« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

北京五輪はオーバー・エイジなしで臨め

 今回のフランスでの参加したトゥーロン国際大会で日本は4位。五輪出場国のチリ(2位)、イタリア(優勝)コートジボアール(3位)には勝てませんでした。イタリアと、コートジボアールにはPK負けでしたし。

 この悔しさを本番に持っていくべきでしょう。エスクデロや森本が活躍した大会でしたしU-23の可能性を示したと思います。そしてそのなかからフル代表に上がる選手が出てきてほしい。

 U-23の底上げがあってこそ代表が強くなります。ですのでオーバー・エイジを使わずに五輪は戦ったほうが良いと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

高知は高速道路を活用せんと罰当たりだ

Kousoku2_r (高知自動車道路の南国ー川之江間は全線4車線になります)

 高知自動車道路は全線4車線になっているではないか!驚きました。トンネルと高架橋だらけの山岳高速道路だけに全線4車線はかなわぬ夢であると思っていた。それが4車線になっているではないか!

 いかなる理由でそうなったかはわからない。でもストレスなしに走行できることは嬉しい。これを活用しないといけない。でないとばちが当たる。

 高知に投資をしてくれたのですので、こうちは全国の皆さんにお返しをしないと。山。川、海で宝物を都市の人たちと共有し、面白おかしくいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

海で遊ぼう!

Yasuyacht  梅雨入り前の今頃の時期はセーリングは最高!ほどよく風があれば言うことはありません。巷でどんなにせこいことになったとしても海へ出ればリフレッシュできます。これはセーリングをしない人にいくら説明しても理解されません。

 海の上の出来事は、海の上でしか理解できないからです。カヌーでもヨットでもいいですが、海へ出ましょう。そしたらすべてが変わります。人生観も変わりますし。

 YASU海の駅クラブもあります。会員を募集しています。積極的に海を楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

民主党はオバマ氏で決まりでしょう

 長い争いにようやく決着が。代議員の過半数を制したオバマ氏が民主党の指名をほぼ確立したようです。問題はヒラリー氏の上げた拳の下ろし方。戦うよりも撤収するほうが遥かに難しいからです。

 こじれると共和党がますます有利に。オバマ氏のやるべきことは多い。どう乗り切るのか。弱点とされる白人労働者の支援をどうとりつけるのか。副大統領候補が問題でしょう。
エドワーズ氏が副大統領になるのか?はたまた敵であったヒラリー氏か。全く別の人物(白人女性)がなるような気がしますが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

学校の耐震化を急げ

 文部科学省は日本の小中学校の耐震化工事を緊急にすすめるために国の補助率を上げるようです。政府のやることはこのところ悪いことばかりでしたが、久しぶりに良いことの実行のようです。

 未来を担う子供達は国の宝。授業中に校舎の倒壊で命を奪われることがあってはいけない。また地域住民の避難施設にも学校はなるのですから。

 これは気合をいれて政府にはしていただきたい政策です。中国四川大地震の影響か政府は国の補助率が2分の1から3分の2まで引き上げ耐震工事を急ぐと言う。この政策は福田内閣で評価できますね。

Shouwasyou (地域の防災訓練をした昭和小も耐震建築ではありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

大不況時代をどう生きる

 地球環境も悪化し温暖化することで気象異変が起こるだろうと言われています。経済も湾岸諸国やロシアなどは石油関連で大儲けしているのに日本は逆に大損状態。とくに地方の経済は大変。

 どの地方都市も元気がない。活力がない。ないところへ郊外型店舗が来る。ますます商店街は寂れる。良いことではない。コスト高の拡散した市街地が出来るだけ。じつに効率の悪い社会になる。

 物が上がるが収入は増えない。どう知恵を絞るのか。卑屈にならず前を向いて歩こう。必ず打開する道のりはあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

ユニバーサルな社会をつくろう! 5月30日(金)

西村 今月5月の「けんちゃんの今すぐ実行まちづくり」のゲストは広汎な福祉分野の活動をされているうえるぱ高知の関係者の皆様です。
 うえるぱ高知の下元佳子さん。6月の福祉機器展実行委員長の福島寿道さん。県社会福祉協議会の白石研二さんです。

 今回のテーマは「ユニバーサルな社会をつくろう!」です。ゲストの皆様は福祉分野のそれぞれのお立場で活躍されています。それぞれ理想の社会というものを思い描いていることでしょう。

 災害対策でお聞きします。二葉町自主防災会では防災マップ(ハザードマップ)を作成する時に二葉町に隣接する鏡川大橋歩道を「災害時要援護者一時待避所」として、橋を管理する国土交通省土佐国道事務所に、認めていただきました。

Futababousaimap 

 車いすや介護を受けている人は階段を上れないからです。二葉町自主防災会では、町内の3階建て以上のマンションなどを所有している所有者と民間協定、一時緊急時非難協定を締結しています。でもその場合車椅子の人や障害をお持ちの人は階段を昇ることはできません。

 橋は耐震構造で大地震でも落下しない工事をしています。橋の歩道はゆるやかな斜路になっています。段差がないので車椅子でも避難は可能です。

 ただ二葉町では町内で介護の度合いの人がどちらにお住まいなのか。大筋把握はしていますが、災害時要介護者を待避所にどうやって避難させるのかが問題です。介護の現場ではそのような場合はどうされるのでしょう?

Shiraishiss1_4 白石 介護の現場でも同じです。私たちは福祉施設の耐震構造を調査したことはありません。でもソフト面で言いますと、住民の人達の協力を得るように。日頃から地域住民の皆さんとともに避難訓練を行うことを求めています。

 また水だとか食料の備蓄を求めています。それから在宅サービスの事業所では通所や利用されている人達の安否確認をするマニャアルを用意しています。

西村 住宅の防災対策でもお聞きします。高知市内は低地が多く、木造家屋は倒壊や家具の転倒のよる負傷も予想されます。また30分以内に低地は浸水も始まります。津波も来るでしょう。

 要介護の人は自宅の2階の部屋で生活をしていただきたいと防災の観点からは思います。(大地震で1階は潰れても2階ならば助かる確率は高いからです。)
 施設の状態、訪問介護の現状はどうなっていますか?またどうあるべきかどう思いますか?

Shimomotoss1_4 下元 施設の場合では施設のある環境のなかで対策を考えることはできます。

 在宅の場合は防災のこと(いつ来るかわからない地震を想定して)いつも2階で生活することは屋外へでれなくなり、活動性がどんどん低下します。

 でもまだまだ福祉。医療分野のスタッフはまだまだ防災、また支援まで行っていません。それが現状です。思いのあるひとたちがただたんにその人を元気にする環境町政だけではなく、地震の時に寝ている部屋は倒壊の恐れのない処置をするとか。

 それで大丈夫であったとときに安全な場所に、どうやって逃げるのか。その場合はけんちゃんがしているような自主防災と連携をする。できるのかどうか。それをこれから考えようと言う状態です。

西村 地域社会、今まで生活してきた地域での老後や介護を受けたいと思います。グループホームを地域でこしらえることは可能なのでしょうか?
 顔見知りの地域社会や町内で介護のサポートができれば良いとは思いますが。

 デイサービスやショートスティや訪問介護でもうちの町内100メートルの間に4つの介護事業者がそれぞれ送迎したり、訪問したりしていて全部事業者が違います。介護を受ける人たちは、地域社会とは切り離されています。なにかおかしいと思います。

 もし私が地域社会でグループホームをこしらえたいと思ったら具体的に何をすればいいのでしょうか?

