« 清原だけとは寂しい高知2軍キャンプ | トップページ | 日本サッカーの課題 »

2008年2月 8日 (金)

中東のスポーツの入れ込みは異常。

 ハンドボールで[中東の笛」が注目され、オリンピックのアジア予選が日本でやり直され、男女とも韓国に敗れる展開がありました。ハンドボールだけではありません。中東はサッカーにも力を入れていますね。

 豊富なオイルマネーを財源に惜しげもなく資金をサッカーにつぎ込んでいます。ヨーロッパや南米で活躍する選手を帰化させたり、指導力のある欧州のサッカー指導者を監督やコーチにヘッドハントしたりやることが豪快。

 かつてはゴール前に引いてが知がちに守り、カウンター攻撃の1パターンでしたが、最近の中東勢のサッカーは違います。欧州型のモダンなサッカーになっています。身体能力のあるアフリカ系の選手が、欧州型の技量を取得、南米選手が帰化している中東の代表チームに勝つのは容易ではないからです。

 予選で対戦するオマーンやバーレーンは難物ですね。オリンピックの誘致も本気でしていますし。

 タレントの神田うのですか、ドバイがどこぞにリッチな新婚旅行。砂漠に豪華なリゾート地になっているようですね。驚きました。大金持ちなのですね。

|

« 清原だけとは寂しい高知2軍キャンプ | トップページ | 日本サッカーの課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/10310602

この記事へのトラックバック一覧です: 中東のスポーツの入れ込みは異常。:

« 清原だけとは寂しい高知2軍キャンプ | トップページ | 日本サッカーの課題 »