメリカから投資ファンドが逃げて、石油屋穀物市場で買い占めているから物価が上昇しています。こうした経済テロの横行をG8政府は何故とりしまらないのか?おかしいと思いますね。

Gsnakamura_r (ガソリンの値上により広範な悪影響が出ています。)

|

« アメリカは景気後退局面へ | トップページ | 24日は交通事故鑑定士の講演へ行こう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/10019039

この記事へのトラックバック一覧です: 全容がわからないサブプライム問題:

« アメリカは景気後退局面へ | トップページ | 24日は交通事故鑑定士の講演へ行こう »