白石 グループホームであるとか。介護保険の事業所であれば、法人格を取得して、県や市町村に認可申請を出します。
 町内の顔見知りで介護サービスをしたい。というのであれば宅老所のようなインフォーマルなサービスを立ち上げると言う方法もあります。
 
 町内の顔見知りの方々とその町内に必要なサービスを実感して、共有する勉強会を立ち上げて、皆で必要性が共有されれば利用者の人達の実態調査もできるでしょう。宅老所の確保など。

 県内にはこうしたプロセスで出来上がった宅老所もあります。

西村 具体的な実例はありますか?

白石 土佐町の「とんからりんの家」がそうです。このへん宅老所がないきに、こしらえたいね。地域の人たちのの思いでできた宅老所です。
 みんなで勉強会を開きながら立ち上げた宅老所です。

とんからりんの家資料 「tonkararin.ppt」をダウンロード Tonkararinnoie
西村 下元さんはオーストラリアなどの介護現場も視察されたそうです。介護施設のあり方、地域社会との関わり方は高知などとの違いはあるのでしょうか?
 具体的にどのように異なっているのでしょうか?

下元 そうですね。オーストラリアは人口が少ない国です。介護施設が十分あります。ですので在宅と言う意識は少なく、施設ケア、施設での介護が進んでいる国です。

 でも施設ケアですが、「人の尊厳を大事にする」ケアについては学ぶところが多いと思いました

 カナダのバンクーバーなんかは、人が住みなれたところが、住み慣れた暮らし方で介護が受けられることが定着しています。施設へ入所も選択も可能ですが、自宅でずっといたいということであれば。例えば家族が長期の旅行へいく場合は、日本で施設で預かることしかないですが、ヘルパーさんが24時間自宅へ来てくれます。

 その人が暮らしたい暮らしを支援するシステムがあります。日本は仕方なく「どれか」(在宅か入所か)を選んでいるのが現状です。

西村 以前アメリカのロサンゼルスに観光旅行へ行った折街の中心街やロングビーチの良い場所にホテル風の建物がありガイドは「老人ホームである。」との説明がありました。

 高知市で言えば帯屋町商店街の真ん中に老人ホームがあるような感じです。日曜市があり、商店街も近いし、病院も近い。そうした介護施設があれば良いと思いますがそのあたりはどう思われますか?

Fukushimass1_4 福島 確かに場所の問題はあると思います。そういう意識は支援者のほうがもっていれば何処に立っているかの問題はクリアできると思います。
 街中にあれば便利であると思います。

下元 人によると思います、わたしなどは田舎の施設へ行きたいと思いますが、うえるぱの障害をもっているメンバーは南国市から高知シティFM近くのマンションへ移転しました。車椅子でも買い物へ行けて、病院へも行ける。年老いても何かと生活が便利なほうが良いと言うメンバーもいます。人それぞれであると思います。

 自分で選べるほうがいいですね。

福島 そうですね。

西村 うえるぱ高知の夢や理想、うえるぱに関連されました皆様のあるべき姿がありましたらお願いします。

下元 わたしは個人個人がその人らしい生活をしたい。制度ではまだまだ支援ができないのが日本の現状です。制度がこうあってほしい。と提案ができる活動であったり。
 個人ユーザーを支援していくファンドもそうです。福祉機器展もイベントではありますが、ユーザーのニーズを解決していくことが第一の目的ですので。

 年間を通じて常設コーナーをつくることが社会福祉協議会との連携でできたので、個人支援のことをより考えて行きたいと思います。

福島 僕は普段理学療養士の仕事をしています。自分の職場を良い方向に変えていくこともまだまだ十分にできません。
 うえるぱで下元さんたちと関わって大きな観点で物事を見ることもできました。遅ればせながら勉強をしています。うえるぱ高知の頭脳ではないので、手ぐらいのことですが、ついていくだけ付いて行きたいと思います。

白石 僕はうえるぱを外から見ています。見ていて、一緒に仕事をしていて面白い団体でありました。そのままおってほしいし。
 どこかに迎合したりとかうえるぱは、うえるぱで。一緒に仕事ができたら面白いなと思います。

Shuroku3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

Jリーグはしっかりしろ!

 創設されて15年目のJリーグ。たるんでいるようですね。先日の浦和VSG大阪のサポーター同士の乱闘はいただけない。スタジアムに足をはこんでいた少年達はどう思うのでしょうか?夢を壊さないでほしい。

 飲酒運転やら,非行行為もトップ選手から出ました。頂点にたつ自覚がないようですね。これはいけないと思いますね。
 サッカーのエリートしてましてプロになったのですから、青少年の目標とならないとウソです。

 しょうもないことで「話題に」ならないでほしい。サッカーは世界のスポーツ。プロリーグが盛り上がることで、その下のカテゴリーも盛り上がることですし。サッカー協会もきちんと対応しないといけないと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

リッター200円での車の使用は

Gs162_r (今は160円台ですが、6月からは170円台後半とか)

 先日の報道では日本では歴史上初めて車の保有台数が前年を下回ったそうです。いつも車の増加を前提に道路整備を叫び、利権共同体をこしらえるために道路特定財源を活用してきた手法が怪しくなりました。

 これ以上道路はいらない!という事態も考えられます。リッター200円という事は50リッター給油すれば1万円!。大きなワゴン車にエアコンかけて走り回る人たちは大金持ちなのでしょう。

 既に窓を閉めエアコンをかけて走行している車も見かけます。コスト意識を持ちませんと。

 自分などはもともと市内の営業は自転車だし、愛車は軽トラですのでさほど影響はありません。ただ県外へ行商に廻るときに現金給油するときに「上がったな」と感じますね。

 以前は10?給油して1000円でお釣のある時代もありました。今や2000円で少しだけ。そのうち3000円出してお釣を頂く時代になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

日本のプロ野球は大丈夫なのか?

