« 福祉交流プラザを最大活用しよう 5月9日(金) | トップページ | だれのための地上デジタル放送 »

2008年5月 5日 (月)

中国との付き合いは難しい

 謙虚さがなく中華第1主義が国是の国であることを世界中に宣言したようなもの。少数民族や異論は暴力で排除し封じ込める。将来中国の指導者になるであろう日本や韓国へ来ている留学生たちの暴挙を見て思う。

 多少今羽振りが良く、経済成長があると言っても、政治的自由も、言論の自由もない国。将来指導者となるべき人達が、率先して人の話を聞かず、少数派を暴力で封じ込める先頭に立っている。それが愛国行動だそうだ。

 とても身勝手な連中とはつきあいたくはない。謙虚さと相手に対する尊敬の念がないつきあいなどしたくはないから。

 やっかいな国が経済力をつけたものだ。民主化をともなわない経済発展がいかに危険であるかを世界は思いしらされた。

|

« 福祉交流プラザを最大活用しよう 5月9日(金) | トップページ | だれのための地上デジタル放送 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/20761805

この記事へのトラックバック一覧です: 中国との付き合いは難しい:

« 福祉交流プラザを最大活用しよう 5月9日(金) | トップページ | だれのための地上デジタル放送 »