« チベット人民の怒りは継続する | トップページ | 北京五輪は中止すべきである »

2008年3月25日 (火)

簡単にいかないガソリン値下げ

Gsnakamura_r  どうやらガソリン暫定税は廃止になるようですね。ところがどっこい「25円下がるからえいろう!」と喜べないようです。それはガソリン税が小売段階での課税ではなく、元売メーカーからの課税ですから。

 スタンドの人に聞きました。

「元売は在庫がありますね。それには暫定税がかかっています。4月1日からすぐに下げられるものではないです。それがなくならないと下げられません。」

「4月1日~下がるのなら、なんかの連絡が元売からあるはずです。それがないです。税率がかわれば給油機横に納品書発行のシステムがあります。なにもシステム変更の支持はありません。今この時期にないということはないのでは?」とのこと。

 「ガソリンは4つの税がかかっています。軽油は2つだけ。重油は消費税だけです。それだけでもスタンドは大変です。値上の問題だけでなく、この問題があるから大変ですわ。」とのこと。

 簡単にはいかないことがよくわかりました。

|

« チベット人民の怒りは継続する | トップページ | 北京五輪は中止すべきである »

コメント

はじめまして、最近ブログはじめたばかりの たっく と申します。

ガソリン税については、情報番組等が税の仕組み、値下げのタイミングなどわかりやすく説明しなんとか4月パニックを避けようとしていますが、原因を作った与野党の方々はお互いの主張を言うだけ言って混乱必至となったところで「混乱回避の対策を考えよう」なんて馬鹿げた言動が出てくる始末でもはや呆れてしまいます。

とは言っても現実問題一部「4月1日からガソリンは安くなる!」と思い込んでいる方がいらっしゃるのも事実であり、スタンド側でもそうしたことに配慮し赤字覚悟で強行値下げに踏み切るところもあるようですが、逆に資金面で体力のないスタンドはそうもいかず下手したら倒産するかもというところもあるようですね。

なにより一番怖いのは利用者の勝手な思い込みで「ガソリンが安くなっていないじゃないか!」とスタンド店員に苦情を言うなど変なところでトラブルが起きるんじゃないかと懸念しています。

買い控えしている方もいるとは思いますが、皆さんには冷静な対応をお願いしたいです。

投稿: たっく | 2008年3月27日 (木) 10時55分

税金も物価も何もかにも上がり、給与は据え置きですのでガソリンが下がることは地方の人間には良いこと。

 スタンドは大変。先行して「値下げ」する店もあるでしょうし。

投稿: けんちゃん | 2008年3月27日 (木) 10時52分

利用者は混乱しないが、ガソリンスタンドは混乱するようだ。民主党のガソリン値下げ隊などというのは、混乱をもたらす無責任な隊であった。赤字になるガソリンスタンドも出てくるだろう。

投稿: ガソリンスタンドの混乱 | 2008年3月27日 (木) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/11742279

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単にいかないガソリン値下げ:

« チベット人民の怒りは継続する | トップページ | 北京五輪は中止すべきである »