 今年は黒田や福留などが大リーグで活躍するようになり、15人の日本人選手がプレーをしています。上原や川上も来年行くようですし、増えることがあっても減ることはないでしょう。

 ダルビッシュ投手なども行きたいようですし。こうなると日本に逸材がいなくなり、2軍のようになるのではないでしょうか。今の運営のありかたを考えないと日本での興業は苦しくなるかもしれません。

 ただパリーグは楽天や、日本ハム、ロッテなどは努力をし新しいファンの獲得に頑張りました。長らく日本野球界の盟主とあぐらを書いていた巨人の凋落もありテレビでも巨人戦は人気コンテンツでなくなりましたし。

 球界関係者は努力をしてほしいですね。サッカーの天皇杯のようにプロもアマも学生もみな参加するクラブチーム選手権などもやればいいのにと思いますね。

  交流戦も定着したようですし。これからどんどん新人が出てくれば面白くなると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

凋落のアメリカ帝国

 冷戦後ソ連の崩壊から、アメリカ1国の天下がしばらく続くのかと思いましたが、ブッシュ大統領の愚かな国家運営の結果、アメリカ帝国の凋落が決定的になりました。

 やはり1番の失敗はイラク戦争でしょう。地元の調査もろくにせず自分たちの価値観を押し付け、圧倒的な軍事力を背景にことを進めたことが全てに破綻。財政的にもイラク戦争は大きなアメリカの負担となりました。

 第2は経済政策の失敗でしょう。イラク戦争の継続にしか関心がなく、アメリカ経済の危機に手を打つのが遅すぎました。産業は空洞化し、国民全体が金融資本化し、投機が破綻すれば経済は破綻になるのは明白。世界の「通貨」ドルはどんどん値下がり。投資家はドル安でアメリカを敬遠。石油と穀物への投機に参入。おかげで高騰しました。

 第3はブッシュ政権は環境対策に熱心でないばかりか、敵対すらしました。自分本位で戦争屋で、多資源消費型経済を改良しなかったために、石油高、ドル安で完全に覇権を失いつつあります。

 かわりに勢力を伸ばしてきているのはロシアと中国。資源大国と著しい工業化で鼻息は荒い。しかし国内に不安定要素もかかえている。

 アメリカが凋落することで、世界は大乱状態に。日本は争いに巻き込まれないようにしないといけないでしょうね。

 今朝高知県宿毛市に米海軍のイージス艦が寄港します。アメリカ帝国海軍の艦艇の入港は迷惑ですので今後はやめていただきたいですね。

Kinnyoubi_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

ロシアは帝国主義国になりました

 プーチン・ロシアはロシア帝国として復活しました。経済破綻寸前の悲惨な状態から見事に経済発展しましたね。資源大国としての最近の目覚しい金満ぶり。石油の高騰で莫大な利益を得たこともありますし。

 アメリカがブッシュ大統領の愚かなイラク戦争に足元をすくわれ、消耗している間に着実に力をつけてきました。

 5月9日の18年ぶりに復活したロシア軍の軍事パレードは大国ロシアを国民にPRすることは十分であったと思いますね。

 日本近隣の脅威であり20世紀初頭のロシア帝国の脅威を彷彿されます。100年経過して復活したようで不気味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

やはり世界とのレベルは違う

 先日の休日は雨だったのでぼんやりテレビのサッカー中継を見ていました。1つは録画で結果はわかっていましたが、プレミア・リーグの「M・ユナイテッドVSフルハム」の試合を見ていました。

 結果は4対1でM・ユナイテッドの勝利。C・ロナウドの2得点1アシストの大活躍。選手の技量とスピードは録画の試合でも面白い。

 その後にFC東京VS柏レイソルを視聴する。これも面白い試合。でもカメラアングルが悪いのか迫力がもう1つ。プレミアの試合を見た後でしたので物足りなさを感じたのかもしれませんね。

 まだまだ日本のサッカーは世界のレベルには追いついていないと思いました。M・ユナイテッドの選手で元J2時代の京都にいたパク・チソン選手が大活躍していましたね。海外で活躍する日本選手も少なくなりましたのは寂しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

福祉ファンドをこしらえよう 5月23日(金)

西村 今月5月の「けんちゃんの今すぐ実行まちづくり」のゲストは広汎な福祉分野の活動をされているうえるぱ高知の関係者の皆様です。
 うえるぱ高知の下元佳子さん。6月の福祉機器展実行委員長の福島寿道さん。県社会福祉協議会の白石研二さんです。

 今回のテーマは「福祉ファンドをこしらえよう!」ということでお話をお聞きしたいと思います。介護保険制度は2000年にスタートしました。今年で8年目。良いところもありましたが、様々な問題があったようです。福祉介護分野の最前線にゲストの皆様はおられますが、そのなかでの思いを聞いてみたいと思います。

 調べますと兵庫県に「塩井基金」と言うのがあるようです。サイトで調べますと人口呼吸器使用者施設への資金支援もされているようです。それ以上のことはわかりませんが、他にどのようなところがあるのでしょうか?

Shiraishiss1_3 白石 全国的にはいろんな企業のファンドがあります。高知県内でも銀行のファンドであったり。民間では高知県福祉基金というのがありまして、障害者の方の活動やまちづくりの活動を支援しています。

西村 以前下元佳子さんは神奈川県藤沢市において、市民が集りお金も集め「自分達で福祉施設をつくろう。グループホームをこしらえよう。」として実際にこしらえたという事例の話を聞きました。そのあたりを詳しくお話下さい。

下元 はい。うえるぱは団体もそうですが、個人を支援するファンドをこしらえたいと思っています。神奈川県の話しですが、住民が立ち上がって10数年がかりでいろんなことをしているところです。

 自分達の力で自分達で良い施設をこしらえよう。良い施設がないから。(自分達が納得できる施設がないので、じぶんたちが施設もこしらえよう。)
 施設をこしらえたくて見学にいったわけではありませんが、施設のつくりかたガ、私たちがやりたいことに参考になるのではないか。

 お金がまったくないところで、ファンドをこしらえていろんな人たちに協力していただいて、僅か1ヶ月の間に億のお金を集めて納得のできる、自分達が入居したい施設をこしらえました。その施設も既成の枠にとらわれない施設をこしらえています。

 しかもそれが1つの施設ではなく、2号館、3号館とプランもできていました。それからヘルパー事業所など。いろんな事業も想定されていました。

 前回のお話にもでていましたが、良いこと、十分なケアをするためには、給与も待遇も良くないといけない。NPOですけれども藤沢市で1番職員は給与が高い。そういう団体でした。

Shuroku2_r
西村 2000年から介護保険制度がスタートしました。大抵介護施設は自分が住んでいる街中からは遠く離れたところにあり、全然知らない人たちと一緒に施設で生活します。通所の場合も同じです。利用者にとっては大変な精神的な負担ではないかと思いますが、向き合っている皆さんはどうそのあたり思われますか?

