« 凋落のアメリカ帝国 | トップページ | リッター200円での車の使用は »

2008年5月22日 (木)

日本のプロ野球は大丈夫なのか?

 今年は黒田や福留などが大リーグで活躍するようになり、15人の日本人選手がプレーをしています。上原や川上も来年行くようですし、増えることがあっても減ることはないでしょう。

 ダルビッシュ投手なども行きたいようですし。こうなると日本に逸材がいなくなり、2軍のようになるのではないでしょうか。今の運営のありかたを考えないと日本での興業は苦しくなるかもしれません。

 ただパリーグは楽天や、日本ハム、ロッテなどは努力をし新しいファンの獲得に頑張りました。長らく日本野球界の盟主とあぐらを書いていた巨人の凋落もありテレビでも巨人戦は人気コンテンツでなくなりましたし。

 球界関係者は努力をしてほしいですね。サッカーの天皇杯のようにプロもアマも学生もみな参加するクラブチーム選手権などもやればいいのにと思いますね。

  交流戦も定着したようですし。これからどんどん新人が出てくれば面白くなると思います。

|

« 凋落のアメリカ帝国 | トップページ | リッター200円での車の使用は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/21077167

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のプロ野球は大丈夫なのか?:

« 凋落のアメリカ帝国 | トップページ | リッター200円での車の使用は »