« 石川遼は大成するのか? | トップページ | もううんざり米国民主党予備選挙 »

2008年5月14日 (水)

世界経済はインフレ気味なのか

Gsnakamura_r_2 (市民の節約もそろそろ限界に)

 原油。エネルギー資源の価格の高騰は、食品や製品の高騰と連鎖し、インフレの心配が世界規模で出来ました。しばらくデフレ経済にもなれていただけにしんどいところです。

 今日契約しているガソリンスタンドの人が集金来ていました。「来月からまたガソリンが上がります。大幅な値上です。」とのこと。普通に生活するのが嫌になってきました。まっことガソリン税を徴収する自民党政府の気が知れません。

 先進国経済は息切れ気味ですが、インドや中国がまだ頑張っているのでなんとか持っています。今心配事項は中国経済がいつまで持つかということ。バブルは必ず破裂しますし。既にその兆候が現れたので、中国の国家主席が日本へ来たのでしょう。

 昔経済学で習ったスタブレーションになるのではないかと心配。物価は上がるが不景気状態。市民の生活は苦しくなりますね。所得は下がるは、物価は上がる。こうなると荒療治が必要になります。

 例えば「徳政令」のようなもの。あるいは地域通貨券のようなもの。不況の中から新しい経済のしくみも生まれると思いますし。

 なんくるないさの精神で行こうと思う。

|

« 石川遼は大成するのか? | トップページ | もううんざり米国民主党予備選挙 »

コメント

この物価上昇、地震被害にどう影響を与えると思います?
って考えている人いるのだろうか・・・
いろんな著書にでている経済被害額・・・物価が上がるということは・・・大変な額になってしまうのでは?と本当に恐怖が募る。

投稿: ちぃ | 2008年5月19日 (月) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/20925703

この記事へのトラックバック一覧です: 世界経済はインフレ気味なのか:

« 石川遼は大成するのか? | トップページ | もううんざり米国民主党予備選挙 »