« モダンな北朝鮮のサッカー | トップページ | アメリカの食の安全もいい加減 »

2008年2月21日 (木)

中国は五輪を返上せよ

 毒入りギョーザ事件は真相が未だにつかめない。慎重な捜査が必要なこの時期に中国のスポークスマンが「製造過程の混入はありえない。」と早々と記者発表。一方日本の捜査当局は袋内部から検査で農薬の不純物を発見。中国製と断定しました。

 なんだかSARSの時と似ていますね。早々に安全宣言を中国はしたものの、情報をかくしまくったためにかえって症状が広がりました。対照的にベトナムはWHOにすべての感染情報を公開、早めに手を打ち沈静させました。

 中国当局は根拠のない強がりをせず、きちんと情報公開し犯人探しをすべきでしょう。

 おりしもサッカー東アジア大会にて日本・韓国・北朝鮮・中国の4カ国が集合した東アジア選手権が開催されています。重慶での開催ですが、観戦マナーが悪く、国家斉唱の時もブーイングをする有様。

 こういう国民がいる国で五輪を開催するのは安全面でもスポーツマナーの面でも無理であると思います。今からでも中国は五輪を返上すべきです。自国を民主化し情報公開できる国になって出なおしすべきです。

|

« モダンな北朝鮮のサッカー | トップページ | アメリカの食の安全もいい加減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/10620258

この記事へのトラックバック一覧です: 中国は五輪を返上せよ:

« モダンな北朝鮮のサッカー | トップページ | アメリカの食の安全もいい加減 »