« サッカー議論は楽しい | トップページ | やはりインチキ後期高齢者医療制度 »

2008年6月12日 (木)

何が足りない日本サッカー

 先日FIFA(国際サッカー連盟)のランキングが最近発表になりました。日本は38位であり、アジアではオーストラリアが35位であるとか。

 ヨーロッパや南米諸国にはなかなか勝てないし、アフリカ勢にも苦戦するようですし。アジアの壁はようやく超えるようになりましたが、まだまだですね。

 オシム前監督がアドバイサーになったようですね。

 オシム「今度は私が『頑張れ』と言う番だ」 (1/3) イビチャ・オシム氏アドバイザー就任会見 (スポーツナビ)http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/200806040012-spnavi.html

 走り負けしないこと。最後まで走り通すことは基本。それができない選手がまだに日本は多いのでしょう。オーストラリアは身体能力の優れた選手が多いようですし。

 2006年のドイツでのワールドカップのオーストラリアとの試合も後半日本はバテバテでしたし。相手は元気そのものでしたし。その差がでましたね。

 オシム氏が病に倒れ、また生還してきました。また復帰し日本のサッカーのために助言をいただけるとはありがたい限りです。アジアの予選を勝ち抜き本大会の準備をする場合はオシム氏の経験や人脈が必ず役に立つでしょう。
Oshimumm

|

« サッカー議論は楽しい | トップページ | やはりインチキ後期高齢者医療制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/21564085

この記事へのトラックバック一覧です: 何が足りない日本サッカー:

« サッカー議論は楽しい | トップページ | やはりインチキ後期高齢者医療制度 »