Shimomotoss1_3 下元 地域密着型の施設や事業所も最近は随分増えて来ています。高知市もたくさん事業所が出来ています。施設ということになりますと高知はたくさん施設ができましたが、結構満杯状態です。住み慣れた地域の近くの施設へ入居はなかなか難しいようです。

 やはり藤沢市の事例を考えましても入りたい施設を選べるか。というとなかなか難しいと思います。通所ですね、デイ・ケア、デイ・サービスはかなり選ぶことができる。グループホームまでは選ぶことができる。それは出来てきてはいます。

 前進はしているのではないかと思っています。

西村 室戸市佐喜浜で村田憲展さんがご自分でデイ・サービスの施設「老稚園」をこしらえています。あのような地域密着型の施設などはモデルになるのではないのでしょうか。

Muennosatoheya

下元 そうですね。自分の住んでいる地域で、必要性を感じてこしらえたというのが、地域住民の力でこしらえていくのが理想です。
 特に市外というか室戸でもそうですが、施設の少ない、サービスのない地域で住み慣れた地域で、住み慣れた暮らしを知っている人が施設をつくっていくということが市場の理想であると思います。

西村 今の介護保険制度の施設では補助を受ける関係で、「制約だらけ」で同じようなメニューになっているようです。わたしも以前6年ぐらい前に2級ホームヘルパーの研修であるディサービスで研修しましたが、保育所のメニューのようで面白くないと思いました。
 何故そうなるのでしょうか?パソコンであるとか麻雀やゲームなども取り入れることはできないものでしょうか?

Fukushimass1_3 福島 今はデイ・サービスの方も利用者にアンケートをとったりして要望を引き出す努力もされています。それと合わせて個別に必要なメニューを出しているところもあります。

 しかし障害の重度の人になりますと、自分がどうしたいとか意思を表明できない状態ですと、要望を言うことが少ない状態ですと一方的なサービスのメニューになりがちです。保育所のメニューのようになりがちです。

 そういう人から関わってどのようなことをしたいのか。ニーズを引き出す力や努力とかは支援者側に必要であると思います。

西村 求人募集のチラシを見ても介護の最前線のホームヘルパーの時給は1000円から1200円程度で、1日に4時間で週に3日か4日程度。重労働で大変な仕事の割には低賃金です。施設介護も訪問介護もこれでは十分なケアが出来ないと思います。

 以前コムソンがインチキをしていて国側の監視がきびしくなり、介護事業所の裁量がよけいなくなり介護事業所も減少しているようです。このあたりの現実はどうなっているのでしょうか?

白石 高知県でとくに極端に介護事業所が減ったという話はありません。働かれる人達の労働条件の改善はいろんなところでされています。

 今介護サービス情報の公表であるとか、外部評価とか。利用される方が、事業所を比較検討する情報の環境もどんどん整備されてきています。

西村 理想論でかまいませんが、介護保険制度も活用しながら、利用者に十分なケアができるためには、下元さんのレベルではどの程度の資金が必要でしょうか?
 「うえるぱ」基金なり「うえるぱ財団」あるいは会社をこしらえるためにはどのような活動が必要であると思われますでしょうか?
 機器の販売やメーカーの協力、高知シティFMでの呼びかけなどできうる限りの協賛は必要であると思いますが・・。

下元 私たちのレベルで巨額の資金集めは難しいと思います。私たちが感じていますのは、介護保険もそうですが、厚生労働省は「そのひとらしく、そのひとの生き方を尊重して」支援をすることをうたってはいます。

 どうしても「制度」でまかなえることは、最低限の生活保障ということから予算のこともあり、生活の質(クオリティ)を高めることや生活の質を上げるようなところまでは制度でまかなうことはなかなかできません。

 そういうことを考えたときに、わたしたちがやっている福祉用具などは、1人1人の可能性を広げることが出来ます。

 それを助成することの枠がどんどん狭まっていることが現状です。

 最初に白石さんからファンドがいろいろあることをご紹介されました。団体の支援はありますが、わたしたちがこしらえたいのは個人の可能性、あんなことしたい。こんなことしたい。ことができるようになりたい。子供から高齢者まで個人を応援するファンドを是非つくりたいなと思います。

 聞いたからには高知シティFMさんも多くの協力をしていただけるものと期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

中国は衛生環境は大丈夫なのか?

 ここへきて中国で手足口病と言う感染症が蔓延しています。すでに感染者は公式に2万5千人と言われていますし。大丈夫なのでしょうか?

 手足口病の感染さらに拡大 死者32人に 中国(CNN)

 格差社会の中国では大金持ち層は6泊7日で日本の高度医療を活用した人間ドックで検診を受け、ついでにゴルフや投資相談、ショッピングの日本ツアーが300万円で売り出し好評であるとか。

 しかし大多数の中国人民は衛生状態が心配。とにかくきちんと情報開示をしない国ですから情報に信憑性がありません。

 世界から人が来る北京五輪。市民レベルにいたるまで衛生環境を改善可能なビック・チャンスです。中国経済の繁栄の果実をごく1部の富裕層が独占するのではなく、国民大衆が享受しないといけない。衛生の改善もその1つです。

  四川省大地震が発生しました。罹災者は1000万人であるとか。今は生き埋め生存者の救助が主体の活動。二次被害を防ぐ活動をしないと感染症の被害が出てからでは遅いです。消毒や防疫活動をしないと大変なことになるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

日中の架け橋は公明党なのか?

 暫く江沢民以来、日中関係は悪くなる一方でした。江沢民は徹底した「反日教育」を行いその成果は反日暴動に現れました。サッカーアジア杯の乱暴な応援は最低でした。
 北京五輪の聖火リレーも中国人留学生の日本や韓国での乱暴ぶり、やりたい放題は目に余る。少数意見を罵声や暴力で封じる中国のやりかたそのもの。

Habotan2_r_r (気さくな品川正治さん)

 そのなかで悪化していた日中関係をもやっていたのは実は公明党関係者であったと品川正治さんはいわれていました。講演会の後のサロン金曜日のメンバーとの懇親会で言われていました。

 良くも悪くも日本と中国は隣国。お互いが対立し、戦争状態になるよりは良いと思う。公明党が役割を果たしていたのならそれは評価できるでしょう。

 公明党の最大の支持母体は創価学会。同じ仏教徒としてチベットでの犠牲者に同情し、中国政府にチベット側と対話をするように強く働きかけていただきたいと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

もううんざり米国民主党予備選挙

 いい加減に米国民主党は大統領候補を決めるべきでしょう。オバマVSヒラリーの対立は決着がつかず最終版の党大会までもつれ込む様子。これでは共和党に勝てないでしょう。

 選挙権のない日本国民でもうんざりしているということは、アメリカの有権者も同様であると思う。事実オバマ支持者の2割、ヒラリー支持者の3割は、自分支持する候補者が民主党大統領候補者になれない場合は、11月の大統領選挙では共和党に入れれうと明言する始末。

 誹謗中傷合戦をしているあいだに、共和党が毎日優勢になるようです。暑い夏の到来まえに決着をつけていただきたいと、他国のことながら思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

世界経済はインフレ気味なのか

Gsnakamura_r_2 (市民の節約もそろそろ限界に)

 原油。エネルギー資源の価格の高騰は、食品や製品の高騰と連鎖し、インフレの心配が世界規模で出来ました。しばらくデフレ経済にもなれていただけにしんどいところです。

 今日契約しているガソリンスタンドの人が集金来ていました。「来月からまたガソリンが上がります。大幅な値上です。」とのこと。普通に生活するのが嫌になってきました。まっことガソリン税を徴収する自民党政府の気が知れません。

 先進国経済は息切れ気味ですが、インドや中国がまだ頑張っているのでなんとか持っています。今心配事項は中国経済がいつまで持つかということ。バブルは必ず破裂しますし。既にその兆候が現れたので、中国の国家主席が日本へ来たのでしょう。

 昔経済学で習ったスタブレーションになるのではないかと心配。物価は上がるが不景気状態。市民の生活は苦しくなりますね。所得は下がるは、物価は上がる。こうなると荒療治が必要になります。

 例えば「徳政令」のようなもの。あるいは地域通貨券のようなもの。不況の中から新しい経済のしくみも生まれると思いますし。

 なんくるないさの精神で行こうと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

石川遼は大成するのか?

