« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

なぜ今、三浦容疑者逮捕?

 27年前の「ロス疑惑」で有名であった三浦和義容疑者。日本では最高裁でも殺人容疑については無罪が確定。しかしアメリカではそうでもないようです。むこうは殺人罪には時効がないらしいし。

 今後の展開は興味深いものがあるが、なぜ今この時期にこの事件が出てきたのか?不思議である。偶然なのか?それとも作為があったのか?

 ワイドショーを賑わした人物だけにマスメディアの加熱報道は気になるところです。岩国や沖縄の問題で米軍に対する批判が高まっているのをそらすために「どうでも良い」事件を蒸し返したのではないのかとも思いますね。

 ではだれがそれを仕掛けたのか?その事件により「うやむや」になることで利益を得る人達が「真犯人」なのか。よくわからない騒ぎではありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月28日 (木)

米軍の治外法権を認めるな!

 日本国民は政府の格差拡大政策で生活にあえいでいると言うのに、日本に駐留するアメリカ軍関係者には1戸当たり7000万円で住宅が建設されると言う。いたせりつくせりの「思いやり」予算には呆れる。

 日本では自国民を格差社会にしてまで、アメリカ軍関係者に媚びへつらわないといけないようです。岩国では市民自治を破壊してまで米軍艦載機の受け入れを交付金をちらつかせて住民を深刻な分裂に追い込みました。

 米軍兵士が犯罪を犯しても基地内に逃げ込めばご安泰。いつも被害者は日本人。治外法権がある。不平等条約時代の明治初期のような状態。不良兵士は逮捕し、さらし者にしなければ犯罪は減少しない。

 日米地位協定を改正し、不良米軍兵士を日本で懲罰をあたえるようにしないといけい。

Henoko1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

食の安全はどうなる?

 アメリカのBSE問題と、中国の毒入り冷凍食品。どちらもコスト重視の金儲け主義の弊害。「安全はすべてに優先する」というタガが外れたようなもの。

 スーパーの特売で食品を購入するのはやめるべきでしょう。出来るだけ対面販売の個人商店で買い物をしましょう。それが体の安全になると思います。

 コストを極限まで追及すると命に関わる。そんな怖い時Shokunotokubai 代になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

やはり1軍効果

 沖縄キャンプから、阪神とオリックスの1軍が高知へやってきました。23日にオープン戦がありましたが安芸球場は物凄い人出だったそうです。スポーツ新聞各紙も1面には阪神関連記事が、安芸発で掲載されています。

 そういえば街でもタイガースのハッピを着込んだ県外からの人たちを大勢見ました。1軍キャンプの効果は確かに凄いものです。

 高知は沖縄と宮崎に美味しいところを奪われたままです。巻き返しを本気で県や市はやってほしい。そうでないと高知の観光など意気消沈ですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

快適都市とは?  2月29日(金

西村 今月の「けんちゃんのどこでもブログ」は、都市問題をテーマにコメントをさせていただきます。高知シティFMの戸田健史さんにもお話に加わっていただきます。

 この不況の中、多額の公共投資がJR線の連続立体交差、高知駅前再開発、高知市内3箇所での区画整理事業(弥衛門、北本町、潮江)で進行、また高知市は春野町と合併しました。

Shinborihakai (高知県土木部都市計画課高知駅前周辺整備事務所の無意味な道路工事で環境破壊が進展している新堀川)

 その反面、歴史的資源と環境が回復してきた浦戸湾最深部の新堀川を埋め立てて県が道路をこしらえ、高知市は追手前小学校を廃校にし、そこへ商業施設をこしらえるとか言っています。全く的外れな再開発計画なので、高知市の1市民であるけんちゃんがコメントします。

 今回のテーマは「快適都市とは?」でコメントしたします。

「快適都市」という言葉は、今から18年前に考案した言葉です。概念でしょうか。
「あるべきものがそこにある。」という英国の田園都市構想から来た言葉に「アメニティ」という言葉があります。日本語にしますと「快適」となります。

 「都市」というのは「社会サービスシステム」のことです。ありとあらゆる施設。デパート・スーパー。コンビに・学校、病院、駅、道路そういうものを社会サービスシステムと言います。それが集ったものを「都市」と言います。

 「快適」さと社会サービスシステムとしての「都市」をくっつけて「快適都市」という概念を考案いたしました。あるべき都市の姿。あるべき高知市の姿を想定しています。そのことを意識し「快適都市」についてコメントいたします。18年もまえのことです。

Kaitekitoshihon

戸田 普通に考えれば、当たり前のことですよね。では実際高知市の都市開発や都市計画が「快適都市」に向っているかと言いますと程遠いのではないのでしょうか?
 むしろ逆の方向に向いていっているではないかとも思いますね。

西村 「都市のあるべき姿」や「都市ビジョン」の議論なしに、公共事業をやたら始めるからめちゃくちゃになります。車が渋滞するから道路を建設する。踏み切りで渋滞するから鉄道は高架にしようとか。

 枝葉末節の議論ばかりしていて、肝心要の「高知市はどうあるべきか」「高知市とはどういう町なのか」という議論がされた形跡がありません。
 それは都市に住む「誰にとっても快適な都市」でなければなりません。その都市で生活し、仕事し、学び、遊ぶ。そのすべてが快適でなければならない。都市の姿はそうあるべきです。

 そうではなく、公共工事で道路を渋滞解消でこしらえると、排気ガスが蔓延し、皆がぎすぎすし、皆がいらいらしてしまう。そのことに多額の税金をかけてしていますね。それが高知市の都市再開発の姿ー実像ではないでしょうか。

戸田 それでは良いことは1つもありませんね。

Atago1_r (道路作りばかりすると郊外型店舗が繁栄し、地域の商店街は衰退します。)

西村 都市の中では閉ざされた商業空間(高知で言えばイオンモールなど)ではなく、そこだけが面白いというのはいかにも都市としては貧しいと思います。

 東京の六本木ヒルズや表参道ヒルズがあれだけ話題になるのは、裏返せばそれだけ公共空間(公園や道路、公共文化施設や商店街など)が貧しい証拠。

 お金を払ってTDL(東京ディスニーランド)へいくとか豊であるなんて全然思いません。

 市民の憩いの場である「公共空間」が快適でなければなりません。それが」快適でなければ快適都市ではありません。それは公園であり、道路であり、河川や里山です。だれでも無料で入れる公共的な場所ですね。

 そこが充実して初めて「快適都市」と言えます。

戸田 さきほど名前のでました六本木ヒルズや表参道ヒルズなどは大きな商業ビルは大変規模が大きく、1つの都市のように思われ、快適空間のように思いますね。
 それを地方で再現できるのかと言えばそれは無理ですね。
 高知市であれだけのビルを建て、あれだけの商業施設を集積することは無理ですし。履き違えないようにしませんと。

