« 氷河期の日本サッカー | トップページ | 解散は先延ばしできるのでしょうか? »

2008年8月12日 (火)

日本サッカー協会は責任を取れ

 アメリカ戦の惨敗。ナイジェリアにも歯が立たずU-23日本代表はあえなく一次予選で敗退。「メダル」なんてとんでもない。世界レベルのプレーではありません。

 体力、気力、技術、知力。全部落第。これではワールドカップ出場も危うくなりました。下の世代からの押し上げのないフル代表は弱いと思いますね。

 これもサッカー協会の責任。弱い代表の試合など見たくもない。スポンサーもこのままではつきませんね。

 こうなると「走れ、走れ」のオシム監督の指導は正しかった。サッカー協会の会長はオシム氏。代表監督はストイコ・ビッチ氏にやっていただくべきでしょう。そう真底思いました。

|

« 氷河期の日本サッカー | トップページ | 解散は先延ばしできるのでしょうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/22917567

この記事へのトラックバック一覧です: 日本サッカー協会は責任を取れ:

« 氷河期の日本サッカー | トップページ | 解散は先延ばしできるのでしょうか? »