 16歳高校1年生のプロゴルファー石川遼氏。企業との契約金やCM出演料で、サラリーマンの生涯賃金以上は稼ぎました。大変な親孝行ではありませんか。

 米国に住む韓国系プロゴルファーのミッシェル・ウィーも天才少女ゴルファーと騒がれましたが大成はしないようですし。石川遼氏もどうなるのかわかりませんえ。

 既に多額の資金は手に入れたのですから、焦らず、慌てずマイペースでえいとは思いますね。

 大成しようが終いが、歴史的ない偉業の1つは達成(最年少優勝)したのですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

被害者を支援しない軍政政府

 空前のミャンマーのサイクロンの被害。世界各国から緊急の支援物資がミャンマーに届けられていますが、軍政政府が押収。被害者に届けられていないようです。

 軍政が被災者支援の援助物資をすべて「押収」、WFP発表(CNN)

 みすみす数10万の罹災者が飢餓状態におかれています。一部の報道では軍関係者が支援物資を横流ししているということまで言われています。

 こんなときこそ軍は先頭に立って国民のため支援活動をすべきです。でもそれは軍隊の本質ではないようです。この事実をみても軍隊は支配階級の傭兵であり、国民を守るべき存在ではないのですから。

 38年前と33年前に大水害の被害に遭ったことがありました。家は床上浸水し、電気もガスも水道も使えず避難所生活をしたことがあります。そのおり自衛隊の人達が献身的に支援活動をしていただきました。実に頼もしい存在でした。

 外国の軍組織の支援は拒否し、支援物資も押収し配布しない。みすみす多数の罹災者が生存の危機にあっている。国連も手をこまねくことなく、強硬措置に出るべきではないのか。

 聞くところによると鉱物資源の獲得のために中国がミャンマー軍事政権を支援しているということです。影響力が中国があるのなら、こういうときに行使しなければうそではないか。やることはたくさんあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

人間の尊厳を手助けするしくみについて 5月16日(金)

Shuroku1_r

西村 今月5月の「けんちゃんの今すぐ実行まちづくり」のゲストは広汎な福祉分野の活動をされているうえるぱ高知の関係者の皆様です。
 うえるぱ高知の下元佳子さん。6月の福祉機器展実行委員長の福島寿道さん。県社会福祉協議会の白石研二さんです。

 今回のテーマは「人間の尊厳を手助けするしくみについて」でお話を聞きます。

 福祉交流プラザ1階の展示コーナーに介護度5のA男さんのお部屋がありました。ベットの上にパソコンが置かれ、マット上の操作装置でパソコンを操作するようになっていました。
 重度障害者用意思伝達装置「伝の心」(でんのしん)と言うシステムであるとリハエンジニアの北岡剛さんに説明を受けました。一度体験しましたが、どのようなシステムなのでしょうか?

Pssoiusa1_r

下元 環境制御装置と言いますのは「伝の心」だけではありません。いろんなメーカーのものがあります。いろんな電化製品、テレビや照明やエアコン、ベットの昇降などや、パソコンの操作もできます。

 いろんな電化製品を一つにまとめる。という感覚ですね。パソコンであれば私たちは10分の指を動かします。障害を持たれる人は指が動かない人もいます。
 ON,OFFのスイッチだけで、自分の意思で調整して動かすことができる。それが環境制御装置です。

 ON,OFFなどで体のどこかの筋肉を動かすことが出来れば伝達できます。例えば手足が動かなくても、息を吐くことが出来れば、それでけでスイッチを扱うことができます。

 自分でパソコンを使ったり、テレビをつけたり、チャンネルを自分で選べます。照明やエアコンも操作できます。

西村 以前テレビで筋ジストロフィーになった人がまぶたの動きで意思を伝達。パソコンで会話をされているのを見たことがありました。福祉交流プラザにある装置より遥かに大きくて部屋のなか全体が装置のようでした。
 このシステムは随分前から開発されていたのでしょうか?

Shimomotoss1_2 下元 私が理学療養士としてスタートしたときは随分前ですがその当時からありました。県外のリハビリテーションセンターにいきましてビックリしたことがありました。
 この10数年で小型化し、値段も随分安くなりました。手に入れやすい福祉機器になっています。

西村 私はブログを書くことが趣味の一つです。ブログなどもこの装置で作成と送信は可能なのでしょうか?

下元 こういう環境整備装置につなぐ、いまけんちゃんが言われていたことですが、「伝の心」(でんのしん)などはメール作成の機能があります。そちらで文章を作成していけば、ブログにアップすることは可能です。

 けんちゃんも寝たきりになっても、100歳を超えてもブログを書くことができるでしょう。是非使ってもらいたいと思います。

Pcsousa3_r

西村 実際に福祉交流プラザのモデルルーム、介護5の部屋で体験してみましたが、なかなか難しいですね。意思表示することに慣れていないかもしれません。
 慣れるのは時間がかかっても、体が不自由になっても字が打てるということは凄いことであると思います。

下元 そうですね。自分でテレビのチャンネル1つにしても誰かが部屋に来てくれて、やっと意思を伝えてテレビを見る。その場合と自分で出来る。チャンネルを切り替える。声を大きくする。ということは随分違いますよね。

西村 あそこにある装置(介護5の部屋)は、テレビの操作、パソコンの操作、照明の点滅などもできたのでしょうか?

下元 あそこにある電化製品に全部繋いであります。また「ページめくり機」という本を読むときにページをめくる機械があります。それなどとも一緒に繋ぐことが出来ます。ですので、じぶんの手で本のページをめくれなくなっても読書を続けることができます。
 なんと高知県は日本で2つの県だけある助成制度があります。ページめくり機なども30万円の助成金が高知はつきます。是非皆さんに知っていただきたいのです。

西村 昔映画で「ジョニーは戦場へ行った」(1973年ごろ)を見たことがあります。第一次世界大戦に出兵したジョニー青年。しかし、戦場で爆撃を受けて負傷し、病院に搬送される。無事だったのは延髄と性器のみで、目も耳も口も鼻も失い、手足は切断されてしまいます。箱の中に肉体が入れられていました。
 自分の意思をモールス信号で懸命に送信し、意思を交換していました。自分の動くことのできる身体を箱へぶつけてモールス信号で交流をしていました。

 人間である限り尊厳はある。そう思いました。コミュニケーションを手助けする仕組みは必要であると思います。そのあたりはどう思われますか?

