« 頑張れ国境なき記者団 | トップページ | 機動隊員が聖火をガードとか »

2008年4月17日 (木)

中国の常識 世界の非常識

 聖火リレーを死守する目的の中国の特殊部隊の聖火リレー防衛隊の評判が悪いようですね。

 「まるでロボット」聖火守る“青い軍団”に長野困惑 (ZAKAZAK)

 地元の警備陣や聖火ランナーの意向を無視した強引なやりくちのようです。聖火を守ることを命がけでされています。愛国心の塊です。それはボランティアあんかではない。運動選手並の身体能力と格闘系の武術の達人ではないかと思いますね。

 聖火リレーを妨害しようとするチベット人民を支持する抗議の人達。目にも留まらぬスピードで排除する聖火リレー防衛隊。まるで格闘技ゲームを見ているようです。

 アメリカやパキスタンでは「隠密行動」で聖火を隠匿しました。無事に終わったそうですが、「平和の祭典」と言えるのでしょうか?興ざめですね。

|

« 頑張れ国境なき記者団 | トップページ | 機動隊員が聖火をガードとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/20327159

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の常識 世界の非常識:

« 頑張れ国境なき記者団 | トップページ | 機動隊員が聖火をガードとか »