« 毒物入りギョーザ事件は解決するのか? | トップページ | ゴーヤは元気そのもの »

2008年8月19日 (火)

石油は下がるのか上がるのか?

 グルジア情勢が緊迫したり、ナイジェリアの油田が爆破されたという情報。アメリカが大不況で石油の消費量ががくんと落ちたと言う話。衆議院の解散・総選挙問題と同じく、どうなることやらさっぱりわからない。

 国内油田がなく100%輸入していた日本経済の打撃は大きい。石油に代わる代替エネルギーと資源を開発すべきでしょう。先日ブログでとりあげた「非食用バイオ燃料・アブラギリについて」などはどうなのだろうか?

 太陽光エネルギーや、燃料電池の開発などに力を注ぐべきでしょう。この十年国を挙げて本気でやらないと日本は沈没するでしょう。国家100年の計であると思います。

|

« 毒物入りギョーザ事件は解決するのか? | トップページ | ゴーヤは元気そのもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/23064901

この記事へのトラックバック一覧です: 石油は下がるのか上がるのか?:

» グルジア:全欧安保協力機構が停戦監視員を増員 [あーちゃんの海外ニュースブログ]
全欧安保協力機構OSCEが停戦監視員を増員をウィーンの会議で決定したそうです。グルジア紛争が非武装停戦監視員を増やしたぐらいで平和合意がなされるとは思わないけど・・意味あるのかな・・こういう戦争に第3者が首を突っ込んでいいことってない気がする。もう、放って置くしかないんじゃないかな。気が済めばお互い止めるんだから、そうしないと気持ちが落ち着かないと思うんだな。でも、やっぱり戦争が起こっている事... [続きを読む]

受信: 2008年8月21日 (木) 01時06分

« 毒物入りギョーザ事件は解決するのか? | トップページ | ゴーヤは元気そのもの »