Fukushimass1_2 福島 障害を持ってしまいますとどうしても目に付きやすい体のケアのほうに行きがちです。実は自分はどうしてほしいとか、こんなことを思っているとか。相手に知ってもらう。伝えることが本当は1番大切なのではないか。そこでその人との付き合いがはじめるのではないかと思います。

西村 介護度5の状態は自分の意志で自分の生活が出来ない状態なのでしょうか。以前は健康で病気や事故でそうなった人の精神的なケアはどうされているのでしょうか?
 重度障害者用意思伝達装置「伝の心」(でんのしん)は、使いこなすに大変なエネルギーがいるのではと思いました。使用できる幅というか限界はあるのでしょうか?

下元 しっかり考えて使うことが必要です。理解力はもちろん必要です。いきなり難しいレベルで使いましょうとか、メールを打ちましょうとかそういうことではなく。

 けんちゃんも福祉交流プラザで見て、体験されましたが、電気を自分で消せるとか。テレビを消したりできる。障害を持った直後と言うのは、パソコン使いませんか。メールを使いませんか。といってもそこまでの気持ちにはなかなかなれないものです。

 そういうときに、テレビを自分でつけたり、消したりできるのよ。ということで導入していってそれから徐々になにか自分で少しでもできる。それが見つかるとそこから元気になる方もおられます。

 例えばコミュニケーョンの場合、呼吸器をつけて喋れなくなった場合、さきほど福島さんが言ったように体のケアからはいりがちになります。大事なのはコミュニケーションの部分です。

 なにか自分が意思表明できるという部分。それを先に確立してあげると、元気になってくる方が多いです。いろんな使い方ができますので、導入をしていただきたいなと思います。

西村 介護を受ける人たちにも人間としての尊厳はあると思います。また介護サービスをする側も人間としての尊厳が必要です。現状の介護の現場の問題点はどういうところにあるのでしょうか?

 介護する側が多忙で、介護を受ける側の意思を十分に受け止めれないのではないところはないのでしょうか?それは報酬の問題もあるとは思います。
 人間が人間を世話をすることにもっと敬意が払われるべきなのではないのでしょうか。そのあたり将来は展望があるのでしょうか?

Shiraishiss1_2 白石 答えになるかどうかわかりませんが、福祉の現場、介護の現場というのは対人サービス、人にサービスを提供する職場です。他の産業と比べてオートメーション化することは出来ません。

 それから社会保障の根幹を支える仕事であると思います。福祉人材の給与の見直しであるとか。介護報酬の見直しは、いろんなところで検討や見直しがされています。
 デモそれとは別に従来から私たちにも3Kとか5Kとか言われていました。適正な給与の指針。介護サービス要員の定着を図るための手立て。介護する人の腰痛予防なんていうところも大事なことです。

 そのあたりが不十分であったことの反省もあります。社会福祉協議会ではあらためてそういうところへもアプローチをしていきたいと思います。

西村 わたしが以前ホームヘルパーの研修を受けた介護施設では認知症状のある人たちには程度に関係なく皆大人用のおむつをしていました。
 20人に対してヘルパーは3人しかいないのでそうなるのでしょうか?排泄介助は人間の尊厳に関わる部分とは思います。そのあたりはどうなっているのでしょうか?
 外国などではどうなっているのでしょうか?

下元 そうですね。福祉先進国といわれているところは、日本と比較しますと、利用者と世話する職員の数は、日本よりは多く配置も配慮され充実しています。
 でも少ない人数でケアしているから出来ないんだ。だけではないと思います。

 けんちゃんが言われたように排泄介助は人間の尊厳に関わるところです。やはりこの人はどうやれば排泄ができるのか。このひとはどうしたいのだろう。自分だったらどうなんだろう。と考えると。例え20人に対して3人のヘルパーしかいなくても、みんながおむつじゃないと思います。

 でももう1つ知っていただきたいのは、おもつと言いましても全部同じで介護をされるだけのおむつではありません。ご自分でご自分のための小さなパットとかいろいろありますので。大事なのはその方が気持ちよく生活できること。人を大事にする。その気持ち。それがなかったらたとえ世話する職員が増えても変わらないと思います。

Kaigoyobou01_2_2 (介護予防にも力をいれるべきでしょう。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

またまたガゾリンが値上!

 予想されていたように5月の連休開きにまたまたガソリンが上がった。とうとう160円を超えてしまいました。それでも連休は車で行楽地へ出かける人が多かったから、皆日本人はお金持ちなんでしょうね。

 一方で軽自動車は売れているようですね。燃費だけでなく税金も安いし。田舎では軽自動車で上等。私の愛車は今や軽トラですし。良く走ります。荷物も積めるし。

 また値上の季節の到来。「政治の無為無策」で政策不況に。

 よく根性いれないと不況の波に飲み込まれてしまう。舵取りが大変です。

Aisyamm (私のマイカーは軽トラです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

タスポ導入で儲けたのはコンビニ

 たばこを購入する場合の成人識別カード(taspo)の稼動が5月1日からでした。結果は自販機をおいている個人のタバコ屋の売り上げが減少し、コンビニの売り上げが増大しました。

 近くのコンビニもレジ近くにタバコが山積み状態。対面販売はかまんそうで、年齢を確認して販売しているとか。しかし未成年の連中に集団ですごまれたらパートの店員が販売拒否できるののかは定かではありません。

 いずれにしても無意味な制度の導入でした。機械メーカーとコンビニが儲けて終わりの狂想曲ではないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

恐るべき反日・反欧米教育の成果

 日本や韓国の北京五輪聖火リレーに中国政府に動員された中国人留学生達。国のエリートであり、次代のリーダー達。「愛国的行動」は中国の国際的なイメージを結果的に著しく下げました。

 さすがに中国指導者も「愛国的行動とは勉学に打ち込むことである」との声明を発表しないとすまなくなりました。

 中国人留学生は欧米諸国やら、日本やら韓国に来ています。言論の自由も政治活動の自由も保障された国にいます。北京五輪の聖火リレーが欧米や日本、韓国でチベット問題に関心のある市民からブーイングを浴び、批判的な行動ガ繰り返されたことは西欧のメディアで知っているはずです。

 中国国内では「阻止活動」はすべて情報操作され中国国民は知らないと思うからです。
海外でその様子をみて「愛国行動」ですので、将来中国のリーダーになる人達の暴力行為や罵声、少数意見を圧殺する姿は中国そのものではありませんか。

 ああいうエリートが将来中国の指導者になる事実の前に唖然としました。
 江沢民時代の反日教育、反訪米教育の「多大な成果」ですね。世界平和の脅威ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

小泉元首相の再登板はNO!