Ion2

(地方都市にあるのは低額所得者用のショッピング・モールが関の山でしょう)

西村 それは東京という国際都市であるから成り立っていますし、日本の富の82%が東京に1極集中しているので成り立つ商業空間ではあるのです。名古屋でも大阪でも成立は絶対にしませんし。高知市なんぞ絶対に無理な話しですね。

 地方であれば所得の低い私たちを対象とした郊外型の大型ショッピングモールがありますね。あれが地方の「レベル」なんですね。
 全国何処にもあるような画一的なプラスチックな空間で空調が効いていますね。外の空気を遮り、感じさせることが出来ない人工空間。
 
 まあ地方の田舎者はそこで我慢しなさい。そこでジャンキーフードでも食って時間つぶしをしなさいと言う事なんですね。

戸田 現実にそこで我慢して、満足したような気分になっているようですし。

西村 それはあるべき都市の姿ではないと私は思いますね。

戸田 快適とは言えませんね。

西村 都市計画には「マスタープラン」が必要です。聞き慣れない言葉ですが「マスター」というのは「下敷き」のことでしょう。「プラン」は計画ですね。都市の基本的な計画ですね。

 またそのマスタープランの作成には徹底した市民参加と各分野の専門家の参加が必要です。都市計画、建築・土木、医療、福祉、教育、スポーツ、レクレーション、経済、行政、安全、防災などです。、

「高知市はどういう都市になるべきか?」

「高知市の適正規模の人口は?」

「どこへ住んだらいいのか?」

「どこで働き、どこで学んでいればいいのか?」

 それらの人たちが情報公開された場所で議論し積み上げられて初めて都市計画ができます。その痕跡が全く見られませんし、高知県には存在していません。

 参考事例 高知広域都市計画マスタープラン検討委員会について

戸田 ここまでしている事例を知りませんね。1部に熱心な人たちはいるようですが。関心をもたない多くの市民は後で知らされるだけですね。それで全部が進みますね。あらゆるジャンルの人が出て来ないと、都市の運営はうまく行く筈はありません。

西村 快適都市づくりには徹底した情報公開と市民参加が不可欠です。市民県民の意見を正確に収拾し,集約する仕組みが不可欠です。地方議会がその機能を担うべきでしょう。
 高知市はどうあるべきか?どういう都市になるべきなのか?を議論し、無料で利用できる公共空間が快適かどうか?公園や道路が快適かどうか?楽しいかどうかが、快適都市の鍵であり条件であると思いますね。

 もっと議論し積み上げる工夫が必要であると思いますね。

Siminsanka5ehashigodan_thumb_3_thum

戸田 高知市の中心部だけでなく隅々まで、市民に話を聞いてそういう街が快適なのか。どうあるべきなのか。それを考えるべきでしょう。
 市内中心部だけの道路だけが良くなり、歩道の段差がなくなった。それでは高知市全体が快適都市になったとは言えませんね。

 そうならなかった地域は高知市ではないのか。そう思いたくもなります。

西村 あるべき高知の姿を今年は提案していこうと思います。いろんな切り口があると思います。18年前に「快適都市」を概念提唱しましたが、古びていなく今でも通用する概念であり、むしろより活用しなければならない時代であると思います。

 快適都市の概念が活用されていないので高知市の都市づくりはめちゃくちゃになってしまったといえるからです。

 高知女子大学を移転する。高知大学を朝倉から市内中心部へ持ってくる。追手前小学校を廃校にするとか。新堀小学校と統合するとか。その文教地区となる新堀川を埋め立て自動車道路をこしらえる。

 やっている中心街の再開発が,めちゃくちゃですね。そいだけ県も市も税金を中心街の道路整備に費やしてどうなっかかと言いますと中心街はますます寂れていくばかりです。

 スーパーもコンビにもなくなり過疎化するだけです。郊外(北部環状線沿い)はどんどんと発達しているようですが、車がないと用事が足せない。
 なんかひじょうに移動が困難で、苦痛であり、いびつな都市になります。

 こんなはずではないのにこんなおかしな都市になってしまった。

Niihama01_thumb (全国どの地方都市中心部は空洞化が進行しています。9

戸田 わたしは高知市の南部に住んでいます。市内中心部へ出てくるのはちょっとしたイベントなんですね。我が家には自家用車がありません。そうなると公共交通機関に乗らないといけません。

 尚更大変です。南から高知市中心部へ出てくる路線バス便が減る一方です。車ばかりの優先の都市政策ばかりしていますから、車を利用しない人間の声は反映されていません。

西村 ただガソリンが2年ぐらい前の倍に近いぐらいに上がりました。89円のものが157円ぐらいになりました。(少し下がって152円程度でしょうか)。 
 そうなりますと1ボックスカーで60リットル給油したら、152円として9120円になります。

 今までのように車で郊外の100円ショップへ買いに行くなど馬鹿げた消費行動はできなくなります。

Gsnakamura_r

 そうなりますと公共交通機関(鉄道・路面電車・路線バス)や自転車などの活用が必要ですし、同時に環境問題を真剣に考えるべきでしょう。

 化石燃料の車で郊外の量販店へ行きレジバックを辞退したから環境にやさしいといえるのか。そうではなく自転車でいくのならもっと環境にやさしいのではないか。

Rezifukuro (車で来店してレジ袋を辞退しても環境にやさしい人ではありません。)

 そういう根源的な議論を都市のいあるべき姿で議論をすべきでしょう。都市のあり方を考えますと環境問題も考えることになりからですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

食料の安全こそ国防の基本

 ミサイルや防衛システムだけが国防ではない。日本人の健康を守るために食生活がなにより大事。それをおろそかにしている民族は亡びる。

 安倍内閣時代ファシスト(実はアメリカネオコン追随主義者)達は、道徳教育や愛国教育の必要性を執拗に主張していました。しかし肝心の日本人の食生活には無関心だったようですね。

 声高に国防の必要性を主張し、そのために無理やり憲法を改正してアメリカ軍の手先になるような体制作りをめざしていた安倍内閣でしたが、「食育」や「食の安全」はなおざりのようでした。

 食料自給率を上げ、安全な食べ物は自国で生産する。電力エネルギーも地域で賄う。声高に国防を主張しながら、食料もエネルギーも外国に依存しきる体制を推進したのが新自由主義であり小泉ー安倍内閣でした。「格差社会」の拡大だけでなく、日本民族の尊厳に関わる冒涜行為をしていたのですから。

