« どうなるチベット | トップページ | 西武系プリンスホテルは最低のホテル »

2008年3月21日 (金)

北京五輪は開催すべきではない

「毒入りギョーザ」問題での中国政府の無責任で高圧的な態度、顧客を全く無視する態度からして五輪を開催する資格などないと思っていました。
 そして今度のチベット暴動。地域内を報道管制し、徹底的な弾圧をしているのでしょう。人権抑圧をしている国が平和の祭典を開催するなどおかしい。

 北京五輪、選手間にボイコットの動き チベット問題(産経新聞)

 日本も態度をはっきりすべきですね。オリンピックが今年なくなるのは残念ですが、平和であってこそのもの。強権的で人権無視で消費者無視の国での開催は無理というものです。

 IOCの責任も重大。オリンピックの開催意義自体が問われるでしょう。

|

« どうなるチベット | トップページ | 西武系プリンスホテルは最低のホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/11567571

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪は開催すべきではない:

« どうなるチベット | トップページ | 西武系プリンスホテルは最低のホテル »