 福田内閣の支持率は最近20%を割り込み、いよいよ危険水域に突入してきました。なんだか1993年の宮沢内閣末期の様相に似通って来ました。内閣不信任案が自民党内の分裂もあり、成立。解散総選挙で野党連合で細川内閣が誕生しました。

 中国の国家主席の晩餐会や北京五輪の開会式での招待状は、小泉氏には来なかったようです。理由は「靖国参拝をしたため」だそうです。中国政府の「認定」で、小泉待望論がまた盛り上がりそうですね。

Madamano_3_thumb

 小泉氏は靖国にこだわり愛国者をポーズしていますが、じつはアメリカ追随主義者であり、マッド・アマノ氏が見抜いたとうり「この国(米国)を想い、この国(属国)を創る」ことをしてきました。

 自衛隊のイラク派兵。郵便局の民営化。雇用制度の見直し。教育制度の破壊。憲法改正への動き。後期高齢者医療制度の採択。などすべてアメリカの属国化政策ですね。日本民族の誇りを捨て、ひたすらアメリカの属国に日本を「構造改革」することだけを実行してきました。

 その「改革」を賛美したマスコミの同罪。国民はマスコミを信用してはならない事例になりましたから。自分で情報を受発信すべきでしょう。

 小泉純一郎氏は「自民党をぶっ壊す」と叫んでいました。本当に壊れたのは「国民生活」でした。日本を格差社会にし民族の誇りを傷つけたのは小泉氏です。
 首相に再登板?冗談ではない。そうなれば日本滅亡ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

だれのための地上デジタル放送

 2011年からアナログ形式のテレビ放送は中止され、すべてデジタル放送になるとか。後3年後の話ではないか。そうなるとテレビ受信機をすべて取り替えるか、対応チュウーナーをテレビ受信機に取り付けないとテレビが見えなくなるようだ。

 低所得者の我が家にも4台のテレビがある。生活に応じて何年かにわたって購入していたら自然そうなった。それがデジタル放送になると対応しなければ「テレビが見れなくなる」ようです。

 山間部が多い高知県。現状では5千5百世帯から8千所帯が地上デジタル放送が見れないと言われています。政府は強制的にデジタル放送を決めておきながら、切り替え処置はそれぞれが「自助努力」でやってくれと無責任に付き放しているようです。

 これでは一体だれのための地上デジタル放送への移管措置なのでしょうか?
 家電業界はウハウハでしょう。1億台とも言われるテレビ受信機ですから。

 ブローバンドを普及させるほうが先ではないでしょうか。パソコンとテレビが一体化すれば良いのであって地上デジタル放送の意義目的はもはやないのではないかと思いますね。

 どうしてもやりたければ、受信機を政府は無償で全国民に配布すべきでしょう。見れない地域があるのはおかしい。施設は政府がすべて建設すべきでしょう。

 業界の利益優先での国民への押しけなんかまっぴらですね。今しているデジタル放送の番組なんかつまらないので、個人負担までしてデジタル放送を見る気はしませんね。

Pc1 (ブロードバンド回線を全所帯に敷設し、PCは無償貸与すればすむ問題であると思いますね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

中国との付き合いは難しい

 謙虚さがなく中華第1主義が国是の国であることを世界中に宣言したようなもの。少数民族や異論は暴力で排除し封じ込める。将来中国の指導者になるであろう日本や韓国へ来ている留学生たちの暴挙を見て思う。

 多少今羽振りが良く、経済成長があると言っても、政治的自由も、言論の自由もない国。将来指導者となるべき人達が、率先して人の話を聞かず、少数派を暴力で封じ込める先頭に立っている。それが愛国行動だそうだ。

 とても身勝手な連中とはつきあいたくはない。謙虚さと相手に対する尊敬の念がないつきあいなどしたくはないから。

 やっかいな国が経済力をつけたものだ。民主化をともなわない経済発展がいかに危険であるかを世界は思いしらされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

福祉交流プラザを最大活用しよう 5月9日(金)

西村 今月5月の「けんちゃんの今すぐ実行まちづくり」のゲストは広汎な福祉分野の活動をされているうえるぱ高知の関係者の皆様です。
 うえるぱ高知の下元佳子さん。6月の福祉機器展実行委員長の福島寿道さん。県社会福祉協議会の白石研二さんです。

 今回のテーマは「福祉交流プラザを最大活用しよう!」です。

Fukusip1_r

 4月1日に福祉交流プラザの1階ロビーの福祉機器の展示スペースが大改造されました。大変見やすくなったとは思いますが、そのあたりはどうなのでしょうか?
 また見学した人達の反応はどうなのでしょうか?

 福祉交流プラザ サイト 

Shiraishiss1 白石 福祉用具をたんにたくさん並べただけではなくて、介護度や障害の程度にあわせた実際の生活空間を提案しました。実際の生活をイメージしていただけるものであると思います。

 実際にそういった声の感想をいただいています。あとは「見やすくなった。」という声もいただいています。あと明るくて楽しい雰囲気を大事にしています。

西村 また4月1日から、財団法人高知県ふくし交流財団、財団法人高知県障害者スポーツ振興協会と高知県社会福祉協議会は組織を一体化し、新たな高知県社会福祉協議会としてスタートしたそうですが、どのように体制が変化したのでしょうか?

白石 単に3つの団体が1つになってすべての事業を引き継いだのではありません。福祉交流財団がやっていた「生き甲斐作りや支援」、スポーツ振興協会がやっていた障害者スポーツの振興などを私たち社会福祉協議会のネットワークを使って広がりを持たせることにしています。

 後はまちづくりにつなげていくとか。そういった視点、体制にしています。

 また県民の方々向け、社会福祉従事者向けの研修を一元的に立体的におこなえるようにしました。

Fukusikiki02_r
西村 うえるぱ高知は福祉交流プラザで専門相談員を置かれよろず相談をされると聞いています。火曜と木曜と土曜日の午前9時から午後5時までの予定と聞いています。
 その狙いと開所してからの反応はいかがなものでしょうか?

白石 単に福祉用具の使い方の説明をするだけでなく、その相談者の方にあった使い方。フィティングを行っていただいています。車椅子が欲しいという相談がありましても、本当にその方に必要なのは車椅子なのか?
 そういう状態を評価していただいてご利用者の満足度は高まっていると思っています。

Shimomotoss1 下元 以前の状態がわかりませんので、変わってからの反応はわかりません。週に3日うえるぱのメンバーが交代で相談させていただいています。
 けれど白石さんが言われたように来られた方が、「車椅子を」「歩行器を」とかで相談に来られるのですが、じっくりお話を聞きますと、問題がそこにあるのではないということが多いということです。

 ですので福祉用具の紹介をするだけではなくて、関連機関(福祉関係の)に連絡して調整をしていただくこともいたしました。もの(福祉機器)でもご相談に来られていた方が最初に言われていたもの(福祉機器)でないということもありました。

 やはり時間をかけて話をしてフィテングする相談も多くて、まだまだやれることもやらないこともたくさんあるなと思いました。試行錯誤しながらやっています。

西村 具体的な福祉機器や道具、展示スペースがあるから、相談に来られた人に対してフィッティングできやすいことなのでしょうか。

Daidokoro_r

下元 それはあると思います。車椅子のことで相談に来たのですけれども、ベットなどの環境設定されているのを見て、「これはどう使うの?」という相談もあります。

 ベットの上での介助に困っているのだけれどもこれを使うと楽にできる。今まで自分では諦めていたことが、展示のしかたで「これも解決できるんだ」と相談に来られた方に気付いていただく。相談に来ていただけないとわからないことです。