Madamano_3_thumb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

アメリカの食の安全もいい加減

 またもアメリカで歩行困難の牛を加工し、食肉加工市場に流通していたことが発覚しました。あれほどBSE問題で騒がれておるのに金儲け史上主義者が横行しているようです。

 中国の食品管理のでたらめさはともかく、一応「先進国」のアメリカもいい加減なもの。
食生活を中国やアメリカに依存するようでは日本民族の将来も危うい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

中国は五輪を返上せよ

 毒入りギョーザ事件は真相が未だにつかめない。慎重な捜査が必要なこの時期に中国のスポークスマンが「製造過程の混入はありえない。」と早々と記者発表。一方日本の捜査当局は袋内部から検査で農薬の不純物を発見。中国製と断定しました。

 なんだかSARSの時と似ていますね。早々に安全宣言を中国はしたものの、情報をかくしまくったためにかえって症状が広がりました。対照的にベトナムはWHOにすべての感染情報を公開、早めに手を打ち沈静させました。

 中国当局は根拠のない強がりをせず、きちんと情報公開し犯人探しをすべきでしょう。

 おりしもサッカー東アジア大会にて日本・韓国・北朝鮮・中国の4カ国が集合した東アジア選手権が開催されています。重慶での開催ですが、観戦マナーが悪く、国家斉唱の時もブーイングをする有様。

 こういう国民がいる国で五輪を開催するのは安全面でもスポーツマナーの面でも無理であると思います。今からでも中国は五輪を返上すべきです。自国を民主化し情報公開できる国になって出なおしすべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

モダンな北朝鮮のサッカー

 最貧国と言われている北朝鮮はサッカー選手の待遇は別格ではないのか。ユースも五輪世代もフル代表もなかなか強い。技量もあるし、モダンなサッカーだ。身体能力と負けん気はあるのであなどりがたい。

 悪質な反則もないし、フェアプレー。欧州で練習しているのであると思う。国以外にスポンサーがいて、殆ど国外で連取していると思う。海外経験は日本より豊富かもしれない。

 イラクもオスですね。戦火を逃れイラク代表選手はカタールのリーグでプレーしていますし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月19日 (火)

米軍基地も「暫定処置」にすぎない存在だ

Futennmatuiraku (米軍基地がある限り市街地への墜落事故。婦女子への暴行事件は絶えることはない。普天間基地周辺での米軍ヘリコプター墜落事故)

 岩国への米軍艦載機の移転問題で、岩国市民が真っ二つに成り、激しい市長選挙が行われました。僅差で移設を受け入れる候補者が勝ちました。まことに残念。吉田松陰の思想は亡びたようでまことに残念です。

 直後に沖縄米軍がまたも婦女暴行。「迷惑料」としての交付金で人間の尊厳を米軍に売り渡すことは民族の誇りの放棄になる。断じてありえないこと。

 今回の米軍再編はブッシュ政権の世界的な軍事再編の一貫でありネオコンの主導。しかし「テロとの戦い」が成果を上げず、無益なイラク戦争にかまけている間に米国経済が失速しました。

 おそらく民主・共和のどちらの候補者が次期米国大統領になりましてもブッシュ路線による米軍再編は見直されるのは必至。ではなんのため日本政府は急いだのか?日本国内の「ネオコン」勢力の焦りではないのかと思いますね。

 そもそも米軍の日本駐留も吉田内閣時代の「暫定処置」でありました。日本の自衛隊が国内の防衛のみに基地を使用するのであれば広大な米軍基地は必要ないはず。近隣諸国との関係改善に努め、必要最小限の軍事力で自国を防衛すれば基地問題は解決します。

 それには米軍の撤退、基地の撤去が必要です。跡地の再開発は経済発展になるでしょうし。米軍基地も「暫定処置」にすぎない存在だと思います。なぜ巨大な米軍が日本に居座り続け、基地周辺の市民に脅威を与え続けているのか?今一度問いかける必要性はありますね。

Skowazixyooyaku (サンフランシスコ講話条約から戦後日本は形成されました。その再検討が必要な時期になりました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

大相撲は再建できるのか?

 新弟子のリンチ殺人事件を起こした相撲部屋の事件は、大相撲の今後の存続の、問題も含んでいる。曖昧な大相撲協会の態度をとればそれはもうお終いであるということ。

 いつも言うのであるが朝青龍の横綱の品格問題などにすり替えないでほしい。1人の命が奪われたのですから。まじめに対応しないと大相撲は存在価値もなく、国技であることを返上すべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

鉄道。路面電車・バスの最大活用を  2月22日(金)

西村 今月の「けんちゃんのどこでもブログ」は、都市問題をテーマにコメントをさせていただきます。高知シティFMの戸田健史さんにもお話に加わっていただきます。

Yaemon (弥衛門区画整理事業)

 この不況の中、多額の公共投資がJR線の連続立体交差、高知駅前再開発、高知市内3箇所での区画整理事業(弥衛門、北本町、潮江)で進行しています。土地価格が下落するナカでの区画整理事業という珍しい事業です。
 また今年の1月に高知市は春野町と合併しました。

 その反面、歴史的資源と環境がようやく回復してきた浦戸湾最深部の新堀川を埋め立てて県が道路をこしらえ、高知市は追手前小学校を廃校にし、そこへ商業施設をこしらえるとか言っています。全く的外れな再開発計画なので、高知市の1市民であるけんちゃんがコメントします。

Shinborihakaoi01

 今回のテーマは「鉄道。路面電車・バスの最大活用を 」です。
 このテーマは昨年8月番組に登場していただきました筑波大学大学院生の野本靖さんが提唱してきたものです。

全世界的に自動車通行に肩入れし、幹線道路沿いに大規模な商業店舗を出来ると例外なく従来の都市の中心市街地は寂れ衰退します。結果「シャッター通りと」なり住民は大変不便な生活を強いられます。日本全国各地、全世界どこでもそうらしいですね。

戸田 どこでもそういう現象が出るのがわかっていながらそういうことをくりかえしているのですね。
 昔は高知市中心街商店街と言えば大変な賑わいでした。休みの日や普段の日はそこへよく出かけたものでした。
 ふと思ったのは商店街に住んでいる知り合いなどは。生活も裕福。休日にはゆったり優雅に旅行などという話は昔はよく聞きました。今はまったくそんな話は聞きませんので様変わりです。
 地元商店街はどんどん衰退しているというのが現状ですね。

Heitenm

西村 これだけ郊外型で自動車交通とリンクした大型量販店や専門店が張り付きますと土地代の高い中心市街地は当然同じ土俵では全く対抗できませんね。北部環状線沿いのイオンの周辺が商業集積になってしまいますね。

 自動車交通にとって不便極まりない高知市中心街商店街が衰退するのは当たり前ですね。中心商店街の人達が車での来店を想定している限りは未来永劫にイオンには勝てないでしょうし。

Ion1

 ですから「地方の公共交通の活用」と「土地利用計画」と「環境」、「福祉」ががリンクした都市再開発が必要でしょう。高知市は全く出来ていません。てんでんばらばらです。
 それでいろいろと野本靖さんに教えていただきましたのはブラシルのクルチバ市のような「身の丈」にあった都市計画が高知には必要です。。
 高知には都市計画は存在していません。あるのは道路整備計画だけです。だからむやみに自動車道路ばかりこしらえ、都市を衰退させているのです。

戸田 具体的にはクルチバ市はどういうことをしてういたのでしょうか?

