« 中東のスポーツの入れ込みは異常。 | トップページ | 新堀川を埋め立て道路にしてはならない  2月15日(金) »

2008年2月 9日 (土)

日本サッカーの課題

 ワールドカップアジア3次予選の日本VSタイ戦はスコアは4対1での快勝。しかし前半だけ見れば1対1。アウエーゴール(アウエーのゴールをホームのゴールの倍とするルール)にすれば、1対2で敗れている計算。

 クラブ・ワールドカップ予選はそういう得点形式になっていて、FIFA(国際サッカー連盟)の公式試合で認定されていますし。今のワールドカップの各大陸予選の得点方式だってその方式に変更になる可能性があります。

 そうなると6日の日本VSタイのスコアは、4対2となります。得失点差の計算にも影響が出ます。ですのでホームでの試合での失点は致命傷になると思います。

 攻撃の決定力不足は今に始まったわけではありません。気になるのは守備の穴ですね。鈴木の1ボランチではなく2ボランチにすべきでしょう。

|

« 中東のスポーツの入れ込みは異常。 | トップページ | 新堀川を埋め立て道路にしてはならない  2月15日(金) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/10337446

この記事へのトラックバック一覧です: 日本サッカーの課題:

« 中東のスポーツの入れ込みは異常。 | トップページ | 新堀川を埋め立て道路にしてはならない  2月15日(金) »