« 欧州サッカーとアジアとの差は大きい | トップページ | 市民の声とやる気が何故届かないのか »

2008年6月20日 (金)

タクシー接待公務員 名前を全員公表せよ

 公務員が恵まれているとは言うが、「接待タクシー問題」など市民レベルでは全く考えられない話。それだけ公務員は政治家の国会答弁のお陰で深夜残業しなければいけないことは確かでしょうがおかしな話。

 【主張】居酒屋タクシー 公務員に常識はないのか(産経ニュース)

   関東地方整備局やればできた? 問題発覚後タクシー帰宅激減(産経新聞)

 政府は「けしからん」と言うだけ。また公務員倫理規定をもちだして軽微な処分で事態の集結を図ろうと言う意図が露骨であると思いますね。犯罪であると言う意識が稀薄ではないのか。

 タクシーチケットは税金。そのキックバックを受けていたと言うのであれば業務上横領罪ではないのか。タクシー運転手の営業努力は認めるが、便乗するほうもするほうだ。

 この記者は「細かいことに対し、目くじらを立てるつもりはない。要は公務員としての自覚の問題だ。」と書いていますが自覚で事態がよくなればこんなことにはならないはず。

 政府が環境問題をことさらいうのであれば、まず公務員の残業を減らすように仕事の内容を変えるべき。政治家の答弁の下請けもやめるべきでしょう。

|

« 欧州サッカーとアジアとの差は大きい | トップページ | 市民の声とやる気が何故届かないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/21741739

この記事へのトラックバック一覧です: タクシー接待公務員 名前を全員公表せよ:

« 欧州サッカーとアジアとの差は大きい | トップページ | 市民の声とやる気が何故届かないのか »