Kuruchibahon1_r

西村  野本さんに借りた本「人間都市クルチバ」とか「都市の針治療」などを読みました。印象深かったのは路線バスの活用でしたね。
 いつ来るのかわからない。あてにならない路線バス。市長はすぐ対策を打ちました。自動車道路の一部をバス専用レーンにしました。それだけでなくバス停もバスの昇降口と段差がなくすぐに乗り降りできるように改造し、雨に濡れないようにドーム型の屋根もつけました。それで定時運行を確立しました。たとえ空車であろうが時間道理にバスを回して市民の信頼を勝ち取りました。

 シャトルバス状態にしたのです。乗降客が増加、車の通行量が減少し、よりバスは快適に走行できるように成りました。

 ブラジルで歩行者天国も最初に実施しました。最初は車での来客が減ると商店主が大反対しましたが、実施すると商店の売り上げが今までの3倍になりました。車に煩わされることなく散策ができるようになったから買い物がゆったりできるようになりました。

 他の商店がも「うちでもやってくれ」ということに成り、広がったそうです。それで中心市街地商店街が蘇りました。「ゆっくり歩いて散策できる商店街」になったがために商店街の売り上げが伸びたのですね。

 参考ブログ記事

  「都市の針治療」を読んで

 「人間都市クリチバ」を読んで

戸田 うまくいった図式のようですね。車にとって少し不便な都市にしたほうがかえって市中心部は繁栄するという実例ですね。
 車にとって便利な都市が繁栄すると考えがちですが、全然違っているということですね。
 車に乗っている人は大いにしろごく1部に過ぎません。車に乗れない人、公共交通機関を利用している人にも配慮した都市づくり、中心市街地づくりをしていけば、おのずと成功のパターンが見えてくるでしょう。結果地方都市でも活性化するということになります。

Shinbori12251_r (道路至上主義がまちを破壊しています。)

西村 クルチバ市の事例やその観点から見ますと高知市には「都市計画は存在していない。」となりますね。あるのは道路整備計画だけですね。
 やたら税金で自動車道路ばかりこしらえた都市は、郊外分散型の効率の悪い都市に成りやがては衰退するのです。

戸田 「車がないと不便な都市が高知市」だと昔から言われましたが、ここにきてよけいにそうなり不便きわまりない都市になりつつありますね。
 郡部はどんどんバス路線が減便されたり廃止されています。高知市内のバス路線も廃止や減便されていますし。自分で車がないと身動きできない都市になってきています。

Basu

西村 世界の都市を観察しましても、都市再生に成功した町はどこも自動車を上手にコントロールしています。市内中心街には車をなるべく入れない。トランジットモールにしています。そのかわり路面電車を無料(アメリカのポートランド市など)にしたりしています。ヨーロッパの都市などそうなっていますね。

 福祉の観点からも交通移動手段は研究すべきです。地方公共交通の最大活用すべきです。交通ろ福祉とのリンクも必要です。
 車万能社会では都市は再生できません。きちんと観点をかえれば高知市の再生は可能です。

Densya

戸田 そうであると思いますね。

西村 高知駅前の再活用は公共交通の面でも重要です。バスターミナルが通勤・通学客にも利便性があり、観光客にもわかりやすい機能をもてるのかが大事なポイントになります。

戸田 バスターミナルは今はないに等しいです。「わ駆りやすく。便利な」バスターミナルでないと意味はないですね。わかりやすくて乗りやすくて、便利なものをつくらないといけないです。

西村 環境問題に配慮するのであれば、高知市では自転車の活用も必要です。高知市の市街家畜であれば自転車で用事をすませることは可能です。市内は坂もなく道は平坦ですので活用は可能です。
 自転車と鉄道、路面電車、バスとのリンクも必要です。

戸田 この部分は全然できていませんね。マイカーとのリンクは意識されていますが。自転車というのはまだまだ意識されていませんし、リンクされていません。

 私は自転車通勤しています。仕事で廻るときにバスや路面電車で廻ろうとしますと自転車を安全に駐輪させるとこがありません。うかつなところへ駐輪しますと違反ですし、盗難の可能性もあります。自転車と公共交通機関のリンクも研究し、実施する課題ですね。

西村 以前番組に出演いただきました野本靖さんは、自分なりに研究してごめん・なはり線と後免町駅乗換えで土佐電鉄との乗り換え時刻表をこしらえました。これですと住んでいる知寄町からごめんまで路面電車で行き、後免町駅でごめん・なはり線に乗り換え夜須へ行くことができます。

 年末の夜須での忘年会はこのルートで往復は可能でした。当時そのことを思い浮かばなくて知りませんでした。ですので知寄町から路面電車ではりまた橋乗換えで高知駅へ。高知駅からごめん・なはり線で夜須へ行きました。

 時刻表でみると1回の乗り換え(ごめん終点ーごめん町駅)ですむので楽なんです。

 参考ブログ記事 

 高知から持続可能な交通を実現する(29) 「ごめん・なはり線と土佐電鉄の連絡時刻表

 

戸田 そうですね。距離的にも高知駅を経由するとロスになっているようですね。私は鉄道や路面電車が好きですから気付いていましたが、そのことに興味がなく知らない人は思いつきませんね。
 乗り継ぎのことも知らないと使えませんし。

西村 戸田さんのように鉄道マニアと言えば失礼かもしれませんが、鉄道に興味のある人なら簡単に発見できるいでしょう。普段のらない市民は気がつきませんし。

 それが出来るのであれば、野市方面、夜須方面であれば、ごめんまで土佐電鉄で行き、ごめん町えきからごめん。なはり線に乗り換えればいいのかというこになれば利用方法がありますね。JR高知駅経由とはまた別の方法ができますね。選択肢ができるからいいですよ。

 それを知らないから、電車ではりまや橋で乗り換え、高知駅まで行き、高知駅初のごめん・なはり線に乗車していましたし。

戸田 ごめん町駅はエレベーター施設もありますから高齢者や車椅子の人も短時間で乗換えが可能です。
 そういうことを知らないから利用者が少ないのですから。情報を事業者側も地方公共団体も広報すべきでしょう。

