« たばこと酒の自販機を撤去せよ | トップページ | 埋めがたい欧州とアジアの差 »

2008年6月26日 (木)

高知経済の浮揚は「外資」の獲得で

 高知の強みである「農林水産物」と「自然」と「もてなしの心」を輸出して県民みんなで「外貨」を稼ぎましょう。

 9月の「けんちゃんの今すぐ実行まちづくり」のゲストである福井照さん。たくさんのアイデアの持ち主。アイデアがどんどん出てきますね。

やはり国政の人や官僚出身の人たちは「グローバル」な観点で、物事を見ることができます。ただその視点をローカルな有権者も獲得しないと意味がないと思いますね。

 表題にあるように「高知経済の浮揚は「外資」の獲得で」しかありえないことは皆が理解しているとは思います。ただそのことを「なにをどうやって」やればいいのか。それがわからないから皆苦労しています。

 もともとの構想である高知県物産公社(仮称)をそろそろ形にして実現しないといけないと思う。出資金も集める必要もあると思いますね。
Gokokuyama1

|

« たばこと酒の自販機を撤去せよ | トップページ | 埋めがたい欧州とアジアの差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/21884609

この記事へのトラックバック一覧です: 高知経済の浮揚は「外資」の獲得で:

« たばこと酒の自販機を撤去せよ | トップページ | 埋めがたい欧州とアジアの差 »