« 世界経済はインフレ気味なのか | トップページ | 日中の架け橋は公明党なのか? »

2008年5月15日 (木)

もううんざり米国民主党予備選挙

 いい加減に米国民主党は大統領候補を決めるべきでしょう。オバマVSヒラリーの対立は決着がつかず最終版の党大会までもつれ込む様子。これでは共和党に勝てないでしょう。

 選挙権のない日本国民でもうんざりしているということは、アメリカの有権者も同様であると思う。事実オバマ支持者の2割、ヒラリー支持者の3割は、自分支持する候補者が民主党大統領候補者になれない場合は、11月の大統領選挙では共和党に入れれうと明言する始末。

 誹謗中傷合戦をしているあいだに、共和党が毎日優勢になるようです。暑い夏の到来まえに決着をつけていただきたいと、他国のことながら思いますね。

|

« 世界経済はインフレ気味なのか | トップページ | 日中の架け橋は公明党なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/20950379

この記事へのトラックバック一覧です: もううんざり米国民主党予備選挙:

« 世界経済はインフレ気味なのか | トップページ | 日中の架け橋は公明党なのか? »