西村 乗り換え時刻表を周知徹底すればくろしお鉄道も、土佐電鉄も双方に利益が出ます。いきなり「直通運転」は無理でもまずは情報の直通運転からです。
 都会の地下鉄の乗り換えの乗り降りの苦労から言えばなんでもありませんし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

こじれないようにしてほしい

 中国で製造された「毒いれギョーザ事件」で中国当局の応対は注目。北京五輪が平和の祭典となるかおづか世界が注目しているからだ。

 そんな矢先中国の税関当局が日本人学校の教科書を「差し止め」という内政干渉行為を行っていたようです。

 中川昭一「引き下がるな」中国の地理書籍差し止め問題(ZAKZAK)

 この問題ファシスト政治家中川昭一氏あたりがでしゃばると問題がまともややこしくなる。中国も学研の地球儀問題と言い大人気ない。いい加減にしてほしいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

オバマ氏は民主党の代表になるのでは

 最初だけかと思いましたが、このところオバマ氏の勢いが止まらないようです。
 民主党の有力者であるケネディ、ケリー、ディーン、ゴアの民主党「4人組」がここへ来てオバマ氏を支持したことも追い風に。

 幅広い民主党内での支持を集めだしたようです。このまま本命のヒラリー氏を押し切ることができるのではないかと思われます。共和党はマケイン氏が指名が確実。民主党はまだまだ不確定要素はあるでしょうが・・。

 11月が大統領選挙の本戦。その前に民主・共和両党の党員集会が夏ごろにあり指名が確定します。アメリカでは大統領になるのはタフでないといけないということなのでしょう。

Wh1988 あるじはオバマしなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

どうなる世界経済

 ついにアメリカのバブルが崩壊しそうですね。先日のG7でも景気後退の話しばかりでしたし。いよいよアメリカ経済も大不況の予兆です。連動して中国の無理放題経済も破綻するのではないかと思いますね。今までがバブルでしたし。

 アメリカと中国の不安要素が拡大してきました。日本はどうなるのか。足元を見るべきです。アメリカに追随しないことです。日本はものづくり大国です。また国民は教育水準が高く勤勉です。小泉ー安倍内閣の誤まった政策で格差社会になったので危うくはなりましたが・・。

 足元から再建すれば可能です。あわてず対処すれば良いと思いますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

大相撲業界は再発防止にまじめにやれ

 新弟子のリンチ殺人事件は大相撲業界全体の問題。怒りをこらえ淡々と取材に応じている殺害された力士の父親を見るのは辛い。怒りを押し殺して淡々と述べられています。

 この間大相撲関係者やマスコミは何をしていたのか?どうでも良い朝青龍問題を執拗に取り上げ、出汁にし、挙句の果てには本まで出し金儲けに走る横綱審議会委員までいましたね。実に「品性」のない行動ですね。朝青龍を非難する資格等ありませんね。彼は低迷する大相撲業界の立役者ですし。

 それこそ「ああ播磨灘」のように強くなって欲しいと思いますね。

 そんなことよりも大相撲業界の体質です。今の大相撲業界の体質では安心して親は子供を新弟子として部屋に預けることはできません。今後日本人の新弟子は激減するでしょう。そのあたりの危機感が稀薄です。横綱審議会はトップの横綱の品性を問題にするだけの役目だそうですが、大相撲業界全体を精査し、調査し、改革を提言しないと無意味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

声を出せオリックスの2軍選手

 野球については門外漢。よくわからないけれども高校時代などサッカーをしていて隣は野球部の連中が練習していることが多かった。とにかく声を張り上げやかましいこと。監督の指導なのでしょうか。

 試合を見に行っても同じ。励ましの野次や、相手チームを罵倒する野次が野球部はつきもの。そう思っておりました。

Ori1_r  高知市東部球場ではオリックスの2軍選手が練習をしていました。声が小さく、なんかきびきびしていない。身体能力や技量に優れているのでプロになっているのに覇気が伝わらない。それは選手が声を出していないからだろう。

 野球は1軍選手だけでやるのではない。バックする予備役の2軍選手の台頭があってこそチームは強くなる筈。ですので声を張り上げ練習して欲しいものだ。

Ori3_r Ori2_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

新堀川を埋め立て道路にしてはならない  2月15日(金)

Tetudoukoiukajr

西村 今月の「けんちゃんのどこでもブログ」は、都市問題をテーマにコメントをさせていただきます。高知シティFMの戸田健史さんにもお話に加わっていただきます。

 この不況の中、多額の公共投資がJR線の連続立体交差、高知駅前再開発、高知市内3箇所での区画整理事業(弥衛門、北本町、潮江)で進行、また高知市は春野町と合併しました。

Yaemon_2 (遊水地帯を埋め立て市街かは進展中。土地価格が下がる中での区画整理事業は大変)

 その反面、歴史的資源と環境が回復してきた浦戸湾最深部の新堀川を埋め立てて県が道路をこしらえ、高知市は追手前小学校を廃校にし、そこへ商業施設をこしらえるとか言っています。全く的外れな再開発計画なので、高知市の1市民であるけんちゃんがコメントします。

 今回のテーマは「新堀川を埋め立て道路にしてはならない。」です。

高知駅前再開発の一環と称して高知県土木部都市計画課高知駅前周辺整備事務所が県道一宮(いっく)-はりまや町線の道路工事のため新堀川を破壊し道路をこしらえています。公費は110億円とされています。全く無意味な工事です。

戸田 車のことしか考えていない典型的な例であると思います。高知駅前再開発の一環なんですね。しかし駅であれば鉄道など公共交通機関の考えなければいけないのに、なにか車のことばかりが優先されていると。

 結局それで駅前再開発したとしても、皆目的地に車で行くものですから、鉄道のほうもかえって廃れてしまうのではないでしょうか。そういう図式が見えてしまうようですね。なんとも矛盾しているようですね・・。

Ootemae2_r

西村 矛盾もなにも、県が公共性を強く主張している「県道一宮ーはりまや町」道路の自動車交通量予測のデータも10年前のデータです。これだけ逼迫しているから道路をこしらえなければならないとから必要なんだとの主張。

 10年前にはイオンもなかったし、北部環状線沿いの専門量販店もありませんでした。とでん西武もありましたし、映画館も高知市中心街にありました。商店街の通行人の数がかつては5万人だったものが、今は1・5万人に減少しておりますし。
 激減していますので、全く無駄な公共投資による道路と言えますね。

戸田 ましては高知市内の道路で「車が多くて常時渋滞していて困る。」 という話は最近は聞きませんよね。特に整備しようとしている新堀川周辺で渋滞で困っている話も聞いたことはありません。

Shinbori12251_r_2 (新堀川は道路工事で破壊されています。)

西村 全くナンセンスな話です。新堀川の貴重な歴史的資源を破壊して、110億円という税金を費やし、財源の豊かでない高知県が事業を進めているのは本当に愚かなことであると思います。

 今度韓国大統領になった李明博氏(イミョンパク)は、ソウル市長時代に幹線道路と高速道路を引き剥がし、ソウル市中心部に王朝時代の河川であるチョンゲチョンを復元させました。その周辺は市民の憩いの場となり、観光地になりました。
 だれもが「ようやらんろう」と思っておりましたが、李明博氏は400億円の拒否をかけてそれをやり遂げてしまいました。

 チョンゲチョン(清渓川)の周辺はソウル市民の憩いの場となり、同時に国際的な観光地に成りました。その成功事例もあり今回の大統領選挙では李明博氏(イミョンパク)はソウル市民の圧倒的な支持を得て当選したのです。

 高知県庁はそのことを見習うべきでした。

(参考)
 
 ソウルの親水空間「清渓川復元事業」と新堀川

 ソウルの親水空間清渓川復元事業の影響は?

Fukugennmae1_2 Fukugengo2_2
戸田 「清渓川復元事業」については以前下司孝之さんのゲストの時にも取り上げました。実に見事なことでした。世界的にも注目されています。環境面でも見習うところは多いですね。

西村 「清渓川復元事業」も事例です。都市の潤いは昔からうよく言われていますが、ウォーターフロント(水際)です。またそれは都市中心部のすぐ近くになければなりません。高知市では新堀川がまさにそうでした。それを無残にもつぶしています。道路をこしらえても環境破壊ですし、観光の振興には全くなりません。

 大阪の道頓堀やパリのセーヌ川も川とともに街が発展してきた例です。
 セーヌ川を潰して道路にすることはしない筈です。そう考えることを高知市長も高知県知事も議会も考えが及ばないことはとても残念です。愚かなことです。

戸田 せっかくの「目玉」になるものをつぶして、ただ道路になるだけのものをこしらえるというのは、もったいないことですね。公費でそれをしていることももったいない。「もったいない」その一言につきます。

Tosabashi_r

西村 理想を言えば、土佐堀も掘り返し、はりまや橋を川にかかる橋にし、大丸前まで川にすることです。わたしの子供の頃は大丸まで川がありました。

 ところが高知市はその土佐堀を埋め立て、鉄骨作りで観光バスの駐車場をこしられています。完全に掘り返すことをしないということを高知市長は宣言したことになりますね。

 観光バスの拠点にすると言いますが、がっかり名所のはりまや橋。歴史的資源のある新堀川も埋めてします。なにを見せるのかが不明ですね。

 むしろ土佐堀を掘り返して、そこから桂浜方面への巡航船が往来するようになれば理想です。そういうことでもすれば観光にはなるでしょうが、バスの駐車場をこしあれてなにが観光なのでしょうか?

 シャッターの閉まっている商店街を見せるのでしょうか。

Niihama01_thumb (全国どこの市街地商店街もシャッター通りに)

戸田 はりまや橋も現在では魅力がありませんし。

西村 がっかり名所ですね。高知の恥を全国発信しているようなもんですね。 現在の新堀川の道路工事は規模を縮小。道路も途中から2車線にする。周辺環境に配慮したコミュニティ道路にすべきでしょう。

 水辺の潤い。歴史的な資源の活用、環境への配慮など活用自在でしょう。観光資源にもなります。新堀川の歴史資源の階段護岸なども活用できるでしょう。
 そういう前向きな設計変更を何故しないのか。県庁の姿勢は「怠慢」としか言いようがありません。「思考力が低下」しています。低下どころか停止していますね。
 こんな無意味な破壊活動にどうして「税金を費やすのか」私は申し上げたい。

戸田 環境に配慮することが今の時代は言われています。なのに10年前、20年前の基準にしがみついている。もっとやりかたがあると思いますね。
 ただの「時代遅れの場所」に新堀川の道路はなりかねませんね。

Nwsts (ニューヨーク市のサウスストリート・シーポートミュージアム。ウォール街とピア17を繋ぐ街路全体が歴史博物館になっているようです。)

西村 新堀川全体を屋根のない「新堀川ミュージアム」「博物館」にすることです。博 物館や記念館を箱物のなかに閉じ込めるのではなく、街全体をそのようにすることが大切ですね。

 既に愛媛県松山市が実行しようとしています。「坂の上の雲まちづくり」を中村市長が提唱し実行しています。実際に松山市全体をミュージアムにするんだとの意気込み。

 事実歴史的資源は分散しています。正岡子規の資源、秋山兄弟のゆかりの歴史的資源。ロシアの捕虜の痕跡などなどを。それをあつめて博物館に「閉じ込める」のではなく、それぞれを観光客や市民が探索していただいて路面電車で巡回していただくとか。バスで巡回してもらうとか。そういうしくみづくりにトライしているようです。

 長崎市も「さるき方」でしたか「ぶらぶら歩き」でしたがヒットしましたね。それを企画したのが、今の長崎市長です。
 そういう高知の「今あるもの」「あるべきもの」を大事にすれば観光に生かせます。そういう事例は既にあるのです。

そうすることで初めて土佐堀を埋めた観光バス駐車場が活用されるでしょうし。

戸田 あるはずですね。

西村 市民のひそかな楽しみでした紙の門松の配布(75万円程度)を廃止するのに、このような無駄な公共投資を行っている。高知市政も県政もおかしいのではないかと思いますね。

 ソウルの親水空間「清渓川復元事業」と新堀川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

日本サッカーの課題

 ワールドカップアジア3次予選の日本VSタイ戦はスコアは4対1での快勝。しかし前半だけ見れば1対1。アウエーゴール(アウエーのゴールをホームのゴールの倍とするルール)にすれば、1対2で敗れている計算。

 クラブ・ワールドカップ予選はそういう得点形式になっていて、FIFA(国際サッカー連盟)の公式試合で認定されていますし。今のワールドカップの各大陸予選の得点方式だってその方式に変更になる可能性があります。

 そうなると6日の日本VSタイのスコアは、4対2となります。得失点差の計算にも影響が出ます。ですのでホームでの試合での失点は致命傷になると思います。

 攻撃の決定力不足は今に始まったわけではありません。気になるのは守備の穴ですね。鈴木の1ボランチではなく2ボランチにすべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

中東のスポーツの入れ込みは異常。

 ハンドボールで[中東の笛」が注目され、オリンピックのアジア予選が日本でやり直され、男女とも韓国に敗れる展開がありました。ハンドボールだけではありません。中東はサッカーにも力を入れていますね。