 やはり福祉機器の展示のしかたは大事であると思いますね。

西村 さきほど申し上げましたが、福祉交流プラザの展示スペースの部屋の効用がありますね。介護度1の部屋とか。介護度5の部屋とか。子供の部屋とか。モデルルームがあります。風呂やトイレ、台所もありますね。

 常時もモデルルームがあり、福祉用具の展示スペースもあるので、具体的な生活そのものが、イメージしやすい。その効用は大きいと思いますが・・。

Kaigodo1_r 

白石 福祉用具というものはただ並べてあって、見ただけではわかりません。後きちんと説明をしていただくスタッフがいること。それはすごく大切であると思います。今回つくづく思いました。

西村 福祉交流プラザの福祉機器の展示コーナーでは「福祉機器の販売はしていません」との表示をされています。実際にその福祉機器を購入したい。レンタルをしたいと言う場合は、どこのだれに相談すれば良いのでしょうか。
 またその場で値段などはわかるのでしょうか?

白石 うえるぱ高知の相談員や社会福祉協議会もふくし交流プラザに常駐していますので、ご相談をいただいたら、販売の業者を紹介しています。

下元 福祉機器の購入やレンタルをしたい場合には、ご相談の時に業者を紹介するようにしています。福祉交流プラザで協力いただいている業者もいますし。団体もあります。

 またレンタルのほうは金額が一律ではありません。どれくらいの金額が必要ですよ。ということでご紹介をしたり、またレンタルの場合はケアマネージャーが絡んできますので、連絡をこちらからしたりします。

Shiraishisimomoto_r (展示用具の配置で打ち合わせされる白石さんと下元さん)

西村 インターネット福祉機器展のサイトとは連動しているのでしょうか?
 なかなかせわしくて私などふくし交流プラザへ見に行く機会がありません。でも関心は福祉に対してはあります。そのあたり福祉機器の値段などがわかるしくみがあれば良いとは思いますがどうなのでしょうか?

白石 福祉交流プラザのホームページに、展示品を掲載しまして広くお知らせするように考えています。当然その場合はうえるぱ高知の「インターネット福祉機器展」のサイトと連動していきたいと思っています。

Fukushimass1 福島 「インターネット福祉機器展」のホームページも暫く更新できていません。今後は更新して行きたいと思っています。

西村 福祉機器製造メーカーのホームページのリンクを貼っておけば良いと思います。メーカーはビシネスですので更新は常時されていると思いますし。それをクリックすればだいたいのお値段がわかる。
 だいたいの目安があれば助かります。

下元 「インターネット福祉機器展」は私たちの言葉で紹介して、金額もわかるものは紹介をしています。メーカーでサイトを持っているところには、サイトに行くと詳細がわかるので、サイトのリンクは表示しています。
 まだまだ新しい福祉器具の数々をどんどん掲載するには至ってはいません。頑張って県社会福祉協議会のサイトとの連動もしていきたいと思っています。

西村 新しい体制になった福祉交流プラザ。今一度その特色と狙いについてお話ください。また県民はどのように利用されればいいのか事例を上げて説明ください。

白石 1階の福祉機器の展示コーナーにおきましては、明るく楽しい雰囲気のなかで利用される方のご家族や介助される方に対して、「やさしくて安全な福祉用具」をコンセプトに展示しています。

 「来て、見て、触って、試して。」。気軽に相談に来ていただきたいです。また寄せられた相談を迷子にさせずに、きちんと解決するまでエスコートする。

 またわたしども社会福祉協議会はそういった福祉機器や介護の問題だけではなくて、生き甲斐作りや、ボランティア、福祉職場のハローワークの仕事もしています。

 施設の評価や苦情受付の窓口もしています。介護だけではなく相談を気軽に寄せていただいたらと思っています。

Fukuship2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月 3日 (土)

民主化なき発展は危険

 暴徒化した中国人留学生の破壊行動はテロではないのか。のうのうと北京五輪の開会式へ出席するというアメリカ大統領、韓国大統領、福田首相の気が知れない。
 韓国でのチベット問題を考えようと平和的な抗議活動を行っていた韓国市民への中国人留学生の集団暴力は「テロ行為」そのもの。他国でよくもそんなことができたものだ。

 中国人がチベット人を集団リンチin韓国聖火リレー

 韓国聖火リレーで中国人が暴徒化

 you TUBEの画像では「集団リンチ」でありテロではないか。少数意見を絶対に聞かない。力で押さえ込む。暴力を振るう。中国が少数民族に対して行った残虐行為を垣間見せただけのこと。中国では「当たり前」のことであると思います。

 留学生は中国では恵まれた階層の子弟。将来政府の指導者、企業の経営者になる人です。かれらは日本や韓国で「暴れた」愛国的行動を誇り思い、同窓会でもして飲み会でもするのでしょうか。

 「平和の祭典」とは言えない暴力行為ですね。IOC(国際オリンピック協会)はこの画像を見てなんにも思わないのでしょうか?

 少数民族、少数意見を暴力で押さえ込む中国政府は五輪を政治利用しています。五輪も値終わりですね。五輪に協賛している企業は企業価値が限りなく下落することを思い知るべきでしょう。

 中国に卑屈な日本、韓国両政府。全くなさけない限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

民主主義なき経済発展をさせてはいけない

 聖火リレーをめぐる中国人留学生たちの乱暴行為は目に余る。とても国際平和・友好とは言えない。「愛国的行動」」だから許されるという中国政府の態度は許されるものではない。

 北京五輪の「商品価値」はこれで全くなくなりました。興味もありません。もともと毛沢東主義者でしたが、幻滅も幻滅。最低。中華思想は侵略主義で危険です。

 日本も最大の警戒をすべきです。民主化されていない資本主義は大変危険です。やっかいな隣人が現れたものです。

 中国のトップが5月6日に日本へ来るそうです。福田首相が中国に「卑屈な」態度をとることは世界平和のためには許されないことです。国益もそこないます。卑屈な態度をとれば内閣を打倒すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

衆議院を解散ー総選挙せよ!

 ガソリン税も与党が3分の2を占める「異常事態」ゆえ再可決。せっかくの減税だっあのにこれでますます不況になることは確実。完全な政策不況です。

 小泉内閣時代の2005年の8月の「郵政選挙」はおかしな選挙でした。国民の大半は郵便局などどうでもいいから面白い小泉に投票しました。

 そしたら見る間に日本は「格差社会」になり、年金もデタラメ、年寄りいじめの「後期高齢者医療制度」も自民・公明多数で強行採決していたのですね。

 「「3分の2」の議席を与えたものだから小泉の後釜の安倍晋三などは国民生活そっちのけで、アメリカの手先になり軍事行動を世界で展開するために憲法改正までもくろんでいましたし。全くとんでもない話です。

 衆議院を解散し、民意を国民に問うべきです。「あぶく」のような小泉追随者を全員落選させましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »