« 人間の尊厳を手助けするしくみについて 5月16日(金) | トップページ | 石川遼は大成するのか? »

2008年5月12日 (月)

被害者を支援しない軍政政府

 空前のミャンマーのサイクロンの被害。世界各国から緊急の支援物資がミャンマーに届けられていますが、軍政政府が押収。被害者に届けられていないようです。

 軍政が被災者支援の援助物資をすべて「押収」、WFP発表(CNN)

 みすみす数10万の罹災者が飢餓状態におかれています。一部の報道では軍関係者が支援物資を横流ししているということまで言われています。

 こんなときこそ軍は先頭に立って国民のため支援活動をすべきです。でもそれは軍隊の本質ではないようです。この事実をみても軍隊は支配階級の傭兵であり、国民を守るべき存在ではないのですから。

 38年前と33年前に大水害の被害に遭ったことがありました。家は床上浸水し、電気もガスも水道も使えず避難所生活をしたことがあります。そのおり自衛隊の人達が献身的に支援活動をしていただきました。実に頼もしい存在でした。

 外国の軍組織の支援は拒否し、支援物資も押収し配布しない。みすみす多数の罹災者が生存の危機にあっている。国連も手をこまねくことなく、強硬措置に出るべきではないのか。

 聞くところによると鉱物資源の獲得のために中国がミャンマー軍事政権を支援しているということです。影響力が中国があるのなら、こういうときに行使しなければうそではないか。やることはたくさんあると思います。

|

« 人間の尊厳を手助けするしくみについて 5月16日(金) | トップページ | 石川遼は大成するのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/20890225

この記事へのトラックバック一覧です: 被害者を支援しない軍政政府:

« 人間の尊厳を手助けするしくみについて 5月16日(金) | トップページ | 石川遼は大成するのか? »