 豊富なオイルマネーを財源に惜しげもなく資金をサッカーにつぎ込んでいます。ヨーロッパや南米で活躍する選手を帰化させたり、指導力のある欧州のサッカー指導者を監督やコーチにヘッドハントしたりやることが豪快。

 かつてはゴール前に引いてが知がちに守り、カウンター攻撃の1パターンでしたが、最近の中東勢のサッカーは違います。欧州型のモダンなサッカーになっています。身体能力のあるアフリカ系の選手が、欧州型の技量を取得、南米選手が帰化している中東の代表チームに勝つのは容易ではないからです。

 予選で対戦するオマーンやバーレーンは難物ですね。オリンピックの誘致も本気でしていますし。

 タレントの神田うのですか、ドバイがどこぞにリッチな新婚旅行。砂漠に豪華なリゾート地になっているようですね。驚きました。大金持ちなのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

清原だけとは寂しい高知2軍キャンプ

 沖縄や宮崎の華々しいプロ野球のキャンプ地情報ですが、2軍のキャンプ地の高知は寂しい。かつては松坂大輔選手や松中選手や新庄選手らが高知キャンプへ来ていたのは、今は昔の話し。

 清原選手が唯一つの全国的な話題ですね。

 清原 王さんとの誤解とけました!!(デイリースポーツ)

 寂しいですね。かつての賑わいを知っているだけに寒さが身にしみますね。知事も市長も真剣に巻き返しを政治生命をかけてやるべきでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

オバマ氏は大統領になれるのか?

  2月の州単位の党員大会での支持の有無で大統領候補が選定されるようですね。民主党はヒラリー氏とオバマ氏の一騎打ちが連続していますね。

 全く選挙権もなく関係のない話ですが福井県小浜市が「オバマさんを応援したい」とかまじめに言っておるとか。便乗やあやかりでも国際的なスケールではないでしょうか。

 選挙権ないのに…福井県小浜市がオバマ支持のナゼ (ZAKZAK)

 確かに「オバマ」と打てば「小浜」と変換されますからね。冗談みたいな話ですがとことん便乗しておればいいいですね。ついでに本当に招待してあげればいいと思いますね。

 オバマ氏の先祖が出ているというケニアなんかも便乗して曲までこしらえているようですし。こちらは国際的な便乗組。大変な騒ぎになっているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

タイ戦はきちんと快勝しないと

 水曜日はW杯3次予選のタイ戦。ホームでの対戦ですが難しい試合になるでしょう。引いて守られ、引き分け狙いで来られたら決定力のない日本は苦戦は必死。引き分けにでもなれば、「負けに等しい」ので、大事ですね。

 勝って当然の試合に勝つのは実はとても難しい。どうなるのか。FWがもっと活性化してほしい。若くて勢いのあるメッシ(アルゼンチン)やC・ロナウド(ポルトガル)など世界にはおります。

 そういう人材が台頭しないと「世界を驚かす」サッカーは永遠にできません。シーズン前で体の調整が出来ていない時期。高原などは切れがありませんし。もたもたじて0対0で引き分ける可能性もあります。

 水曜日5日の試合は注目ですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寂しい野球キャンプ便り

 沖縄や宮崎からは春のプロ野球キャンプの話題がどんどん情報発信されています。新人の中田が練習で特大アーチを量産しただの、佐藤が早くも剛球を投げたとか。例年スポーツ紙は「煽る」誇大広告気味の記事のオンパレード。

 007ビビらせた!燕・由規の剛球に敵偵察隊が“お墨付き”(サンスポ)

 ドッカ~ン!日本ハム・中田が砂浜襲う140メートル怪物弾(サンスポ)

 スポーツ紙、テレビ局が大挙して沖縄や宮崎へ押しかけ情報を発信しています。ひるがえって高知はどうか。阪神とオリックスの2軍のキャンプでは報道はほとんどなし。
 リハビリ中の大物清原がコメントしているだけ。寂しいもの。

 阪神、西武、ダイエー(現ソフトバンク)の1軍がキャンプを張っていたことがウソのような静けさ。南国土佐観光開きも2月1日ひっそりと開幕したが、寒空に寒いこと。

 巻き返しを真剣に考えるべきでしょう。3万人収容の夜間照明付き球技場をこしらえるぐらいのことをすべきでしょうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

高知駅前再開発の展望は?  2月8日(金曜)

西村 今月の「けんちゃんのどこでもブログ」は、都市問題をテーマにコメントをさせていただきます。高知シティFMの戸田健史さんにもお話に加わっていただきます。

 この不況の中、多額の公共投資がJR線の連続立体交差、高知駅前再開発、高知市内3箇所での区画整理事業(弥衛門、北本町、潮江)で進行、また高知市は春野町と合併しました。

Yaemon (弥衛門地区)

 その反面、歴史的資源と環境が回復してきた浦戸湾最深部の新堀川を埋め立てて県が道路をこしらえ、高知市は追手前小学校を廃校にし、そこへ商業施設をこしらえるとか言っています。全く的外れな再開発計画なので、高知市の1市民であるけんちゃんがコメントします。

 今回のテーマは「高知駅前再開発の展望は?」です。

10年がかりで工事が行われていましたJR土讃線の連続立体交差事業ですが3月に完成します。完成後は高知市中心部の布師田から入明までは踏切がなくなり、自動車交通がスムーズになるという説明を県側がしています。
 自動車交通さえ便利になれば全てが解決すると高知県庁は思い込んでいます。連続立体交差で利益を得るのは北部環状線沿いにある大型量販店や専門店だけです。愛宕商店街などは通路になりより寂れるのではないでしょうか?

戸田 今でさえ北部環状線沿線は異様な発達と賑わいがあります。車で行かれる人はそこで人とおりの買い物をして戻るという図式が出来ました。そして商店街は来るまで通過するだけの通路になりました。結果シャッターが降りている商店ばかりになりました。

 車で直通できなかったところがスムーズにいけるようになれば、よりその現象が進みますね。

Atago_r (愛宕商店街)

西村 500億円かけた公共投資で北部環状線沿いにある大型量販店や専門店だけが利益がでる連続立体交差と道路をこしらえたのか?そのためなのか?とうがった見方をしてしましますね。

 行政側は「そういうつもりはない」と言い張りますが、結果的にそうなってしまうのは明白ですね。

戸田 駅というか鉄道にとっも良い結果は生みそうにもありませんね。

西村 そうだと思いますね。

 マイナス面ばかり指摘しました。ではプラスの面の検証も必要です。JR高知駅北側の高知市所有地(昔市営住宅がありました)が一部が国の合同庁舎(税務署や法務局、財務局などが入居予定)になり共同ビルが建ちます。

 長距離バスや路線バスのバスターミナルになります。こちらは少しまちづくりの期待があると思います。
 特にバスターミナルのこしらえ方や他の交通機関との接続が大事です。

Kochiemimaebasut (高知駅北側にできるバスターミナル)

戸田 現在高知市内にはバスターミナルは存在しないに等しいです。高知駅にあるのは高速バスの停留場ですし。それも決してわかりやすいとは言えないですね。
 市街地を走る路線バスも高知駅で走れば随分苦労しないと駄目ですね。

 どこへいくのに、どのバスに乗ればいいのか。よく私もはりまや橋付近で県外の観光客に「桂浜へ行くにはどこで、どのバスに乗ればいいのでしょう?」と聞かれることがあります。

 即答できませんし、案内板を見てもちっともわからないのです。わかりやすさ、便利さ。きっぷの買いやすさ。このへんでしょうか。絶対的なポイントに成りますね。そうでねければバスターミナルとは言えないでしょう。

西村  鉄道や路面電車、バスなどの地方の公共交通機関の利用促進策や、プランが高知駅前再開発では見えて来ません。バスもどう乗り換えていいのかわからない。ビジターの観光客なら尚更です。
 桂浜から戻ってきて五台山へ行くのはどう行くのか。どこでわかるのか。インターネットで検索できるようになっているのか。それすら難しいそうなんですね。

 自動車交通の利便性だけで鉄道を高架にしたところで都市は発展しません。
 四国の先行事例では10年以上前から香川県丸亀市や愛媛県今治市があります。鉄道高架になっています。しかし両市とも駅前は寂れています。無残なものです。高知市も現状ではそうなるでしょう。県と市に任せておれば酷い結果は目に見えています。
 丸亀駅前など駅前に日本を代表する現在美術の巨匠の猪熊源一郎美術館があります。しかし駅前商店街は殆ど締まっています。ある時駅前に宿泊したものの開いている飲食店をみつけられず、やむなくコンビニで弁当を購入したこともありますたし。

Kochistb (高知駅ビルは3月に完成します。)

戸田  宇田津のあたりも鉄道高架になっていますが、広大な空き地が広がっています。

西村 瀬戸大橋の完成を見込んで行政側が流通団地の形成をもくろみましたが、企業側は対岸の岡山に流通基地をこしらえ四国からむしろ撤退しました。コンビにも弁当も岡山から来ますね。
 トラックは対岸から。営業マンはマリンラーナーで来て車を四国に置いて四国を巡回するスタイルになりましたし。行政側のもくろみが外れた現実の事例ですね。瀬戸大橋が出来て今年で20年目ですが広大な空き地はそのままなのですね。6車線の道路が虚しい。きちんとそのあたりを押さえて都市づくりと公共投資しないと亡びてしまう実例ですね。

戸田 列車から眺めてなんでだろうと思っていました。

西村 都市再生と地方の公共交通機関とのリンクが都市計画でなされていません。高知市の場合は。ですので自動車の利便性を無批判に行政側(県。高知市)が信仰した結果、歴史の資源の宝庫の新堀川を高知駅前再開発の一部と称して道路にして破壊し埋め立てたりはしない筈ですね。

 歴史を勉強すればあんな無謀なことはできません。またせっかく生コン事件以来浦戸湾の水質が回復してきた野に、巨額の税金で埋めて道路にする。出来ない筈ですね。普通は。完全に県も高知市も狂っているとしか思えません。

Shinborihakai (高知県土木部都市計画課高知駅前周辺整備事務所による道路工事で、新堀川の歴史的資源とビオトープが毎日破壊されています。)

戸田 いわゆる都市の運営と公共交通機関とのリンク。高知市ではまるでできていないような印象があります。
 電車、バス、鉄道を運営しているのは民間会社で難しいところはありますが、行政は確かに補助金を出していますので、有効な活用がのぞまれますね。お金出して終わりのようなところが見受けられますね。中途半端になり車ばかり増えるようになりますね。

西村 異なる観点から言いますと、高知駅前にあったら良い施設としては2000人収容のホールです。交通の接接点(鉄道、路面電車、バス)ですのであれば理想的ですね。全国の県庁所在地で2000人ホールと球技場で夜間照明施設がないのは高知市だけでしょう。恥ずかしいかぎりです。
 交通の結節点である高知駅前。バスでも路面電車でも、JRでも来れる。ここへ集客装置であるコンサートホールがあるのは理想ですね。

Ftosa18 (ロック音楽は集客力があります。)

戸田 公共交通機関で行くのは理想です。実例では高知市はらみにあるベイ。スクウェアというホールがあります。あそこはスタンディングで1000人程度は入れるそうです。

 駐車場がないので、電車で皆行きますね。大物アーティトの時は、土佐電鉄の桟橋線は満杯ですね。これで高知駅にホールができれば南北の核ですから街中もそうなると栄えますね。

西村 高知駅前にまだ敷地に余裕があってスーパー作るだの商業施設だとかわいわいやってはいます。以前は大学と図書館の複合施設の計画もありましたし。わけのわからん構想がありました。それなら2000人ホールが遥かに経済波及効果がありますね。

戸田 そうだと思います。

西村 観光に力を入れるのであれば、そこへ行けば高知の全てがわかる。という案内センターを駅前にこしらえるべきでしょう。

戸田 バスターミナルともからみますね。観光ガイドは必要ですね。

西村 高知駅前はへそですので、県民がわくわくするようなプランで再構築する必要性がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

年金照合に外国人勤労者が・・

 社会保険庁は年金の照合にアルバイトで「日本語が出来る」外国人を大量に雇用していたそうです。それでよけいに照合が難しくなったとのことでした。

 転記作業で派遣の中国人ら大量ミス(毎日新聞)

 今の日本人一般も日本語力が衰えているといわれています。まして草書体などで書かれた姓名は解読不明でしょう。例によって人材派遣会社から来たようですし、少し軽率ですね社会保険庁は。

 これほど年金問題を軽視する政府も珍しい。国民生活への冒涜。金持ち優遇政府なんていりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

自主防災会の備品倉庫が完成

 Futaba24_r

青柳公園南西角に先週二葉町自主防災会の備品倉庫が完成しました。防災用の備品や、炊き出し用の備品を在庫するための倉庫です。

 ホームセンターで購入し,先週に何人かで組み立てしました。購入した日から数日雨模様でしたが当日は雨が上がり組み立てました。

 結構時間がかかりました。半日がかりです。その日仕事が余裕がありましたので、私も手伝いました。

 後は少量の備品倉庫を町内に3箇所構えることです。少しずつ防災の体制が出来つつあります。

Futaba20_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »